ピクシブ百科事典

ほのおタイプ

ほのおたいぷ

ほのおタイプ(Fire Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンのタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

やけどしちゃうよ!
かえんほうしゃ


ほのおタイプのカテゴリーに分類される特徴としては、火山などをモチーフにしたポケモンが多い。
全体的傾向として、外見の色は橙色黄色といった暖色系統のものが多い。
体の一部が燃え盛った意匠のポケモンも多く、そのデザインにもよるが人気は高い。
また、ゲームの初めに貰える3匹(ポケモン御三家)の内、必ずその一つにほのおタイプのポケモンが入れられている。また、第3世代から第5世代のほのおタイプの御三家は進化するとかくとうタイプが追加されている。

ただ、シリーズごとに追加されるほのおタイプは、御三家の残り2タイプでもあるみずタイプくさタイプほどは増えてない。

ほのおタイプだぜ!!


燃え盛る炎のイメージ通り、攻撃的なタイプ
弱点を突けるタイプは4つで、全タイプ2位タイ。
種族値は「こうげき」「とくこう」の両方が高い所謂両刀配分のポケモンが多い。
攻撃技も、ぶつり・とくしゅ共に全タイプ屈指の強さを誇る。「かえんほうしゃ」、「だいもんじ」、「フレアドライブ」がいずれもわざマシンで覚えさせることができる事と、更には威力と命中が両立している為全タイプの中でも火力はトップクラス。
多くのわざに相手を「やけど」状態にする効果が付いているが、それ以外の状態異常にするものは少ない。

防御面は弱点3つに抵抗6つと悪くない。実は耐性の数だけで言えばはがねタイプに次ぐTOP2。しかし、はがねタイプとは半減属性が大体かぶり、弱点タイプがメジャーでかつ高威力技に富んでいるので耐性面は必ずしも目立たない。ほのおとはがねの半減被りの多さはヒードランの1/4にできるタイプの多さがそれを物語っている。
種族値の面でも耐久型配分のポケモンはいないわけではないが、弱点を突かれ1~2発でやられてしまうことが多い、まさに炎の如く短命なタイプである。

対戦でははがねタイプの弱点を突けることから、他タイプのサブウエポンとしての需要が高い。
特にドラゴンタイプの場合、「だいもんじ」や「ねっぷう」を覚えるか否かは強さを決める重要なバロメーターとなる。

ほのおタイプが強化される天候「ひざしがつよい」「ひざしがとてもつよい」があり、技「にほんばれ」や特性「ひでり」「おわりのだいち」で発動する。
この天候下では、ほのおタイプの技の威力が1.5倍、みずタイプの技の威力が0.5倍になり、攻防ともにほのおタイプに非常に有利になる。
だが、この天候を活かせる特性を持つポケモンはほのおタイプに殆どいない為、天候を活かす場合は主にくさタイプと組み合わせることが多い(「晴れパーティ」、略して「晴れパ」と呼ばれる)。
だが、この2タイプであってもドラゴンタイプには両方とも半減される為注意が必要である。
漢字では「炎」と表記される事が多い。

各世代におけるほのおタイプ

第1世代

大不遇時代であった。
まずほのお技が「とくしゅ」攻撃であるにもかかわらず、ステータスが「こうげき」寄りに設定されていることが多い点、弱点であるはずのこおりタイプの5種類のうち3種類(ジュゴンパルシェンラプラス)がみずタイプの複合であった点、この時代はこおりタイプの技に耐性がなかった点、当時のほのお技では強力な部類だったかえんほうしゃ」を覚えられるポケモンが極端に少なかった点、また覚えてもほとんどがレベル50以上まで育てる必要があった点(当時はトレーナー再戦や「しあわせタマゴ」がなく、「がくしゅうそうち」の仕様も異なるため、かなりの労力を要した)、「かえんほうしゃ」を使えないポケモンは、一つのロムで一個しか入手できない「だいもんじ」に依存しないとろくに戦えない点……など、その不遇ぶりは枚挙にいとまがない。

伝説のポケモンであるファイヤーも何かの手違いか「かえんほうしゃ」でなくにらみつけるを覚えるし。
いわタイプかくとうタイプむしタイプと並ぶ屈指の弱タイプであり、対人戦はおろかCPU戦、ランダムエンカウント敵の対処にさえ困る有様であった。

ただ、この頃のほのおタイプに戦術がないわけではなく、どくどく」+「ほのおのうずの嵌め殺し戦術が確立されていた。
また、不遇ぶりに対する判官贔屓なのか、この世代のほのおタイプはビジュアル面で評価の高いポケモンが多い。
代表例としてリザードン、キュウコン、ウインディ、ギャロップ、ブースターなど。

第2世代

1つのROMで「だいもんじ」が無限に入手可能になり、『クリスタル』では「かえんほうしゃ」を教えてくれるわざおしえオヤジが登場したことにより、技に困ることは減った。また、ほのおタイプの耐性にこおりタイプが追わり、新たに登場したはがねタイプの弱点となったことや、ほのお技を強化する「にほんばれ」の追加など、大幅なてこ入れが行われた。
特にエアームド対策に「だいもんじ」を仕込むのが常套手段となってた程。

だが、当時はガラガラが猛威を振るっていたこともあり、ほのお技の需要はあれど、ほのおタイプ自身が使われる機会はなおも少なかった。
それでも前世代よりは活躍の芽が出てきており、じめんタイプ無効で超火力を誇ったファイヤー、新技「はらだいこ」で火力増強を行えるリザードン、新勢力にしてあくタイプを複合したヘルガーなどが活躍していた。

伝説ポケモンとしてはホウオウとエンテイが加入した。ホウオウはミュウツー同様の禁止級で、こうげきの高さはあまり活かせないが専用技せいなるほのお5割の確率で「やけど」を負わせるというとんでもない性能を誇り、使用可能なルールでは猛威を振るった。
かたやエンテイは技の揃いがよくなく、能力も偏りがあるために不遇気味だった。

第3世代

「かえんほうしゃ」が悲願のわざマシン化、「だいもんじ」を超える火力を誇るオーバーヒートが登場し、攻撃技の改善がなされた。強力なはがねタイプであるメタグロスの登場もほのおタイプの需要を拡大させた。
……が、特性「あついしぼう」を手に入れたカビゴンによって止まってしまう為、不遇さは残った。
ポケモンでは御三家最終形態であるバシャーモが登場。かくとう複合であり上記のカビゴンで止まらない他、HPが減ってから特性「もうか」や技「きしかいせい」を活用する戦術で名を馳せた。
既存ポケモンでは、ウインディが特性いかくを手に入れたことで、ダブルバトルでメタグロス処理役、その他の物理ポケモン牽制役としての仕事を得た。
また、特性「もらいび」が登場しほのお無効が増えてしまったが、この特性が与えられているのは現在でもほのおタイプのみ。
この他、ほのおタイプ初の状態異常技「おにびの登場もこの世代。

第4世代

何と『DP』シナリオで手に入るほのおタイプが御三家を除けばポニータ系統しかいない。しかも新規追加組は御三家以外にヒードランとブーバーンのみという貧相極まりない状況。
しかもこの世代でドラゴンタイプ・じめんタイプのガブリアスまで登場。特にシングルで猛威を振るい目の上のたん瘤状態になった。
こんな有様で初代ばりの最底辺に落とされるかと思いきや、ところがどっこい。この世代からもうかの如きほのおタイプの逆襲が始まった。

「とくしゅ」一色だったほのお技が「ぶつり」「とくしゅ」に分離され、高いこうげきを生かすことができる高威力のほのお物理技フレアドライブが登場した。
習得するまでの経緯はポケモンによってはかなりの高レベルを要したり遺伝経由を要するなどある程度の条件はあるものの、ウインディを始めとした多くのポケモンが一気に強化された。
……ブースターエンテイが覚えられなかったりもしたが。

日本昔話


同時に、弱点対策の「ソーラービーム」、状態異常技「おにび」が広く配られ、戦術の幅が大きく広がった。
特に「おにび」は、それまで攻撃一辺倒だったほのおタイプのイメージを覆し始めることにもなった。
また、前世代に登場した「ねっぷう」が2体攻撃の威力増加でダブルバトルでの需要が増加し、『プラチナ』以降は全ほのおタイプに配られた。

ポケモン個別で見ると、新規組では、まさかのはがねとの複合で、豊富な耐性を持つ伝説のポケモンヒードラン、ブーバーがまさかの進化を遂げ、ほのおタイプもちでは初の「10まんボルト」習得者となった新登場のブーバーンなどが、
既存組では、ふんかを手に入れて超強化を果たしたバクフーン、「せいなるほのお」物理化に加え『HGSS』にてブレイブバードが与えられ、不死鳥の如く蘇ったホウオウなどが活躍した。

ゴウカザル


そして、物理特殊両方のほのお技を覚え、かつ、かくとうタイプとの複合でほのおが効きにくいタイプのポケモンにもある程度強く、多彩な技を覚えるほのお御三家ゴウカザルは、ルールを問わず八面六臂の大活躍を見せた。
その活躍ぶりはたとえカイオーガがいようとも平気でその横に居座って戦うことができるほどだった。

バトルしようぜ!


……一方でこれらの恩恵を受けられなかったポケモン達(マグカルゴブースターエンテイなど)は恩恵を受けたポケモンとのタイプ間格差が拡大してしまうことになった。
唯一神唯一王などのようにネタ的に持て囃されることはあったが)

第5世代

ゴウカザルの活躍を受け、あらゆる方向から強さの拡充がなされた。

BLUE
シャンデラ


ヒヒダルマ
虫の女王様


伝説ポケモンのレシラムを筆頭に、ゴーストタイプ複合でとくこう種族値驚異の145を誇るシャンデラほのおタイプ最高のこうげき種族値140を有するヒヒダルマむしタイプ複合でとくこう種族値135を誇り、卵孵化要員としても有用なウルガモスなどなど、短所はあれど一度暴れ始めたら止まらない強力なポケモン達が追加された。
……中には不遇な状態で追加されたクイタランバオッキーみたいなのもいるが。

既存ポケモンでは、キュウコンにまさかの隠れ特性「ひでり」が追加された……のだが、他の天候変化特性持ちに比べ圧倒的に素早く、同時に登場してしまうとあっさり天候を取られてしまう為、使い勝手は今一つであった。
また、バシャーモが何と隠れ特性「かそくを手に入れ、しかもとびひざげり」まで習得し、同タイプのライバルであるゴウカザルとの差を埋めるどころかゴウカザルを凌ぐ強さを手に入れた。
リザードンも隠れ特性「サンパワー」を手に入れ、「はれ」とのシナジーを獲得した。
……しかしながら、バシャーモとリザードンは共に限定品(本を買ってランダムで手に入る)だった為、そこまで広まらなかった。

第6世代

フェアリータイプの抵抗タイプの1つになり、抵抗タイプが5となった。「おにび」も命中率が上昇した。反面、永続天候が終了し、一部特殊技の威力が下げられてしまった。

ファイアロー


追加されたポケモンこそ少ないものの、反則級の特性「はやてのつばさ」を擁するファイアローが第6世代全体を通じて対戦環境を制圧した。
ほのおタイプとしての要素は少ないが、「おにび」を受け付けないメリットが大きく、また自身も「おにび」を使い持久戦を展開することがある。

メガバトル!
Burning!!


この他、リザードンがメガシンカを2種類も獲得し、メガリザードンX特性「かたいツメ」での物理高火力を、メガリザードンY特性「ひでり」での特殊高火力を相手にぶつけられ、しかもどちらで来るか事前にはわからない為非常に強力。
どちらもメガシンカによってみず弱点を打ち消すことができるのもポイントである。
バシャーモは「かそく」が本格解禁された他、同じ特性「かそく」を持ち従来個体でも活躍できるメガシンカも手に入れて高火力と高機動力を両立するメジャーポケモンにのし上がった。

加えて『ORAS』ではあのグラードンゲンシカイキによってほのおタイプ複合となり、かつ特性「おわりのだいち」で4倍弱点となるみずタイプの技を無効化するというとんでもない性能となった。

既存ポケモンでは、ヒードランが唯一フェアリー技を1/4にできるポケモンとなり、フェアリーストッパーとしての役割を得た。
また、過去作品にて不遇ポケモンの代表格だった唯一王ことブースターに「フレアドライブ」が、唯一神ことエンテイに「せいなるほのお」が与えられ、その不名誉な称号を返上した。
特にエンテイは元々高いステータスも合わせてほのお単タイプではトップクラスと言われるまでに。

このように、全体から見ればこの世代こそがほのおタイプ最盛期と言えるだろう。

第7世代

新規追加はアローラ御三家で最終進化するとあく複合になるニャビー系統、どく複合のヤトウモリ系統、伝説・メガ以外では初のドラゴン複合のバクガメス、ウラウラ島のめらめらオドリドリ、そしてUSUMが初登場となる新規UBズガドーン
リージョンフォームではガラガラがゴーストタイプ複合でのほのおタイプもちとなった。

この世代の環境では、原種譲りの「ひらいしん」+高火力のアローラガラガラがゴースト・ほのおという優秀な複合に変わったことででんき受けとしての需要が急増。高速型のエンニュートは環境に多いはがねやフェアリーに刺さりやすい。シャンデラ以上の素早さを持つズガドーンは高火力の専用技「ビックリヘッド」が非常に強力である。

一方でファイアローの「はやてのつばさ」が弱体化し数を減らしただけでなく、何と弱点であるみずタイプが大幅強化されてしまった為、前世代に比べて厳しい立ち位置にある。特に「あめふらしペリッパーは強敵。
しかも「やけど」状態のダメージが1/8から1/16に修正され弱体化。
強力なフェアリータイプやはがねタイプが増えたのは好都合だが、この両タイプはサブウェポンも充実している為殴り合いで押し切られて負けかねないのが現状。

噴煙コータス


そんな中コータスがまさかの第2特性で「ひでり」を獲得した。
キュウコンと異なり「すばやさ」は天候変化特性持ちで最も遅い(ヒポポタスよりも!)上に遺伝でふんか」も覚えることからダブルバトルでの需要が一気に上昇し、様々なコンボによって活躍するようになった。

一方当のキュウコンはリージョンフォーム(アローラキュウコン)で「ゆきふらし」を手に入れ、しかも強力な補助技「オーロラベール」を手に入れ原種以上の大活躍を見せているという……原種のキュウコンが草葉の陰で泣いている。

ガオガエン


そして、『USUM』にてガオガエンの隠れ特性「いかく」が突如解禁された。
それまで「耐久が高く、フェアリーが抜群にならず、『やけど』も『いたずらごころ』も無効化し『とんぼがえり』も専用Zワザもある『ねこだまし』持ち」としてかなりの評価をされていたところに「いかく」が加わりダブルバトルに欲しい性能をこれでもかというほど取り揃えたポケモンになったことで、一躍ダブルバトルのトップメタに躍り出ることになった。

第8世代

灰かぶりのエース
Coalossal - the Charcoal Titan


追加されたのは御三家のエースバーン、いわ複合のセキタンザン、むし複合のマルヤクデ
新規のリージョンフォームでほのおタイプを持つものはいなかったが、既存のほのおタイプのうちポニータ系統とダルマッカ系統がリージョンフォームを獲得して別のタイプになった。

無題
【ファンアート】キョダイマックスリザードン


バシャーモやエンテイ、ガオガエン等多くのトップメタの炎ポケモンが姿を消し、メガシンカやZワザが没収された一方でダイマックスが導入され、ほのおタイプの技はダイマックスして使用することで5ターン日差しが強くなる。ダイマックスの仕様で従来の特性や道具とも両立できるため、天候の上書きが激しい世代となっている。
ほのおタイプでキョダイマックス持ちはリザードン、マルヤクデ、セキタンザンが該当。
対戦ではここに来て「サンパワー」リザードンが覚醒。「ダイジェット」で素早さを上げ、「ダイバーン」で晴れにしてから特性「サンパワー」による超火力で焼き払う、ともすればメガリザードンYをも凌駕する驚異的な全抜き性能を手にいれた。具体的にはとくこう最大+「こだわりメガネ」+「だいもんじ」で無振りサザンドラが確1。ダブルでは味方の天候変化を受けて「キョダイゴクエン」をお見舞いする戦法が見られる。
そして2020年6月、突如エースバーンの隠れ特性リベロが解禁。この特性の効果はかの有名な「へんげんじざい」と同じであり、一躍トップメタに躍り出た。

鎧の孤島」配信に前後してガオガエンが解禁され、鎧の孤島ではエースバーンにキョダイマックスが追加されている。「キョダイカキュウ」はかなりの火力を持ち特性を貫通するため、突破力が上がった。
目下ダブルバトルではエースバーン、ガオガエン、リザードン、コータスの4匹を中心に大活躍を見せている。ただこのうち2匹はほのおタイプとして活躍しているかどうか若干怪しい。
「鎧の孤島」での新技は「しっとのほのお」。そのターンに相手が能力を上げていると、その相手を「やけど」状態にする。後攻前提での効果になるため「すばやさ」の低いコータスなどが相性がよいだろうか。地味に相手2体を対象にするのもポイント。

外伝作品

ポケモンGO

攻撃性能が高く、耐久力の低めなポケモンが多いため、主な活躍の場はレイドバトル
優秀なゲージ技であるブラストバーンを得た炎御三家達や、攻撃種族値の高いファイヤーエンテイシャンデラなどがよく利用されている。

トレーナーバトルにおいては、対人戦に向かない種族値配分のポケモンが多いのに加えて、どのリーグ区分においてもみずタイプ・ドラゴンタイプの使用率が高いため活躍は難しい。

タイプ相性と特性

タイプ相性

攻撃側タイプ
抜群(2倍)草、氷、虫、鋼
今ひとつ(0.5倍)炎、水、岩、竜
効果なし(無効)-
防御側タイプ
抜群(2倍)水、地、岩
今ひとつ(0.5倍)炎、草、氷、虫、鋼、妖
効果なし(無効)-


タイプ特性

  • やけど状態にならない。
  • もえつきるを使用できる。
  • ステルスロックで受けるダメージが倍になる。
  • 場が「ひのうみ状態」「キョダイゴクエン状態」でもダメージを受けない。


ほのおタイプのポケモン一覧

※剣盾(ポケモン剣盾に登場するか否か)が◎になっているものは追加DLCで出現しポケモンホームを通じて剣盾に送れるもの、△になっているものは今後のDLCで登場予定となっていることを表します。
伝説のポケモン幻のポケモン太字で記載。

第1世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
004ヒトカゲ005リザード006リザードン
037ロコン 038キュウコン--
058ガーディ059ウインディ--
077ポニータ078ギャロップ--
126ブーバー
136ブースター--
146ファイヤー----


第2世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
155ヒノアラシ156マグマラシ157バクフーン
218マグマッグ219マグカルゴ--
228デルビル229ヘルガー--
240ブビィ
244エンテイ----
250ホウオウ----


第3世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
255アチャモ256ワカシャモ257バシャーモ
322ドンメル323バクーダ--
324コータス----


第4世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
390ヒコザル391モウカザル392ゴウカザル
467ブーバーン
485ヒードラン----


第5世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
494ビクティニ----
498ポカブ499チャオブー500エンブオー
513バオップ514バオッキー--
554ダルマッカ555ヒヒダルマ--
607ヒトモシ608ランプラー609シャンデラ
631クイタラン----
636メラルバ637ウルガモス--
643レシラム----


第6世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
653フォッコ654テールナー655マフォクシー
662ヒノヤコマ663ファイアロー
667シシコ668カエンジシ--
721ボルケニオン----


第7世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
725ニャビー726ニャヒート727ガオガエン
757ヤトウモリ758エンニュート--
776バクガメス----
806ズガドーン----


第8世代

No.初期No.中間No.最終
813ヒバニー814ラビフット815エースバーン
838トロッゴン839セキタンザン
850ヤクデ851マルヤクデ--


メガシンカポケモン

ポケモン
メガリザードンX / Y
メガヘルガー
メガバシャーモ
メガバクーダ


ゲンシカイキ

ポケモン
ゲンシグラードン

※:ゲンシカイキすると、ほのおタイプが追加される。

リージョンフォーム

ポケモンタイプ(変化前)タイプ(変化後)
アローラガラガラじめんゴーストほのお
ガラルヒヒダルマダルマモードほのお・エスパーこおり・ほのお


フォルムチェンジ

No.ポケモンフォルムチェンジ
351ポワルンたいようのすがた
479ロトムヒートロトム
493アルセウスひのたまプレート
741オドリドリめらめらスタイル
773シルヴァディファイヤーメモリ


炎御三家

火のリマスター


該当世代初期形態中間形態最終形態
カントー御三家ヒトカゲリザードリザードン
ジョウト御三家ヒノアラシマグマラシバクフーン
ホウエン御三家アチャモワカシャモバシャーモ
シンオウ御三家ヒコザルモウカザルゴウカザル
イッシュ御三家ポカブチャオブーエンブオー
カロス御三家フォッコテールナーマフォクシー
アローラ御三家ニャビーニャヒートガオガエン
ガラル御三家ヒバニーラビフットエースバーン

ほのおタイプポケモンの主な使い手

カツラとギャロップ
火傷しそうな情熱の人
カツラアスナ
ジムリーダー(カントー)ジムリーダー(ホウエン)
オーバとか
アツいバトル!
オーバポッド
四天王(シンオウ)ジムリーダー(イッシュ)
ポケモン X&Y / 14
カキ
パキラカキ
四天王(カロス)キャプテン(アローラ)
カブ&マルヤクデ
カブ
ジムリーダー(ガラル)


その他のタイプ

ノーマルタイプほのおタイプみずタイプ
でんきタイプくさタイプこおりタイプ
かくとうタイプどくタイプじめんタイプ
ひこうタイプエスパータイプむしタイプ
いわタイプゴーストタイプドラゴンタイプ
あくタイプはがねタイプフェアリータイプ


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモンのタイプ一覧 ポケモン技絵
RGBP GSC RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンBW2 ポケモンXY ORAS ポケモンSM ポケモンUSUM LPLE ポケモン剣盾

ひふきやろう かじばどろぼう キャンプファイヤー

関連記事

親記事

ポケモンのタイプ一覧 ぽけもんのたいぷいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ほのおタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1377860

コメント