ピクシブ百科事典

トリトドン

とりとどん

トリトドンとは、「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.423
英語名Gastrodon
ぶんるいウミウシポケモン
タイプみず / じめん
たかさ0.9m
おもさ29.9kg
とくせいねんちゃく / よびみず / すなのちから(隠れ特性)


進化

pixiv年賀状


カラナクシトリトドン(Lv.30)

概要

分類の通り、ウミウシがモデルのポケモンで、"ぽわぐちょ"という愛称が浸透する程に特徴的な鳴き声を持つ。
進化して目玉も3つに増えた…ように見えるが、カラナクシと違い瞬き等の動作を全くしない。表情の変化もなければ眠り状態になっても目を閉じることがなく、目玉なのか模様なのかが微妙な所。

進化前のカラナクシ同様、テンガン山西側に生息するものと側に生息するもので体のが異なり、西側はピンクと茶色、東側は青と緑色をしている。
どうやら棲む場所の水質や水温、食べるもの等の影響で色や形が変化するらしい。

センシティブな作品


まだ見ぬ色のトリトドンを見つけるために研究チームが世界のを調査しており、生まれた海とは違う場所で育てるとどうなるかという実験も行われている。

骨のないグニャグニャの身体は衝撃に強く、一部がちぎれてもすぐ元通りになる高い再生力を持っている。
加えて外敵に襲われると、身を守るために紫色のを体から出して逃げる。この汁は毒ではないが、肉を苦くして食われなくなる作用があるらしい。加えて這った後にはネバネバの粘液が残るらしく、ポケモンレンジャーバトナージでは触れるとダメージを受ける。

波の穏やかな浅瀬や磯辺に多く生息し、砂ごと飲み込む形で目に見えないプランクトンを主な餌としているが、海からあがって餌を探すこともある模様。

野生の個体が生息するシンオウアローラ両地方共に、陸地の草むらで出現するのはこの為と思われるが、図鑑説明によると、よく陸地に上がってくる正確な理由は不明らしく、乾燥に弱いゆえ陸に上がれる時間も僅か。
しかし、曇天や雨天においてはその心配も薄れる為、より活発に陸上を動き回るのだという。

基本的にのほほんとした癒し系のイメージを受けるが、『LEGENDSアルセウス』の図鑑説明によると、色の異なる個体は仲が悪いらしく、(生息域が明確に違う為まず起こらないが)出会えば戦いが起こるとも。

おおむかしのトリトドン ※個人の妄想です。


また、現実のウミウシ同様、大昔は丈夫な殻で体を守っていたらしく、生物学的にはシェルダーパルシェンの親戚となる模様。今でもその時の名残が背中に残っている。

名前の由来はギリシャ神話の海神『トリトン』と固い甲羅を持つとされる、古代哺乳類の一種『グリプトドン』と思われる。単純にトリトン+ポセイドンかもしれないが。
また三つ目となっているため、3を意味する『tri』の意味合いもあると思われる。

ゲーム内での特徴

二つの姿は基本的に親の姿をキッチリ引き継ぐ遺伝性。テンガン山を跨いで卵を孵化したり進化させても、別の方に姿が変わるというわけではない。
ポケパルレでは、触角を触られるのはあまり好きではないようだ。

ダイヤモンド・パールではチャンピオンのシロナの手持ちだったが、プラチナではトゲキッスにその席を奪われた。
エースのガブリアス及びミロカロスと、タイプ被りを起こしていたのが二匹もいたためと思われる。ぽわぐちょは犠牲になったのだ……

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1118368928239


進化することで新たにじめんタイプが付与された。これにより弱点は4倍のくさタイプのみとなった。

鈍足二刀寄りの控えめな種族値であり、種族値配分はあまり良いとは言えないが、それでも低くはない耐久値、耐性が優秀なみず・じめんタイプ、これでもかというほど至れり尽くせりな技構成により対戦でも輝く事が出来る。通称ぽわぐちょ要塞。

また、みず技を引き寄せられる特性「よびみず」が5世代以降みず無効&特攻1段階UPの効果が付いた事で強化され、ダブルバトルでは要注意メジャーポケの一角にまで躍進した。
無論シングルでも同効果が発動するため、シングルにおいて死に特性でなくなったのも大きい。

特性の効果の性質上、基本的に攻撃技は特殊技を扱うのが一般的。基本技の「ねっとう」「れいとうビーム」、命中は不安定だが複数攻撃&命中ダウン効果で疑似的に耐久力を上げられる「だくりゅう」、一致最高火力の「ハイドロポンプ」、「だいちのちから」はかつては教え技なので世代変更後だと使えなかったが、第8世代でレコードに追加されたので楽に使えるようになった。
場合に応じて物理技の「ストーンエッジ」や「じしん」も候補に入る場合がある。比較的シングル向けだが、苦手なくさタイプを反射技「カウンター」「ミラーコート」や一撃技の「じわれ」で強引に突破したりもできる。

更に補助技も充実し、「ドわすれ」「のろい」「たくわえる」の積み技3種で物理特殊両方を受けることができ、さらに「じこさいせい」も加えれば非常に高い耐久力となる。また、「あくび」で交換を誘うこともできるため前述の「じわれ」と合わせて苦手なタイプともある程度戦える。

みず無効のよびみずのおかげで、ルンパッパを採用しない雨パに強く、耐性の関係でヒードランにも有利が取れる。また、すばやさ種族値39という遅い素早さからある程度は「トリックルーム」に対しての耐性も持っている。無論じめんタイプなのでくさ技を持たないでんきタイプほのおタイプにも滅法強い。
このようにメジャーどころに刺さりやすいスペックを持ち、特に第5世代以降使用者が急増している。

外伝作品での活躍

ポケダン

初登場となる『探検隊』シリーズでは原作に先駆けて「よびみず」にみず技無効がついており(能力上昇はしない)、いるだけでみず技が制限されるという非常に厄介な敵。勿論味方につけても強い。

そして『超』はというと……仲間にできるのは原則各ポケモン1匹だけなのだが、原作で姿違いであるせいで東西合わせて2匹、カラナクシから進化させれば4匹も手に入る。
こんなにいても正直……と思いきや、自力で覚える「あまごい」、マシンや教え技で覚える「なみのり」「ふぶき」「だいちのちから」などを合わせて雨パを構成できる。
自ら「あまごい」を使い、味方が「なみのり」を使って自分は「よびみず」で無効化しながらとくこうを上げ、そこから「だいちのちから」などをぶつけることで部屋全体を掃討することができる。
何が優秀って最低でも2匹手に入るのでシャッターが閉まって冒険に出られなくなる確率が低いこと。
その気になればトリトドンだけを4匹揃えるパーティを作ることすら可能。全員で一斉にだくりゅうを使えばそれはそれは楽しいことになる。
成長速度も速いため非常に便利なポケモンになっている。無論くさ技には最大限の注意を払うこと。

冒険団では新婚のトリトドン夫妻として登場。
東の海が、前作のネイティオに変わって、箱の鑑定士の夫のトリちゃん、西の海が、カクレオン(弟)に変わって、技マシンやふしぎだま等を販売している妻のトリぴょん。
ストーリーの途中で、ある事情により夫婦喧嘩をしたことがある。
箱の鑑定をお願いするとき、妻からの応援により箱を開けて鑑定する(喧嘩中も同様)。
超では、東の海のトリトドンが「奥さんがいる」と発言していたことにより、同一人物ではないかと思われる。また、進化前のカラナクシと共に現れるため、もしかすると…。

アニメ

DP編ではガブリアス以外の手持ちで唯一シロナに使用された(登場当時既にプラチナは発売済みのためわざわざトリトドンが抜擢されたことになる)。
他、主人公二人のライバル筆頭であるノゾミシンジも双方手持ちにしていた。
ちなみにシロナとノゾミは西の、シンジは東の個体。

ポケモンGO

2019年3月31日に誤実装という形で進化前共々追加されてしまったポケモン。
その後5月18日に正式実装と相成った。

カラナクシの項にもあるが、グリニッジ基準の経度において「西経」にあたる地域に西の海(ピンク)が、「東経」にあたる地域に東の海(青)が出現する。
だが3月31日のときや5月18日の早朝にはどちらも入り交ざって出現しており、昼頃から急にこの仕様にされてしまったことから対応の遅さや杜撰ぶりに批判が集まっている。
いつか両方とも手軽に入手できる日が来て欲しいものだが。

性能はというと、能力だけ見ればラグラージの下位に甘んじているが、技で差別化が可能。
特に5月18日に同時に実装された「だいちのちから」1/2ゲージ威力100と非常に使い勝手がよく、トレーナーバトルでは能力低下の追加効果もつく。実質「じしん」の上位互換にあたる。
反面通常技が発生の遅い「どろかけ」に技タイプがランダムで決まる「めざめるパワー」なのがもどかしい。

主な使用トレーナー


余談

カラナクシ族はラプラスと外見が似ていると度々評されているが、あくまでもラプラスは首長竜がモデル、カラナクシ族はウミウシ族と全く異なる生物がモデルになっている為、どことなく容姿が似ているだけと思われていた。

薄明の翼』ではラプラスの甲羅が「対数螺旋構造」になっていることが明かされており、ラプラスの甲羅と思われるものは殻である可能性が示唆されている。
この構造は軟体動物の殻に見られるものであり(キョダイマックス個体の殻も何故かサザエ型)、その軟体動物をモデルとしたカラナクシ族とラプラスが全くの他種族というわけでもない可能性が浮上してきた。
案外祖先は一緒なのかもしれない。

関連イラスト

4月23日は、ぽわぐちょの日
( ´ ▽ ` )💭(トリト丼…)


トリトドンきねんび
mastodon?toritodon?gastrodon?



関連タグ

ポケモン図鑑 ポケモン一覧 DPt みずタイプ じめんタイプ
カラナクシ ウミウシ アメフラシ 
ぽわぐちょ ぽわーおぐちょぐちょ ぽわーおぐちょぐちょぐちょ 

同タイプ仲間
ヌオーラグラージナマズンガマゲロゲ

関連記事

親記事

カラナクシ からなくし

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トリトドン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トリトドン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2287246

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました