ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギンガ団の幹部の一人。ハンサム同様プラチナで追加されたキャラクター。
老科学者で、ギンガ団の制服の上から白衣を羽織っている。

天才科学者を自称していてギンガ団の研究に深くかかわっているが、ギンガ団に入ったのは自身の金儲けの為であり、ギンガ団が新しい世界を支配すれば利益が回ってくるだろうという考えを持っている。
ギンガ団が目指す新しい世界そのものへの興味も、アカギに対する忠誠心も一切なく、他の幹部とは折り合いが悪い。

また新入りであるためか、幹部の中では最もしたっぱの扱いの様子。
トレーナーではないので、ポケモンは所持しておらず、バトルをすることもない。

ロトムフォルムチェンジを研究していたことが、サブイベントによって確認することができる。

ゲーム版のプルート

マーズともにたにまのはつでんしょを占拠していた。
これ以降、トバリシティのアジトに潜入するまで出番はない。
アジトの奥の研究室でサターンに勝ったあとに話しかけると「別の作戦」を考えておこうか、と含みを持たせた発言をする。

殿堂入り
ハードマウンテンにて再登場。
ギンガ団のしたっぱ二名と「かざんのおきいし」を狙って奥へと進んで行く。
火山の噴火を操ることで金儲けを企み、そのために伝説のポケモンヒードランを目覚めさせようとかざんのおきいしを奪ったが、先回りしていたハンサムと相棒のグレッグルの不意打ちにあい、計画はあっさり頓挫した。
元々プルートに本気でついて行く気がなかったしたっぱにも逃げられ、ポケモントレーナーではない彼はなすすべを失い、国際警察に連行されていった。

アニメ版のプルート

CV:緒方賢一
第111話に初登場。
ギンガ団の目指す新世界には興味がなく、「美味しい思いをするためにギンガ団に入った」と語っている。また、ボスであるアカギのことも最初から信用していなかったらしく、アカギから切り捨てられた時も動じることはなかった。
事件の解決後、他の幹部は警察に逮捕されたが、彼のみ姿が見当たらず、その後の消息は不明。

余談

森の洋館には「あんなえたいのしれ…にモ…をもっていかれるとは…」という殴り書きがあるが、それを穴埋めすると、「あんな得体のしれないやつらにモーターをもっていかれるとは……」となるという説がある。
モーターをアナグラムするとロトムとなる為、ここでいうモーターは後述のノートからロトムを指すものではないかと言われている。

尚、この得体の知れないやつらの正体はギンガ団のプルートではないかという説がある。プルートはロトムの研究をギンガハクタイビルで行なっており、その部屋の中には「たんじゅん なんだけど ロトムは しばかりきの モーターから その すがたを あらわしたからね モーターと ロトム なんだか わかるでしょ」という洋館の殴り書きとの関係を示唆するノートがある。またそれらのノートを書いた人物こそギンガ団ボスアカギではないかと言われている。この説が正しければプルートはある意味全ての元凶と言える。

また、シルフカンパニーにも同様のロトムをフォルムチェンジさせる部屋があり、ロトムの部屋が初登場したギンガハクタイビルにシルフカンパニー製のアップグレードがある事から、ギンガ団に所属する前はシルフカンパニーに身を置いていたのではないか、また、ポリゴンZの誕生に一枚噛んでいるではないか?という考察も。(ポリゴンZとの関係に関する考察はポリゴンZを参照されたし。)

以前シルフカンパニーは悪の組織に占拠された事がある他、自社が作ったポリゴンを占拠していた悪の組織が運営するゲームセンターの景品にされた事があるなど悪の組織との因縁は深い。

関連タグ

ポケモン ギンガ団

関連記事

親記事

ギンガ団 ぎんがだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プルート(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6555

コメント