ピクシブ百科事典

そらをとぶ

そらをとぶ

空を飛行している状態。この表記の場合は、任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場する「わざ」を指す。
目次[非表示]

表記違い→空を飛ぶ

データ

初登場第1世代
タイプひこう
分類物理
威力70(~第3世代)→90(第4世代~)
命中率95
PP15
直接攻撃
効果1ターン目で空高く飛び上がり、2ターン目で攻撃する
英語名Fly


概要

 初代から存在する技。
 1ターン目で飛行し、2ターン目で攻撃する。
 かつてはひでんマシン02の座に居座り続けていたが、第7世代ではひでんマシン廃止の影響でわざマシン76に。
 第8世代でもひでん技は廃止されたままであり、恐らく今後ひでん技に戻ることはないだろう。

 言葉通り、習得可能なポケモンは大半がひこうタイプ。…なのだが、図鑑で「飛べない」と明記されている故にネイティアーケンは習得できない。にも関わらず同じく明記されているドードーバルチャイ普通に習得できる。いい加減すぎるぞポケモン図鑑。
 ちなみに初代はミュウを除いて鳥型のアイコンのポケモン専用であり、『RGB』ではリザードンカイリューですら習得できなかった。そのデカい翼は飾りか(もっとも、それは進化過程でひこうタイプを得たバタフリーや、体躯が少々アンバランスとはいえ、大きな翼をもつゴルバットにもいえることかもしれないが)。

 故に空を飛べる扱いになってしまった為、ドードリオは第4世代までの3Dポケモンゲームで足を交互にバタつかせながら飛ぶと言う妙ちきりんなモーションが与えられる羽目になってしまった。空気を蹴れば浮けるとか言う理論なのだろうか…。

 なお、どういうわけかゴルーグも習得できる
 デザイナー曰く、「設定に『空も飛べる』と書いたら採用されてしまった」(要約)との事。
 いやまあ別の意味で飛べそうな見た目ではあるが。
 ちなみに、アニメで描写された飛行方法は

ゴルーグのそらをとぶ!


両手と両脚を格納し、手首と腰からジェット噴射するというものだった。

 なお、ひこうタイプや特性ふゆうでなくても、翼のある大型ポケモンは習得できる傾向にある。
(アナザーギラティナレシラムジジーロンルナアーラなど)

 たきのぼりと並んで、ひでん技時代に自力習得者がいた変わった技でもある。
 ボーマンダレックウザが該当する。まあ、ボーマンダは空を飛ぶ為に進化したような物だし。

 後述するが、対戦においてはとにかく使い勝手が悪かった技(第6世代までは特に)である。
ストーリーでは威力90で比較的安定したひこう技として使えるが2ターンかかるという点が難点。2ターンかける割に命中率95%であり、相手の行動次第では当たりづらくなるのも面倒臭い(対戦とは違ってすなかけえんまくを撃ってくる敵もまあまあいるし)。
ブレイブバードドリルくちばしを習得できるポケモンであればそちらの方が優先されるだろう。反動のデメリットや威力の足りなさはどうぐでいくらでも補えるのだし。

そんなわけで第6世代まではひでん技としての使用価値ばかりが注目されていた。
マップ上で使用可能になれば、一度行ったことのある町などに瞬時に移動できるようになるため、移動の幅が非常に広くなる。
XY』まではポケモンセンターのある場所にしか飛べなかったが、『ORAS』では、道路や水道にも飛べるようになった(但し着地地点は場所ごとに固定)。道路の場合は看板のある場所、洞窟や施設の場合はその入口前に着地するのでわざわざポケモンセンターから歩く手間が省けた。
 またおおぞらをとぶという要素が追加されている。詳しくはリンク参照。

 ちなみにアローラ地方でひでん技として存在しないのはシステムの都合……ではなく、ライドギアに登録されているポケモン以外でのこの技による移動は法律で禁じられているから。

 を除いて、あなをほると共に覚えられるポケモンはそうそういない。リザードンフライゴンランドロスぐらいのもの。
 フライゴンやランドロスは、かみなりを無視して空を飛ぶ稀有な存在である。実用性はともかく。

対戦において

 先述の通り対戦ではあまり使われてこなかった。
 道具、とくにZクリスタルパワフルハーブなしでの採用が考えられる候補は、特性の一つ「しゅうかく」とシナジーがあるトロピウス。道具や手持ちの縛りありきだが、他に印象的なそらをとぶの使い方をしたのはレパルダスだろうか。こちらについてはリンク先を参照。
 あなをほるダイビングと同じく相手の技をスカしたりできる個性はあるが、所詮2ターンかけて威力90でしかなく、ブレイブバードや同じ溜め技のゴッドバードと比べるとどうしても見劣りしてしまう(ただしゴットバードはこの技と違って無防備なので一応差別化は可能)。

 第3世代まではもっと酷く、何と威力70とドリルくちばし以下。しかも2ターンかけて。しかし初代ではつばさでうつが酷すぎる性能だった為、ピジョットプテラはこれに頼らざるを得なかった。
 「初代ではひこう技全体がろくな性能でなかったため、2ターンかけて威力70のそらをとぶすら実戦で投入されるレベルだった」というわけである。

 溜め技共通の欠点として相手の交代・積み技を許してしまうのもいただけない。しかも初代は凶悪無比の積み技かげぶんしんの存在もあり、空なんて飛ぼうものならば泥沼の戦いを許すのは目に見えていた。
 まず習得できるひこうタイプが軒並みふぶきで軽く落ちてしまうし。
 第2世代以降も優秀な積み技が増えたり半減に出来るポケモンが増えたりしているので、未だ報われていないのが事実である。
 受けに出てこられるポケモンや積み技持ちが倒れた終盤であれば思う存分使えるが、何も情報がない前半に安易にそらをとぶのはリスクが大きいのだ。
 なにより2ターン内に与えるダメージならばつばめがえしつばさでうつを2発撃った方が強いというのもある。

 第2世代からはさらに「空中にいる間はかみなりスカイアッパーぼうふうは命中し、たつまきかぜおこしに至っては威力2倍で受ける」と言う特効効果まで追加されてしまったため、もはや戦闘での使い勝手はお察しである。ただしたつまきとかぜおこしは2倍になっても威力が80なのでそこまで脅威とは言えない。

 第7世代ではZワザの登場により、高火力の飛行技として扱う方法が生まれた。といっても、この方法をまともに活かしているのは碌な物理飛行技を覚えないカイリューランドロス位。まぁ、ほぼカイリューに限定的だが。とびはねるしか物理飛行技のないギャラドスと似たような事情である。この類の事情をもつポケモンは多いので、勿論ボルトロスフライゴン等が奇襲目的で習得させるのも大いにアリ。
 ひこう技を切ってると高を括って出てきた連中にひこうZでひこう物理の役割を遂行してやろう。

 しかし例外もあり、安定威力・安定命中・範囲の広さは魅力ではあり、対戦環境でボーマンダ等の物理アタッカーが第7世代以前に採用していたこともある
 ボーマンダの場合げきりんとは違い操作不能にならず、通りの良い等倍火力で大ダメージを与え、交代して半減で受けてくるポケモンにはじしんを撃つというちゃんと理に適った採用理由であった。つばめがえし採用なら4倍弱点をついても一撃では倒せず返しの攻撃で倒されてしまうが、そらをとぶなら4倍弱点を突けば一撃で倒せる相手が環境にいたのもある。
 上記の様に今まで進化して空を飛べるのにという使い勝手が悪いからと対戦用にそらをとぶを覚えさせてもらえなかったボーマンダの採用技についにそらをとぶが加わったのはどこか感慨深いものがある。
 他にも殆どの技を受け付けないという点でどくどくおにびを仕掛けて時間稼ぎをする戦法やソーラービーム等を使ってきた時にかわして逆にこちらがダメージを与えるという事もできる。

 第8世代では相手のダイマックスのターンを消費させる技として、あなをほるダイビングと共に一気に注目を集める。
 逆にこちらのダイマックスではデメリットを無視できることも追い風。
 特にひこうタイプであるこの技の場合ダイマックス技として使うとすばやさが一段階上昇するため、速度が中途半端であるポケモンにとっては更に朗報。

他メディアでのそらをとぶ

 アニメ版では空戦可能なポケモンは普通に空中戦を仕掛けるためか、技としての「そらをとぶ」が使われた事はない。
 一方、ロケット団の退場シーンを比喩としてこう言われることがある。

 スマブラではリザードンの上必殺ワザとして実装されている。体をきりもみさせながら上方向へ上昇する。連続ヒットするため、真上にいる相手への追い打ちにも使える。ただ、上昇の度合いはそこまで高くはないので過信は禁物である。
 また、『DX』以降モンスターボール等から出現するファイヤーが使う。ただ真上へ飛んでいくだけだが、触れた敵はかなり強く吹っ飛ばされる。
 ミュウセレビィジラーチも使うが、こちらは特定のアイテムを残して飛び去るだけで、攻撃力は無い。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵 わざマシン一覧 ひこうタイプ 
フリーフォール とびはねる おおぞらをとぶ

関連記事

親記事

あなをほる あなをほる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「そらをとぶ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1220903

コメント