ピクシブ百科事典

はやてのつばさ

はやてのつばさ

はやてのつばさとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第6世代
効果ひこうタイプの技の優先度が+1になる(第6世代)
HPが満タンの時にひこうタイプの技の優先度が+1になる(第7世代~)
英語名Gale Wings


概要

第6世代初登場の特性。
現時点ではヤヤコマ系統専用の隠れ特性である。
そして、第6世代においてファイアローが環境制圧を成し遂げた原因でもある。

……というのも、バトルディレクターの森本氏も調整に手間取ったと語る程、この特性は危険な代物なのである。
効果は上の項目を読んでの通り。そしてひこうタイプの技で有名なのはやはり威力120のブレイブバード
これが先制で飛んでくるのだからひこう弱点や紙耐久のポケモンはたまった物ではない。
仮に半減だったとしても現在ひこう技を無効にする手段が存在しないため、タスキ潰しの先制技の代用になるのも強み。そしてひこう技の攻撃範囲が全方向に指定されているトリプルバトルでは相手3体のうち1体を問答無用で先制攻撃できるという凶悪な仕様。
ひこう技ならば何でも特性が乗る為、「おいかぜ」や「はねやすめ」等のサポートもやりやすくなり、これを活かした補助型も十分強力。

こんな性能の特性が弱いわけがなく、その強烈さは前作のトップクラスポケモンであるウルガモスローブシンキノガッサを軒並み衰退させ、議論の結果強力なポケモンであることが明らかになったブリガロンメガヘラクロスの正当評価が遅れてしまったほど。
キノガッサは勢いを取り戻したものの持ち物にきあいのタスキを、技構成にがんせきふうじを入れる事を強要される程の影響を受けた。
結果ファイアローは第6世代全般を通じて常に環境トップに居座り続けることとなった。同時にくさかくとうむしタイプはもれなく冬の時代に突入してしまった。

流石にここまで環境を支配してしまった特性が何も調整されないわけがなく、第7世代では特性が発動するのはHPが満タンの時のみという弱体化を受けた。
「はねやすめ」と組み合わせられなくなったことで耐久型はほぼ消滅、更には先制技自体へのマークも厳しくなり一気に使いづらくなった。
それでもヒコウZによりZワザファイナルダイブクラッシュ」へと昇華させた「ブレイブバード」を使い、先制して一体を確実に無反動で倒すという戦法が生まれたりと、まだまだ侮れない(ただしその場合「こだわりハチマキ」等を捨てることになる)。

関連リンク

特性
いたずらごころ……変化技を先制で出せる特性。

pixivに投稿された作品 pixivで「はやてのつばさ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32668

コメント