ピクシブ百科事典

ウォッシュロトム

うぉっしゅろとむ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター(モンスター)であるロトムの変異体(フォルムチェンジした姿)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.479
英語名Rotom
ぶんるいプラズマポケモン
タイプでんき / ゴースト(第四世代)→でんき / みず(第五世代~)
たかさ0.3m
おもさ0.3kg
とくせいふゆう

概要

第四世代のプラチナで追加されたロトムフォルムチェンジした姿(FCロトム)の一つ。
ロトムを手持ちに入れたままマップ上のどこかにある洗濯機を調べることでフォルムチェンジする。
姿はオレンジ色のドラム式洗濯機を摸した姿に変化、体を覆うオーラは青になり、腕を思わせる部分は洗濯バサミ状になっている。また身体から伸びた排水ホース状の尻尾を抱えている。
XYでは攻撃時やポケパルレで喜んだ時にくるくる横に回るアニメーションが見られ、特に後者はなかなかかわいらしい。

ウォッシュロトムとはあくまで分類上の名称で種族名はロトムのままである。
そのためユーザーからは「水ロトム」「ミトム」「洗濯機」などと呼ばれている。

ゲームにおける特徴

フォルムチェンジすることで「ハイドロポンプ」が使えるようになったが、「ハイドロポンプ」以外の水タイプの技は覚えない(フォルムを戻したり変えたりすると忘れてしまう)。

ステータスは、防御面と特攻が大きく伸びるが、HPはそのままで素早さは若干下がる。ちなみに、他のFCロトムも同じ種族値である。

第四世代では、特定の場所でしかフォルムチェンジできなかったため対戦での需要はなかったが、第五世代ではランダムマッチなどでも使用可能となった。

また、第四世代まではノーマルロトムと同じタイプだったが、第五世代からはタイプでんき/みずに変わる。ちなみに、同タイプにはランターンがいる(簡潔にはあちらはみず/でんき)が、特性によって無効化できるタイプが異なる(ランターンは電気だが、こちらは地面)。

対戦ではとても安定した形態であり、使用率はFCロトムの中では最も高い。
優秀なタイプの組み合わせと浮遊のおかげで弱点が草のみな上、体重が軽いので「くさむすび」では対策にならない事。FC前のゴーストを引き継いでるおかげで補助技が豊富な事。優秀な耐性に加え、一撃ではなかなか落ちない高い耐久面から操出性能が非常に高く、メジャー所に強い点が挙げられる。

その都度の環境次第で様々な戦法のウォッシュロトムがおり、アタッカー型も耐久型もこなせる。苦手な相手にも「おにび」や「でんじは」の撒き逃げ、「リフレクター」や「ひかりのかべ」を貼っての場作り、こだわり系の「トリック」による行動制限、高い特攻からの「ボルトチェンジ」で逃げることが出来るなど、ただでは転ばない厄介な性能を持っている。

対戦で初めて使用可能となった五世代の時点でかなりの人気を誇っており、第六世代では主要技の威力弱体化や新技「フリーズドライ」の登場などの逆風を受けつつも尚メガガルーラガブリアスと並んでトップメタ級の要注意ポケモンの一匹に数えられる。

難点となると、氷技は覚えないので欲しいなら「めざめるパワー」を粘る必要がある事(第六世代で威力が弱体化してしまっている)と、それに関連して草タイプにはキッチリ受けられてしまう事、上記の通り、水技が「ハイドロポンプ」のみなので水技での役割遂行には常に技外しの危険が付きまとう事が挙げられる。

それでもなお使用率が高いのは、このポケモンの性能の高さを示している。

また、BW2では強化後のアクロマが使用する。ロトムがプラズマポケモン」なのは何かの偶然だろうか。

関連イラスト

涼しくなーれ!
ウォッシュロトムさん


関連タグ

家電 フォルムチェンジ
ロトム ヒートロトム フロストロトム スピンロトム カットロトム

関連記事

親記事

ロトム ろとむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォッシュロトム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121358

コメント