ピクシブ百科事典

ギラティナ

ぎらてぃな

ギラティナとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.487
ぶんるいはんこつポケモン
タイプゴースト / ドラゴン


アナザーフォルムオリジンフォルム
たかさ4.5m6.9m
おもさ750.0kg650.0kg
とくせいプレッシャー / テレパシー(隠れ特性)ふゆう

他言語版の名称

英語 Giratina
イタリア語Giratina
スペイン語Giratina
フランス語Giratina
ドイツ語 Giratina


概要

時間の神ディアルガ・空間の神パルキアが誕生した時に一緒に生まれたとされる、ドラゴンゾンビを連想させる外見が特徴のポケモン。

しかし相当な暴れ者であったため、創造主によりこの世界の裏側「破れた世界」に追放されたと言われており、シンオウの伝承にもその存在は殆ど残っていない。
現在は反省したのか鏡面から静かに現実世界を見守っているとされ、時折古代の墓場に姿を現すこともある模様。

ディアルガが時間、パルキアが空間を司っているのに対し、ギラティナはなんらかの原因で世界に歪みが生じた時、元に戻す役割を担っていると言われる(ちなみにHGSSのイベントでは「反物質」を司ると語られた。簡単に言えば、世界のあらゆるものの『逆』を司るといった感じ)


Song of the spirit
オリジンフォルム


現実世界では影の様なボロボロの羽にムカデじみた六本脚という独特の姿「アナザーフォルム」をしているが、反転世界では脚が突起になった東洋竜のような本来の姿「オリジンフォルム」に変化する。
重力などの環境が異なるそれぞれの世界に適応する為に二つの姿を持つようになったらしく、「はっきんだま」という専用アイテムを持たせると、現実世界でもオリジンフォルムに変身することができる。
また、よくその容姿からムカデと言われることが多いが、登場当時ムカデのポケモンが存在しなかったことも原因の1つと思われる。
本格的に登場するのは次作のこいつの系統である。

名前の由来は恐らく『ギルティ(<guilty>:英語で有罪)+プラティナ(<Platinum>:白金)』。
一部の設定は日本神話のツクヨミをモデルにしていると思われる。
敗れた世界に関する昔話と容姿、ポケモン図鑑の記述からギリシャ神話の原初の蛇『オピーオン』ないしは冥界の神『ハデス』もモチーフに入っていると思われる。

すごく可愛いポケモン


不気味で不協和音ながらかっこいい戦闘曲、独特の容姿、自己犠牲的な設定、映画での活躍などから人気の高いポケモン。
主人公と見つめあってみたり、シェイミを優しくくわえて助けたりとてもかわいい。

ゲームにおける特徴

HABCDS
アナザーフォルム15010012010012090
オリジンフォルム15012010012010090


オリジン・アナザーの両方とも、禁止級としては珍しいもので、耐久型・綺麗な両刀型である。

HPが高く、属性もゴースト・ドラゴンなのでとても打たれ強い。
専用わざの「シャドーダイブ」は発動に2ターンかかるが、まもる」・「みきり」を強制解除してダメージを与えるという強力なわざ。
ギラティナが使用可能なルールはそれらの技が多用されるダブルバトルであるため、「どちらに来るか分かりにくい上に迂闊に守れない」という場面を作りだせる。

これと「だいばくはつ」を覚えたメタグロスを組み合わせ、通称「ギラグロス」で4世代GSルールで一躍名を馳せた。
ギラティナが「シャドーダイブ」で「まもる」を解除し、メタグロスの「だいばくはつ」を確実に当てるという戦法を取ることができるため相性がいい。
この他物理技では「ドラゴンクロー」「げきりん」「かげうち」「じしん」「ストーンエッジ」と強力なものが揃う。
だが、当時専ら活躍していたのはアナザーフォルムで、オリジンフォルムはあまり出番がなかった。
というのもオリジンフォルムは道具が「はっきんだま」固定になるため、道具が自由なアナザーフォルムよりも扱いが難しいため。
とはいえアナザーから攻撃力と防御力を入れ替えた種族値で、アイテムの補正(1.2倍)もあるため火力は伝説の名に恥じない高さになっている。

物理技ばかり取り上げたが特殊技も「りゅうせいぐん」「りゅうのはどう」「シャドーボール」をはじめ一通りのものを覚えられる。
変化技は「めいそう」「おにび」「じゅうりょく」「おいかぜ(ただしオリジンの姿でしか覚えられない)」などが揃い、持久戦もサポートもお手の物である。ただし何故かトリックルーム」は覚えられないので注意!
なお、「はどうだん」を覚えるのに「きあいだま」を覚えず、「ストーンエッジ」を覚えるのに「いわなだれ」を覚えない珍しいポケモンでもある。

ゴーストタイプであるため先制技に強く、更に自身の一致技が半減されにくいとあって、現在の伝説解禁ルールでも技さえ通れば強い。技さえ通れば。
耐久が高いとは書いたが弱点は5つもある(禁止伝説中最多)。昔はさほどでもなかったが現在では強力なフェアリータイプやゴーストタイプが増えており、昔ほど自由に動けないのが現状だったりする。

『プラチナ』ではストーリーで専用曲「戦闘!ギラティナ」を引き下げての強制遭遇。レベルは47。
しかしDP時代は任意遭遇だったので捕獲率係数が低いまま。……マスターボールを使えと?
(ちなみに戦闘曲はDP版・Pt版共にBW2のサントラに収録されている)

HGSSではまさかのLv.1で入手することができる。先頭に置いて連れて歩くととてもかわいい。

ORASでは、ディアルガ・パルキアを手持ちに加え、「おおぞらをとぶ」でムロタウン近辺に現れている「大きな裂け目」に行き、「はい」を選ぶとバトルになる。レベルは50。
万一倒しても地上に降りて、もう一度飛べば復活する。
USUMでも同様ディアルガ・パルキアを手持ちに加えてウルトラワープライドを行うとギラティナがいる世界に行きつくことがある。レベルは60。

隠れ特性「テレパシー」はディアルガ・パルキア同様入手が難しく、『ポケモンARサーチャー』にて同ゲームクリア後に『プラチナ』のソフトを3DSに挿し込んだ状態でプレイすると出現する個体をゲットして『ポケモンBW2』に転送するか、下記『光輪の超魔人フーパ』の映画前売り券で手に入れるかしかない。

ポケダンにおけるギラティナ

『探検隊』では同期のディアルガ・パルキアと異なりシナリオに一切関わらせてもらえず、隠しダンジョンの奥底にひっそりと構えるだけの寂しい扱いになってしまった。
それでも味方にしたときの実力は本物で、チート技と名高い部屋技あやしいかぜを擁するほか、強力な溜め技「シャドーダイブ」はここでも健在。ただディアルガやパルキアと異なりかしこさは汎用。
なお、オリジンフォルムは『空の探検隊』でのみ実装され、しかも一部ダンジョンに入った時にのみ変化する。
』ではシナリオ中に登場……すると思いきや実は偽物で、本体はこの子達だったりする。
何気に初めての大型ポケモンとのボス戦なので苦戦必至。とはいえ「あやしいかぜ」はないのでそこは安心か。

ポケモンGOにおけるギラティナ

2018年10月24日ハロウィンイベントと同時にアナザーフォルムがレベル5のレイドボスとして実装。
翌年4月3日からオリジンフォルムが同じくレベル5のレイドボスとして実装予定である。

アナザーフォルム

ボスとして登場した時のCPは34987と前回ボスのミュウツーよりも2回り程低く、自慢の体力はレイドボスシステムの関係で死んでいる上、弱点もフェアリー・こおり・あくとそれなりに多い。このため、レベル5のレイドボスの中では攻略はしやすいだろう。

そして肝心の味方にした際の性能に関してだが……

まずポケモンGOでの仕様として、原作でのこうげき・とくこうの高さが攻撃に、ぼうぎょ・とくぼうの高さが防御に回されるのだが、CPの優先度は「攻撃>防御・HP」であるため、アナザーフォルムの最大CPは伝説の中でも低めになってしまっている。それでも3000台後半であるため十分高い方ではあるが。
次に耐久が高いポケモンの用途として考えられるジム防衛だが、伝説のポケモンであるため不可能となってしまっている。
技にも恵まれておらず、通常技はシャドークローりゅうのいぶきと問題ないのだがゲージ技はドラゴンクローかげうちげんしのちからとどういうわけか3ゲージの威力の低い技ばかりとなっている。

……といった具合に、ミュウツーの後に登場したボスとして鳴り物入りで出たにも関わらず散々な性能であったことから、当初はまるで見向きもされず、落胆の声があちこちで上がった。

ところが2ヶ月後、事態は急変する
トレーナーバトル実装で低CP高耐久ポケモンに高い需要が生まれ、中でもギラティナはハイパーリーグ(最大CP2500)の大エースとして見出されたのだ。
伝説由来の耐久力に高水準の攻撃力というだけで強いが、技も軽減されにくいゴースト・ドラゴンとあって様々な相手に対応しやすい。
先ほど3ゲージの威力の低い技ばかりで恵まれていないと書いたが、シールドの削り合いとなるトレーナーバトルでは話は別で、チャージが少ない技を連発すれば相手にシールド展開を要求しやすくなり、早く守りを崩せるのだ。
また、2018年2月「げんしのちから」に原作同様能力上昇の追加効果まで付与され、ささやかながら更なる強化を施された(もっとも、効果が発動するのは原作同様わずか10%と低めなのであまりあてにはならないが)。
とはいえ、フェアリーにめっぽう弱い点は変わっておらず、他にもこおり・あくにも弱いため、これらの技を使用してくるポケモンには注意が必要。特に、みずタイプはかなり多くのポケモンが「ふぶき」や「れいとうビーム」等のこおり技を習得しているため要警戒である。

いずれにせよ、思いがけない形で活躍の機会に恵まれることになったのはギラティナにとっては喜ばしいことに違いない。
能力を制限された姿であっても、優秀な働きぶりを見せてくれるあたりは、やはりさすがは伝説のポケモンといったところだろう。

オリジンフォルム

そして、2019年4月3日には遂に満を持してオリジンフォルムが実装された

ボスとして登場した時のCPは41776。アナザーフォルムと比べると多少高いが、伝説ポケモンの中ではまずまずといった程度なので、頑張れば6~7人程度の少人数編成でも撃破は可能である。

原典同様、アナザーフォルムと大幅にステータスが変わっており、攻撃寄りのステータスになっている。アナザーフォルムよりも幾分下がってはいるが、耐久性もそこそこなので、全体的にバランスの取れた種族値配分となっている。

覚える技も変更が加えられており、アナザーフォルムと共通の技は通常技の「シャドークロー」のみで、それ以外は通常技が「ドラゴンテール」、ゲージ技(チャージ技)が「りゅうのはどう」「あやしいかぜ」「シャドーボール」となっている。
技構成を見た場合、やはり「シャドークロー」と「シャドーボール」のタイプ一致技のコンボを揃えることができるのが最大の魅力。同じ組み合わせが可能なゴーストタイプのポケモンは勿論他にもいるが、ギラティナはゴーストタイプの中でもトップクラスの耐久力の持ち主なので、継戦能力が高く、総合的な戦闘力ではギラティナに軍配が上がるだろう。全体的に耐久性が低めで少々クセの強い性能の多いゴーストタイプの中では、現状唯一、すべての能力が高水準でバランス良く纏まっており、非常に扱いやすいポケモンとなっている。
なお、「ドラゴンテール」+「りゅうのはどう」のドラゴン技の組み合わせも可能だが、「げきりん」を覚えられる他のドラゴンタイプのポケモンと比べると火力を出しにくい(そもそもギラティナはドラゴンタイプの中ではそこまで攻撃力の高い部類ではない)ので、こちらは一般的にはあまり推奨されていない。素直にゴーストタイプのアタッカーとして運用するのが良いだろう。

なお、ジムやレイドでは大活躍が見込めるオリジンフォルムだが、トレーナーバトルでは「あやしいかぜ」以外のチャージ技がすべてフルゲージ技になってしまっていることや、耐久性が下がっていること等もあり、アナザーフォルムほどのトチ狂った強さは発揮できていない。
このため、現在プレイヤーの間では「トレーナーバトル用のアナザーフォルム」、「レイド・ジム攻略用のオリジンフォルム」といった使い分けがなされることが多い。
実装前は、オリジンフォルムの登場でアナザーフォルムの存在意義が食われてしまうのではないかと危惧する声も一部であったものの、ステータスや習得する技の調整により、それぞれの強みを活かしながら上手く差別化することに成功したと言えるだろう。

スマブラにおけるギラティナ

スマブラ3DS/WiiU』『スマブラSP』ではアイテムのモンスターボール、マスターボールからアナザーフォルムで登場。相手を巻き込むように連続ヒットする「りゅうのいぶき」で画面外へと相手を運ぼうとする。

映画におけるギラティナ

ダイアモンド&パール三部作『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』『アルセウス 超克の時空へ』に登場。
ギラティナと氷空の花束 シェイミ』では物語の鍵を担い、『アルセウス 超克の時空へ』ではサトシとの友情から、暴れるアルセウスを食い止めることに協力した。

サトシを頭に乗せてみたりサトシと見つめあってみたりとてもかわいい。小さなポケモンたちにも優しい。ちなみに、配給が東宝なためにゴジラ怪獣の声が使用できるので、ギラティナの場合はモスラのものを流用している(虫つながり?)

2015年の『光輪の超魔神フーパ』にも登場。上記のギラティナと同一個体かは不明。暴走した超フーパに操られた状態でリングから召喚され、サトシたちと対峙した。

関連イラスト

即興詰め合わせ
やぶれたせかいで



関連タグ

ポケモン一覧 DPt ゴーストタイプ ドラゴンタイプ
シンオウ三龍 パルキア ディアルガ アルセウス

外見が似ている
ペンドラー サンヨウベニボタル ゾグ第2形態

関連記事

親記事

シンオウ三龍 しんおうさんりゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギラティナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6716465

コメント