ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウォッシュロトム

うぉっしゅろとむ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター(モンスター)であるロトムの変異体(フォルムチェンジした姿)。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0479
ぶんるいプラズマポケモン
タイプでんき / ゴーストみず(第五世代~)
たかさ0.3m
おもさ0.3kg
とくせいふゆう

概要

第四世代のプラチナで追加されたロトムフォルムチェンジした姿(FCロトム)の一つ。

ロトムを手持ちに入れたままマップ上のどこかにある洗濯機を調べることでフォルムチェンジする。

姿はオレンジ色のドラム式洗濯機を摸した姿に変化、体を覆うオーラは青になり、腕を思わせる部分は洗濯バサミ状になっている。また身体から伸びた排水ホース状の尻尾を抱えている。

XYでは攻撃時やポケパルレで喜んだ時にくるくる横に回るアニメーションが見られ、特に後者はなかなかかわいらしい。


ウォッシュロトムとはあくまで分類上の名称で種族名はロトムのままである。

そのためユーザーからは「水ロトム」「ミトム」「洗濯機」などと呼ばれている。

ゲームにおける特徴

フォルムチェンジすることで「ハイドロポンプ」が使えるようになったが、「ハイドロポンプ」以外の水タイプの技は覚えない(フォルムを戻したり変えたりすると忘れてしまう)。


ステータスは、防御面と特攻が大きく伸びるが、HPはそのままで素早さは若干下がる。ちなみに、他のFCロトムも同じ種族値である。


第四世代では、特定の場所でしかフォルムチェンジできなかったため対戦での需要はなかったが、第五世代ではランダムマッチなどでも使用可能となった。


また、第四世代まではノーマルロトムと同じタイプだったが、第五世代からはタイプでんき/みずに変わる。ちなみに、同タイプにはランターンがいる(厳密にはあちらはみず/でんき)が、特性によって無効化できるタイプが異なる(ランターンはでんきだが、こちらはじめん)。


対戦ではとても安定した形態であり、FCロトムの中でも特に人気を博してきたフォルムである。

優秀なタイプの組み合わせと浮遊のおかげで弱点がくさのみな上、体重が軽いので「くさむすび」では対策にならない事。FC前のゴーストを引き継いでるおかげで補助技が豊富な事。優秀な耐性に加え、一撃ではなかなか落ちない高い耐久面から操出性能が非常に高く、メジャー所に強い点が挙げられる。


その都度の環境次第で様々な戦法のウォッシュロトムがおり、アタッカー型も耐久型もこなせる。苦手な相手にも「おにび」や「でんじは」の撒き逃げ、「リフレクター」や「ひかりのかべ」を貼っての場作り、こだわり系の「トリック」による行動制限、高い特攻からの「ボルトチェンジ」で逃げることが出来るなど、ただでは転ばない厄介な性能を持っている。


難点となると、こおり技は覚えないので欲しいなら「めざめるパワー」を粘る必要がある事だが、第6世代で威力が弱体化してしまった上に第8世代で没収されてしまったのは痛い。それに関連してくさタイプやみず/じめん複合(特に「ミラーコート」を持つトリトドン、「パワーウィップ」を持つガマゲロゲ)の相手は分が悪い事、上記の通り、みず技が「ハイドロポンプ」のみなのでみず技での役割遂行には常に技外しの危険が付きまとう事が挙げられる。


対戦で初めて使用可能となった5世代の時点でかなりの人気を誇っており、第6世代では主要技の威力弱体化や新技「フリーズドライ」の登場などの逆風を受けつつも尚メガガルーラガブリアスと並んでトップメタ級の要注意ポケモンの一匹に数えられる。


第7世代

しかし、第7世代では最大の仮想敵だったファイアローが姿を消し、メガガルーラマリルリも数を減らしたために物理受け型の需要そのものが低下。またZワザか登場し気軽に超火力が放たれるようになったが、数値自体はそこまで優れた耐久力を持っているわけではないロトムには耐えられない事も多く、役割破壊を食らう機会が増えている。そのため若干数を減らし、ロトムの中での使用率1位はヒートロトムに譲る事になった。


第8世代

剣盾では使用率1位を奪還。ヒートロトムと共に環境の最上位に位置することとなった。

また、「わるだくみ」を獲得したことで、長年の課題であった火力の問題が解決した。

この世代ではドラパルト対策の「あくのはどう」型が激増。

ダイマックスの実装によりサイクル戦はしづらくなったが、ダイマックスわざ化すれば主力技の命中不安を解消できるため、ダイマックスはウォッシュロトムにとって一長一短である。


第9世代

SVではテラスタルが登場。テラスタイプでんき状態となることで、実質弱点なしのポケモンに変わることができる。この時点でキョジオーンヘイラッシャの「じわれ」をスカすことができる。さらに「とつげきチョッキ」を持つことでサーフゴーに対しても役割を持つことが可能。


この世代では「ハイドロポンプ」「ボルトチェンジ」「トリック」が概ね確定枠で、自由枠に「おにび」「でんじは」が入る。ヘイラッシャへの打点となり「ねむる」を使うタイミングを狂わせることができる「ほうでん」、こうげき高ステータス物理アタッカー対策の「イカサマ」、サイクル戦補助の「でんじは」も偶に見られる。

持ち物はシリーズ1ではこだわり系が主流であったが、それ以降は「オボンのみ」がメインアイテムに追加され、シーズン7以降は「ゴツゴツメット」の採用も目立つように。

テラスタイプはとにかくドラゴンに強いはがね、フェアリーがメインで、次いで「ふゆう」と好相性のでんきが多い。シーズン8ではガチグマの「からげんき」やカイリューの「しんそく」への対策としてゴーストテラスタルを採用した型も増えている。

シリーズ3になると四災が追加されたが、ディンルーに弱いという点が大きくのしかかるように。ただし「トリック」でディンルーにこだわり系の道具を押し付ける場合は有利・不利を逆転できる。



その他

BW2では強化後のアクロマが使用する。ロトムがプラズマポケモン」なのは何かの偶然だろうか。


使用トレーナー

ゲーム版


番外作品

ポケモンGO

2020年7月25~26日にかけて開催された「GO FEST 2020」で実装された(ロトム系統の中では初)。

野生の個体は存在せず、ドーブルと同様、GOスナップショットでポケモンを写した時に写真に写りこむとフィールド上に出現し、そのまま捕獲できる。電化製品に入り込むという性質をうまくゲーム内に落とし込んだと言えるだろう。


関連イラスト

涼しくなーれ!ウォッシュロトムさん

ドロポンロトムウォッシュロトム


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン DPt BDSP

ポケモン一覧 でんきタイプ みずタイプ

フォルムチェンジ 家電


0478.ユキメノコ0479.ロトム/ヒートロトム/ウォッシュロトム/フロストロトム/スピンロトム/カットロトム→0480.ユクシー


同複合タイプ

チョンチー/ランターン

関連記事

親記事

ロトム ろとむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 302180

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました