ピクシブ百科事典

ロトム

ろとむ

ロトムとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑No.479
英語名Rotom
分類プラズマポケモン
高さ0.3m
重さ0.3kg
特性ふゆう


フォルムごとのタイプ

DPtHGSS第5世代以降
ノーマルでんき / ゴーストでんき / ゴースト
ヒートでんき / ゴーストでんき / ほのお
ウォッシュでんき / ゴーストでんき / みず
フロストでんき / ゴーストでんき / こおり
スピンでんき / ゴーストでんき / ひこう
カットでんき / ゴーストでんき / くさ


概要

第4世代の『ダイヤモンド・パール』で初登場した、色んな意味で特殊なポケモン。
小さな丸い身体にとんがった頭頂部を持ち、エクトプラズムを思わせる薄緑と白のオーラ状のもので体中が覆われ、両側からは手の様な形で雷マークが飛び出している。移動する際には、青い軌跡を描くのが特徴。

分類の通り100%プラズマで構成された身体を持ち、電線の中を移動したり、あらゆる電子機器の中に潜り込んで操作する事が出来るというとんでもない能力を持っている。
頭の軽いイタズラ者が多い種族であり、特に家電品に入り込んで故障や暴走等のトラブルを起こす悪さを好んでいる。第8世代の図鑑によればお気に入りの服を燃やしてみたりせっかく湧いたお風呂を凍らせたり育てた花壇の草を刈り取ったりまとめた書類を吹き飛ばしたり部屋を水浸しにしてみたりと中々シャレにならないイタズラをしでかす事もあるらしい。
2019年9月には公式サイトすら標的とし、情報の開示を数日間遅らせるという相当変わった演出が成された。

電化製品のある、廃屋や粗大ゴミ置き場などに住み着いている事が多い。
まぶたが無いらしく、瞬きもしないし眠らせても目を閉じない……と、思われていたが「サン・ムーン」にて普通に目を閉じたり目つきを変えたりできる事が判明。しかしゲーム内で戦わせられるロトムの目は依然として変化しない。

テレビからこんばんは


色違いの個体は赤っぽい体色。通常個体ではフォルムに依ってプラズマの色が違うが、色違い個体は一様にオレンジ色である。

ゲーム上の特徴

フォルムHP攻撃防御特攻特防素早さ合計
通常形態505077957791440
その他形態506510710510786520
上昇値015301030-580

特攻と素早さがやや高めな所以外は、全体的に低めのステータスである。
でんきタイプでは珍しくじめんタイプを無効化できる。タイプの組み合わせから、飛行技と格闘技をメインにするルチャブルムクホークを安定して受けられる数少ないポケモン。
しかしHPはかなり低いので、特攻か素早さに振る努力値の分を回して耐久を高めたい。

補助技に長けており「トリック」「あやしいひかり」「みがわり」「でんじは」「おにび」などが有力候補。
攻撃技は「10まんボルト」「シャドーボール」「シグナルビーム」辺りが有力。

当初は極めて特殊な場所と方法しか入手できなかった為、その時の戦闘BGMもあって勘違いするユーザーもいるが、ロトムは伝説のポケモンではない。
事実タマゴグループは未発見ではなく不定形であり、タマゴでロトムを増やすこともできる性別不明なのでメタモンが必要だが。

第5世代ではとある場所でメタモンと交換して入手できる他、『X・Y』では「あれはてホテル」で毎週火曜日にゴミ箱を漁ると野生が出現する。『剣盾』では逆鱗の湖の向こう側に豪雨の日に姿を現す(非固定シンボル)。要は複数匹同時出現もありえるということで、板野サーカスばりの高速移動でわらわら迫ってくることもある。

ポケモン不思議のダンジョンではフワンテフワライドと共に強力なポケモンと言われている。
その理由はレベルアップが早く、さらに早い段階で強力なタイプ一致技が使えること、通過移動が出来ること、攻撃範囲の広いタイプ一致技(あやしいかぜほうでん)を自力で覚える点が挙げられる。また、ポケダンではタイプ相性の無効が大幅減に軽減されているが、特性による無効化はそのままなので、うまく立ち回れば相手がじめんタイプであろうが無双できる

フォルムチェンジ

プラチナ』以降は特定の家電製品と融合し、自らの身体とした5種類+αのフォルムチェンジをすることが可能になった。総じて通称FCロトム。

アニポケでは潜り込む家電製品に準じてサイズもそれなりに大きくなっているが、ゲームでは0.3mのまま変わっていないので家電製品としてはかなり小さい。XY以降戦闘に繰り出した時にその小ささにびっくりした人も多いのでは?
なお、どんな電化製品に潜り込んでもフォルムチェンジできるわけではなく、自動販売機テレビ、実験用の機械等では変化しない事が判明している。

ちなみに第8世代に登場する「ロトムのカタログ」によれば、通常の形態は電球がモチーフらしい。

バトル用

ロトムは俺の嫁


フォルムに応じた技を1つ覚えるが、戻したり別のフォルムに変えたりすると忘れてしまう。
能力も攻撃面と防御面が上昇するが、HPは変わらず、素早さは若干下がってしまう。ちなみに能力は全フォルム共通で、特性も変わっていない。

『プラチナ』では2008年9月28日~2008年11月4日および2009年1月16日~2009年3月2日の期間限定で、Wi-Fiコネクションなどで配信された「ひみつのカギ」を使い、ギンガ団ハクタイビルのひみつのへやを開ける必要があった。
HGSS』ではシルフカンパニーの部屋で自由にフォルムチェンジ出来るようになったが、ユニオンルームやバトルフロンティアに入ったりするとフォルムが戻ってしまうため実用性が薄かった。

ブラック・ホワイト』ではR9の家電置き場の段ボールを調べるとフォルムチェンジ出来る。更に、フォルムチェンジで第2タイプが変わる仕様となり、ランダムマッチなどでも使用が解禁された。

X・Y』ではプラターヌ博士の研究所に連れて行けばフォルムチェンジ可能なほか、前述した野生のロトムがごくまれにフォルムチェンジした状態で出現する
ORAS』『SM』では野生のロトムは出現しないが、同様に博士の研究所でフォルムチェンジが可能。
剣盾』ではフォルムチェンジ専用のアイテム「ロトムのカタログ」が登場。またフォルムチェンジ形態もごくまれにだがマックスレイドバトルに出現する。

対戦では断トツで弱点の少ないウォッシュロトムが人気。次いでヒートロトムやカットロトムがよく使われる。

ヒートロトム


オーブン電子レンジと融合し、高熱を放出できるようになった形態。
体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分はミトン状になっている。
でんき/ほのおタイプとなりオーバーヒートが使える。この技の関係上撃ち逃げスタイルで戦うことが多い。

ふゆうで4倍弱点のじめんを無効にする事が出来、弱点はみずといわのみ、耐性も無効含めて9つとかなり多い。やけどの状態にならないため「かえんだま」+「トリック」との相性も良い。
第7世代ではウォッシュロトムが勢いを落とした影響により、対戦で最もよく使われているフォルムとなった。剣盾ではウォッシュロトムに抜かれたものの、ほぼ横並びの使用率を誇る。
でんきの癖にみずに弱いので取扱いには十分注意。

害悪洗濯機


洗濯機と融合し、水流を放出できるようになった形態。
体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分は洗濯バサミ状になっている。
でんき/みずタイプとなりハイドロポンプが使える。こおり技は覚えないので欲しいなら「めざめるパワー」を粘ろう。

浮遊のおかげで弱点がくさのみな上、体重が軽いので「くさむすび」では対策にならない。
じめん無効、はがね1/4など耐性も優秀で、FCロトムの中では長らく最も高い使用率を誇っていた。第7世代では環境の変化によりでんき技に耐性を持っていないのが地味に痛く、ヒートロトムに使用率1位の座を譲っている。剣盾では使用率1位を奪還した。
唯一最大の弱点はみず技が命中率不安定の「ハイドロポンプ」のみな所。外れても泣かない。
BW2では強化後のアクロマが使用する。

先客が居ました


冷蔵庫と融合し、冷気を放出できるようになった形態。
体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分は結晶状になっている。
でんき/こおりタイプとなりふぶきが使える。ほどんどのでんきタイプが必要とする「めざめるパワー氷」を狙わなくてよいのが強み。

しかし命中安定の「れいとうビーム」と違って命中に不安が残り、タイプ上半減が他の形態より少ないのが難点。
ユキノオーと一緒に「あられ」の中に紛れている姿を時々見かける。

スピントロムさん


扇風機と融合し、突風を放出できるようになった形態。
体を覆うオーラや目の色は黄色になり、腕を思わせる部分はつむじ風状になっている。
でんき/ひこうタイプとなりエアスラッシュが使える。フォルムチェンジしたロトムが使える技の中では際立って威力が低く、第5世代でイメージにもピッタリな「ぼうふう」が登場しても差し替えられることはなかった。

タイプそのものはでんき/ひこうと優秀だが、ひこうタイプ自体じめん技が効かない為、特性の「ふゆう」が実質死に特性と化している。
このようにネタ感がやや強めと見なされる形態だったが、剣盾でドリュウズが流行すると、他の形態のロトムでは「ふゆう」を打ち消されてじめん技を受けてしまうところをこいつだけタイプの関係で無効のままにすることができ、更に「エアスラッシュ」をダイマックス技にすることで必中高威力かつすばやさ1段階上昇技にすることができ、評価が急上昇した。
それでも今後実装されるであろう強力なライバルが壁。便利な補助技を活かそう。

カットロトムさん


芝刈り機と融合し、葉っぱの刃を放出できるようになった形態。
体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分はバリカン状になっている。
でんき/くさタイプとなりリーフストームが使える。

でんきが効きにくいみずタイプ(特にウォッシュロトム)に「リーフストーム」が刺さるのが最大の強み。
とはいえ弱点は他の形態より多く、でんきの癖にひこうが半減できない、ほのおこおりが抜群になってしまうなど守りの弱さが目立つ。
ただし前出のドリュウズの流行により「ふゆう」が消されてもこいつは1倍でじめん技を受けることができるため、決してくさタイプがマイナスに働いているとは言い切れない。

サポート用

第7世代『サン・ムーン』からは、ロトムとの融合を想定した特殊なデバイスが各地の研究機関で開発されるようになった。それらに入り込んだロトムは人間の言葉を話せる様になり、トレーナーを様々な面でサポートしてくれる。

第8世代『ソード・シールド』ではよりバリエーションが増え、ロトムの中でも素直な性格の個体たちがデジタル的分野で働くようになっている。
一応「ロトム」の新フォルムであり、人の言葉でポケモンとしての自覚を伝えてくれるものの、いずれもバトルでは使えず、タイプも特に設定されていない。設定上はロトムでありながら、ゲーム上の立ち位置はアイテムやマップ上の装置に留まっている。

ロトム図鑑


ロトム専用に開発されたポケモン図鑑と融合し、人間とコミュニケーションを取れるようになった形態。『サン・ムーン』で新しく追加された姿で、アニメ版での正式名称は「ポケデックスフォルム」。
目の色は通常のロトムと変わらず、体もオーラで覆われていない。中に入ったロトムが人間の言葉で様々なナビゲーションを行ってくれる。

スマホロトムとか


『ソード・シールド』で追加された、スマートフォンと融合したロトム。
図鑑などを兼ねている為、事実上上記の発展系であり、より小型化・多機能化が進み洗練されているように感じられる。

  • ロトミ
『ソード・シールド』から登場。ガラル地方のポケモンセンターのパソコンと一体化しているロトム。正式名はロトムインフォメーション(ROTOM iでロトミだと思われる)。
ボックスやIDくじ、新機能「ポケジョブ」などを管轄している。
白いボディとまつげがロトムにしては珍しいが、海外版サイトでの書き方から察するにスマホ等と違いメス(性別不明なのに?)である模様。

  • ドローンロトム
『ソード・シールド』から登場。ガラル地方のポケモンジムで試合の中継をしているロトム。
2019年10月4から5日にかけてルミナスメイズの森の様子を中継した「ポケモンライブカメラ」にはロトムを仕込んだカメラが使われていたが、それがこのドローンロトムと同一なのかは不明。
アニポケ新無印でも18話より登場する。

  • ロトム自転車
『ソード・シールド』から登場。ガラル地方で使う自転車はモーター部分にロトムが入っており、一定距離走行すると電力がチャージされてBボタンでダッシュが可能。

その他

後述のノートには、ロトムがロボットの玩具に入り込んだ様子が記されている。
またナナカマド博士によれば、昔ロボットの玩具に入り込んだままのポケモンを新ポケモンとして認めるかどうかが議論になったことがあり、それがロトムだったのではないかと言われているらしい。

アニポケではポケモンセンターそのものと一体化してしまったことがある。

ふるいノート

プラチナでのフォルムチェンジの部屋にはかつてロトムと交友があった少年のものと思わしいノートが存在し、そのノートには少年が芝刈り機から飛び出してきたロトムと出会い、友達になってゆく過程が綴られている。また、「ロトム」という名前の名付け親はこの少年であるという事がわかる。

「たんじゅん なんだけど ロトムは しばかりきの モーターから その すがたを あらわしたからね モーターと ロトム なんだか わかるでしょ」とのこと。

モーター:Motor
ロトム:Rotom

また、第8世代のポケモン図鑑では、「ある 少年の 発明から ロトムを 活かした いろいろな 機械が 作られ始めた」とある。現在ロトムがさまざまな電化製品にフォルムチェンジを行えるのは、この少年の発明品がきっかけだったのだと考えられる。

そしてこの「ある少年」とは、過去作での描写的に若き日の"某人物"である可能性が非常に高い。詳細はこちらの記事も参照。

アニポケ

デコロラアドベンチャー」にてオーキド博士がゲット。声は古島清孝が担当。
XYのミニコーナーではラストでひどい目に遭うオーキド博士を見てロトロト笑うのがお約束となっている。

サン&ムーン」では知的好奇心の旺盛な個体が「ロトム図鑑」となって、アローラでのスク-ルライフを始めたサトシをナビゲートする事に。声は浪川大輔が担当。
詳細は該当項目を参照。

関連イラスト

ウキ
No.479


電光掲示板
ロトムとアクロマさん



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 
でんきタイプ ゴーストタイプ フォルムチェンジ 
アカギ アクロマ 
グレムリン:おそらく元ネタ。女神転生シリーズのデザインと外見が非常に似ている。

電子レンジ 洗濯機 冷蔵庫 扇風機 芝刈り機
ポケモン図鑑 スマートフォン パソコン

関連記事

親記事

でんきタイプ でんきたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロトム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3438010

コメント