ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ほのおタイプ

ほのおたいぷ

ほのおタイプ(Fire Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンのタイプの一種である。
目次 [非表示]

【注意】

ポケモンは沢山のキャラクターが登場するゲームですが、一部においてポケモンに対する扱いや能力、対戦での使用率を主観的、かつ過度になじる編集者が散見されます。


キャラ設定は今後のシリーズで変わること、対戦環境は変化を繰り返すこと、本サイトの性質上記事の内容もあくまで個々人の見解に過ぎない旨を理解し、全てを鵜呑みにしないようご注意下さい。


概要

ポケモンは種族ごとに1、2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。

そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。


初代から登場するタイプの一つ。

ほのおタイプのカテゴリーに分類される特徴としては、火山などをモチーフにしたポケモンが多い。

全体的傾向として、外見の色は橙色黄色といった暖色系統のものが多い。体の一部が燃え盛った意匠のポケモンも多く、そのデザインにもよるが人気は高い。

複合タイプは第9世代時点でフェアリータイプとのみ未登場。


ゲームの初めに貰える3匹(ポケモン御三家)のうち、必ずその一つにほのおタイプのポケモンが入れられている。

御三家の最終進化形は他タイプとの複合が多く、単タイプは現時点でポケモン金銀のバクフーンとポケモン剣盾のエースバーンのみ。


ただ、シリーズごとに追加されるほのおタイプは、御三家の残り2タイプでもあるみずタイプくさタイプほどは増えていない。

これは植物や水生生物をそのままモチーフに使える2タイプと異なり、火そのものをモチーフにしてデザインしにくいことが原因か。


やけどしちゃうよ!ほのおタイプだぜ!!

燃え盛る炎のイメージ通り、攻撃的なタイプ

弱点を突けるタイプは4つで、全タイプ2位タイ。

種族値は「こうげき」「とくこう」の両方が高い所謂両刀配分のポケモンが多い。

攻撃技も、ぶつりでもとくしゅでも全タイプ屈指の強さを誇る。

代表的な特殊技である「かえんほうしゃ」、「だいもんじ」、「フレアドライブ」などはわざマシンまたわざレコードになっているため覚えさせやすく、さらには威力と命中率が両立しているため、全タイプの中でも火力はトップクラス。

多くのわざに相手を「やけど」状態にする効果が付いているが、それ以外の状態異常にするものは少ない。


防御面は弱点3つに抵抗6つ。

実は耐性の数だけで言えばはがねタイプに次ぐTOP2。

しかし、はがねタイプと半減属性が大体かぶり、弱点タイプがメジャーでかつ高威力技に富んでいるので、耐性面は必ずしも目立たない。

特に地面タイプと岩タイプはサブウェポンとして人気があるタイプで、使用率も高い事から注意が必要となる。

ほのおとはがねの半減被りの多さは、ヒードランの1/4にできるタイプの多さがそれを物語っている。

種族値の面でも耐久型配分のポケモンはいないわけではないが、弱点を突かれ1~2発でやられてしまうことが多い、まさに炎の如く短命なタイプである。

またドラゴンタイプのポケモン相手だと複合タイプでない限り、こおりタイプやフェアリータイプをサブウェポンとして覚えられないポケモンの多さから御三家タイプでは唯一、ドラゴン対策に有効なサブウェポンを覚えられない上、ドラゴンタイプは地面タイプや岩タイプをサブウェポンとして持っている場合が多い点も注意。

特に600族系は炎タイプに耐性があるタイプが多く、相手側もじめんタイプやいわタイプの技等を使用率が高いので、600族相手だと最も不利なタイプとなる。


対戦でははがねタイプの弱点を突けることから、他タイプのサブウエポンとしての需要が高い。

特にドラゴンタイプの場合、「だいもんじ」や「ねっぷう」を覚えるか否かは強さを決める重要なバロメーターとなる。


ほのおタイプが強化される天候「ひざしがつよい」「ひざしがとてもつよい」があり、技「にほんばれ」や特性「ひでり」「おわりのだいち」で発動する。

この天候下では、ほのおタイプの技の威力が1.5倍、みずタイプの技の威力が0.5倍になり、攻防ともにほのおタイプに非常に有利になる。

だが、この天候を活かせる特性を持つポケモンはほのおタイプにほとんどいないため、天候を活かす場合は主にくさタイプと組み合わせることが多い(「晴れパーティ」、略して「晴れパ」と呼ばれる)。

だが、この2タイプであってもドラゴンタイプには両方とも半減されるため、注意が必要である。


ポケモンカードゲームでは赤のイメージカラーを持つ「炎タイプ」(こちらは漢字表記が公式)として収録されている。雷タイプと並んで初期から存在し現在に至るまでゲームから他タイプの統廃合が無いタイプ。


ほのおタイプのポケモン一覧

伝説のポケモン幻のポケモン太字で記載。


第1世代


第2世代


第3世代

No.たねNo.1進化No.2進化
255アチャモ256ワカシャモ257バシャーモ
322ドンメル323バクーダ--
324コータス----

第4世代

No.たねNo.1進化No.2進化
390ヒコザル391モウカザル392ゴウカザル
467ブーバーン
485ヒードラン----

第5世代


第6世代


第7世代


第8世代


第9世代


メガシンカポケモン


ゲンシカイキ

No.ポケモン
383ゲンシグラードン

※:ゲンシカイキすると、ほのおタイプが追加される。


リージョンフォーム

ポケモンタイプ(変化前)タイプ(変化後)
アローラガラガラじめんほのおゴースト
ガラルヒヒダルマ(ダルマモード)ほのお・エスパーこおりほのお
ヒスイガーディほのおほのお・いわ
ヒスイウインディほのおほのお・いわ
ヒスイバクフーンほのおほのお・ゴースト
パルデアケンタロス(ブレイズ種)ノーマルかくとうほのお

フォルムチェンジ

No.ポケモンフォルムチェンジ
351ポワルンたいようのすがた
479ロトムヒートロトム
493アルセウスひのたまプレート
741オドリドリめらめらスタイル
773シルヴァディファイヤーメモリ
1017オーガポンかまどのめん

タイプ相性と特性

タイプ相性

攻撃側タイプ
抜群(2倍)くさ、こおり、むし、はがね
今ひとつ(0.5倍)ほのお、みず、いわ、ドラゴン
効果なし(無効)-
防御側タイプ
抜群(2倍)みず、じめん、いわ
今ひとつ(0.5倍)ほのお、くさ、こおり、むし、はがね、フェアリー
効果なし(無効)-

タイプ特性


タイプ相性考察

ここでは、相性の有利不利の理由となりうるものを列挙していく。

  • くさタイプむしタイプに強いのは、燃やして絶命させてしまうからであるというのは容易に想像が付く。
  • くさタイプに耐性があるのは、燃料になってしまうから。
  • むしタイプに耐性があるのは、日本の諺にも「飛んで火に入る夏の虫」という言葉があり、炎の灯は虫を引き寄せてしまうからである。
  • こおりタイプはがねタイプ強く、耐性があるのも高温で溶かしてしまうから。
    • 第1世代では、炎に入ってきたものも溶けるという発想がなかったためか、こおりタイプに耐性がなかった。
  • フェアリータイプに耐性を持つのは、妖精が自然現象の象徴とされるのに対し、『火』は文明発展の象徴とされるからだろう。
  • 地面に弱いのは、言うまでもなくこれらが火を消してしまうものだから。
    • こらそこ、熱すれば水は蒸発するんじゃとか突っ込まない。
    • 地面や岩で火を消すという発想にピンとこない人のために説明すると、これらの燃えにくいもので火を覆い、エネルギー源である酸素の通り道を塞いで消火する。これを『窒息消火法』と呼ぶ。
    • 熱することで固まってしまう土=じめんは耐熱性に優れていないが、石は燃えにくい物体であるため、効果はいまひとつとなるのだろう。
  • 同タイプにあまり効果が期待できないのは、火に火を与えても余計燃え上がるだけだからである。
  • ドラゴンタイプに効果が今ひとつなのは至極簡単。ドラゴン自体が火を吐く生き物であり、ファンタジー作品ではウロコに炎の耐性があるとされることが多く、中生代には大半の時期が猛暑が続く気候で基本的に暑さに強い恐竜が栄えていた。

作品ごとの変遷

ポケモン赤緑

初登場にして燃え尽きるほどの大不遇時代。


御三家のタイプの一つとして登場したものの、ストーリーでも対人戦でも不遇な時代であった。

トカゲとカメ。

  • 一例
    • ほのお技が全て「とくしゅ」に区分されるにもかかわらず、ステータスが「こうげき」寄りに設定されていることが多い。
    • ほのお技で弱点を突けるこおりタイプを持つのは5種。このうちジュゴンパルシェンラプラスはみずタイプの複合。しかも、この時代はこおり技を受けたときは半減ではなく等倍
    • また、弱点を突けるむしタイプは冒険の中盤以降は強敵となりえず、ほのおタイプが実質的に活躍できそうなのはくさタイプのみ。そのくさタイプもこおりタイプひこうタイプでも事足りてしまう。
    • メイン技となりえるかえんほうしゃ」を覚えられるポケモンが少なく、わざマシンにも採用されなかった。覚えてもほとんどがレベル50以上まで育てる必要がある。
    • 当時はトレーナー再戦や「しあわせタマゴ」がなく、「がくしゅうそうち」の仕様も異なるため、育成にかなりの労力を要した。
    • 「かえんほうしゃ」を使えないポケモンは、一つのロム(セーブデータ)で一個しか入手できないわざマシン「だいもんじ」に依存しないと、ロクに戦えない。
    • 訪れるダンジョンも海や洞窟が多い上、四天王及びチャンピオン戦では効果抜群をとれるポケモンが、カンナのルージュラとライバルのフシギバナナッシーのみ。

…と、その不遇ぶりは枚挙にいとまがない。

伝説のポケモンであるファイヤーも、なんの手違いか「かえんほうしゃ」でなくにらみつける」を覚える点も、不遇な印象を強める。

いわタイプかくとうタイプむしタイプと並ばんばかりの不遇タイプであり、対人戦はおろかCPU戦や野生ポケモンの対処にさえ困る有様であった。

それでも、当時のほのおタイプに戦術がないわけではなく、どくどく」+「ほのおのうずの嵌め殺し戦術が確立されていた。

大会でも98カップではレベル30戦という都合上ウインディが「りゅうのいかり」アタッカーとして利用されることが地区予選でそこそこあった(それがほのおタイプとしての活躍かどうかは別として)。99カップではリザードン、キュウコンが決勝大会にエントリーされ、他にファイヤーが地区予選で使われた。


かえんほうしゃ

また、不遇ぶりに対する判官贔屓なのか、この作品のほのおタイプはビジュアル面で評価の高いポケモンが多い。

代表例として初代御三家のリザードン、同期のキュウコンウインディギャロップブイズの進化形の内の一つであるブースターなど。

特にリザードンはアニメでの活躍による露出度の高さが光っていた。

これらのポケモンは公式にとってしてみても、キャラクターのアーキタイプとしても有用なデザインであったらしく、第一世代のほのおポケモンは、イーブイの進化系であるブースターを除いて全てが進化前・進化後、メガシンカリージョンフォームなどの派生デザインが後に追加された。


ポケモン金銀

ようやくスタートラインへ。


新規参戦はヒノアラシ系統、マグマッグ系統、デルビル系統、ブーバーベイビィポケモンであるブビィ、伝説ポケモンはエンテイホウオウが登場した。


1つのROMで「だいもんじ」が無限に入手可能になり、『クリスタル』では「かえんほうしゃ」を教えてくれるわざおしえオヤジが登場したことにより、技に困ることは減った。

また、ほのおタイプの耐性にこおりタイプが加わり、新たに登場したはがねタイプの弱点となったことや、ほのお技を強化する「にほんばれ」の追加など、大幅なテコ入れが行われた。

だが、当時はガラガラが猛威を振るっていたこともあり、ほのお技の需要はあれど、ほのおタイプ自身が使われる機会はなおも少なかった。


それでも前作品よりは活躍の芽が出てきており、新技「はらだいこ」で火力増強を行えるリザードンじめんタイプ無効で超火力を誇ったファイヤー、新勢力にしてあくタイプ複合のヘルガーなどが活躍していた。

ほのお技の需要としては、エアームド対策に「だいもんじ」を仕込むという光景がよく見られ、その後の作品でも「ほのおタイプでなくてもはがね対策にほのお技」という役割破壊は定番になっていった。

一方で炎御三家のバクフーンは種族値がリザードンと被っているだけでなく活用性にも難があった。

同じくエンテイも技の揃いが良くなく、能力も偏りがあるために不遇気味だった。

……この当時は

鳳凰

ミュウツー同様の禁止級であるホウオウは、攻撃の高さはあまり活かせなかったが、専用技せいなるほのお5割の確率で「やけど」を負わせるというとんでもない性能を誇り、使用可能なルールでは猛威を振るった。


ポケモンRS

さらなる技の改善も伸び悩み。


燃え上がる勇気!

新勢力では御三家アチャモ系統の最終形態であるバシャーモが登場。

かくとう複合であり上記のカビゴンで止まらない他、HPが減ってから特性「もうか」や技「きしかいせい」を活用する戦術で名を馳せた。

圧倒的な「防御」を誇り、ジムリーダー・アスナの切り札であるコータスもこの作品出身だが、本気を出すのはだいぶ先の話。


既存ポケモンでは、ウインディが特性いかくを手に入れ、物理ポケモン牽制役としての仕事を得た。

後の作品でもダブルバトルにおけるメジャーポケモンの一角として活躍することとなった。

強力なはがねタイプであるメタグロスの登場により、ほのおタイプの需要を拡大させた。


技の面では「かえんほうしゃ」が悲願のわざマシン化、「だいもんじ」を超える火力を誇るオーバーヒートが登場し、攻撃技の改善がなされた。

また、特性「もらいび」が登場しほのお無効が増えてしまったが、この特性が与えられているのは現在でもほのおタイプのみ。

この他、孵化厳選のお供である特性「ほのおのからだ」、ほのおタイプ初の状態異常技「おにびの登場もこの作品。


前述の通り、技の整備が進んだので初代のように不遇とまでは行かないのだが、特性「あついしぼう」を手に入れたカビゴンによって止まってしまうため、ほのおタイプ自体の使用率はまたもや頭打ちになってしまった。


ポケモンDP

転換期の到来。


何と『DP』シナリオで手に入るほのおタイプは、御三家を除けば、ポニータ系統のみ。

しかも、新規追加組は御三家以外に2匹のみという貧相極まりない状況。

また、ドラゴンタイプ且つじめんタイプ構成のガブリアスが登場。特にシングルバトルで猛威を振るい、目の上のたん瘤状態になった。

こんな有様で初代ばりの最底辺に落とされるかと思いきや……ところがどっこい。

この作品からもうかの如きほのおタイプの逆襲が始まった。


ポケモン個別で見ると、新規組ではブーバーが進化を遂げ、ほのおタイプでは初の「10まんボルト」習得者となったブーバーンまさかのはがねとの複合で、豊富な耐性を持つ伝説のポケモンヒードランが登場した。

ゴウカザル

そして、物理特殊両方のほのお技を覚え、かつ、かくとうタイプとの複合でほのおが効きにくいタイプのポケモンにもある程度強く、多彩な技を覚えるほのお御三家ゴウカザルは、ルールを問わず八面六臂の大活躍を見せた。

その活躍ぶりは、たとえカイオーガがいようとも平気でその横に居座って戦えるほどだった。


既存組では、ふんかを手に入れて超強化を果たしたバクフーン、「せいなるほのお」物理化に加え『HGSS』にてブレイブバードが与えられ、不死鳥の如く蘇ったホウオウなどが活躍した。


「特殊」一色だったほのお技が「物理」「特殊」に分離され、高い「攻撃」を生かすことができる高威力のほのおタイプの物理技フレアドライブが登場した。

習得するまでの経緯はポケモンによってはかなりの高レベルを要したり、遺伝経由を要するなどある程度の条件はあるものの、ウインディを始めとした多くのポケモンが一気に強化された。

……一部のポケモンが当時覚えられなかったりもしたが。

同時に、みずタイプ対策の「ソーラービーム」、状態異常技「おにび」が広く配られ、戦術の幅が大きく広がった。

日本昔話

特に前作品から追加された「おにび」は、それまで攻撃一辺倒だったほのおタイプのイメージを覆し始めることにもなった。

また、前作品に登場した「ねっぷう」が2匹攻撃の威力増加でダブルバトルでの需要が増加し、『プラチナ』以降はすべてのほのおタイプに配られた。


バトルしようぜ!

……一方で、これらの恩恵を受けられなかったマグカルゴブースターエンテイなどは、恩恵を受けたポケモンとのタイプ間格差が拡大してしまうことになった。唯一神唯一王などのようにネタ的に持て囃されることはあったが。


ポケモンBW

躍進はまだ続く。


ゴウカザルの活躍を受け、あらゆる方向から強さの拡充がなされた。

BLUEシャンデラヒヒダルマ虫の女王様

伝説ポケモンのレシラムを筆頭に、ゴーストタイプ複合でとくこう種族値驚異の145を誇るシャンデラほのおタイプ最高のこうげき種族値140を有し、隠れ特性によるフォルムチェンジでエスパー複合になるヒヒダルマむしタイプ複合でとくこう種族値135を誇り、卵孵化要員としても有用なウルガモスなど、短所はあれど一度暴れ始めたら止まらない強力なポケモンたちが追加された。

……中には、不遇な状態で追加されたクイタランバオッキーみたいなのもいるが。

御三家はポカブ系統の最終進化形エンブオーが登場したが、まさかの3代連続の御三家でのタイプ被りとなった上に同タイプの御三家の存在が重く、没個性を指摘されることとなってしまった。

また、ほのおタイプ初の幻のポケモンであるビクティニが登場したのもこの作品。


既存ポケモンでは、キュウコンまさかの隠れ特性「ひでり」が追加された

……だが、他の天候変化特性持ちに比べ圧倒的に素早く、同時に登場してしまうとあっさり天候を取られてしまうため、使い勝手は今一つだった。

また、バシャーモが何と隠れ特性「かそくを手に入れ、しかもとびひざげり」まで習得し、同タイプのライバルであるゴウカザルとの差を埋めるどころかゴウカザルを凌ぐ強さを手に入れた

リザードンも隠れ特性「サンパワー」を手に入れ、「はれ」とのシナジーを獲得した。

……しかしながら、バシャーモとリザードンはともに限定品(本を買ってランダムで手に入る)だったせいで、そこまで広まらなかった。


ポケモンXY

最盛期突入。


ファイアロー烈火炎矢

新たに追加されたポケモンこそ少ないものの、反則級の特性「はやてのつばさ」を擁するファイアローが、ポケモンXY全体を通じて対戦環境を制圧した。

ほのおタイプとしての要素は少ないが、「おにび」を受け付けないメリットが大きく、また自身も「おにび」を使い持久戦を展開することがある。

御三家はフォッコ系統の最終進化系マフォクシーが登場。こちらはビクティニ(フォルムチェンジ込みならヒヒダルマ(ダルマモード)も)と同じ希少なエスパー複合で、バシャーモから続いたかくとう複合被りのマンネリ脱却を果たした。

また、ノーマル複合のカエンジシ、初のみず複合である幻のポケモンのボルケニオンも登場した。


メガバトル!Burning!!

この他、リザードンメガシンカを2種類も獲得し、メガリザードンX特性「かたいツメ」での物理高火力を、メガリザードンY特性「ひでり」での特殊高火力を相手にぶつけられ、しかもどちらで来るか事前にはわからないため、非常に強力。

どちらもメガシンカによってみず弱点を打ち消すことができるのもポイントである。

バシャーモ「かそく」が本格解禁された他、同じ特性「かそく」を持ち従来個体でも活躍できるメガシンカも手に入れて高火力と高機動力を両立するメジャーポケモンにのし上がった。


加えて『ORAS』ではあのグラードンゲンシカイキによってほのおタイプ複合となり、かつ特性「おわりのだいち」で4倍弱点となるみずタイプの技を無効化するというとんでもない性能となった。


対戦面では新たに追加されたフェアリータイプの抵抗タイプの1つになり、抵抗タイプが5となった。

「おにび」も命中率が上昇した反面、永続天候が終了し、一部特殊技の威力が下げられてしまった。


既存ポケモンでは、ヒードラン唯一フェアリー技を1/4にできるポケモン(ポケモンXY当時)となり、フェアリーストッパーとしての役割を得た。

エンブオーは前作品と同じく立ち位置が厳しかったが、隠れ特性で「すてみ」を獲得したことでようやく他の炎御三家にない個性を得ることができた。

また、過去作品にて不遇ポケモンの代表格だった唯一王ことブースターに「フレアドライブ」が、唯一神ことエンテイに「せいなるほのお」が与えられ、その不名誉な称号を返上した。

特にエンテイは元々高いステータスも合わせて、ほのお単タイプではトップクラスと言われるまでに。


惜しむらくは、この作品の対戦環境がいわゆる暗黒時代だったことだろうか。


ポケモンSM

新勢力の参入。


新規追加はアローラ御三家で最終進化するとあく複合になるニャビー系統、どく複合のヤトウモリ系統、伝説・メガ以外では初のドラゴン複合のバクガメス、ウラウラ島のめらめらオドリドリ、そしてUSUMが初登場となる新規UBズガドーン

リージョンフォームではガラガラがほのおタイプに加入し、ゴーストタイプも複合した。


NO.105(アローラ.ver)UB:BURST

この作品の環境では、原種譲りの「ひらいしん」+専用道具(ふといホネ)による高火力のアローラガラガラがゴースト・ほのおという優秀な複合に変わったことで、でんき受けとしての需要が急増。

高速型のエンニュートは2匹目となるフェアリー1/4のポケモンで、環境に多いはがねやフェアリーに刺さりやすい。

シャンデラ以上の素早さを持つズガドーンは高火力の専用技「ビックリヘッド」が非常に強力。

ほのお御三家の最終形態ガオガエンについては後述。


一方、ファイアローの「はやてのつばさ」が弱体化して数を減らしただけでなく、何と弱点であるみずタイプが大幅強化されてしまったため、前作品に比べて立場は苦しくなった。

特に「あめふらし」が第2特性に追加されたペリッパーは強敵。

しかも、「やけど」状態のダメージが1/8から1/16に修正されて弱体化。

強力なフェアリータイプやはがねタイプが増えたが、豊富なサブウェポンや複合タイプで押し負けかねず、全体的にマークが厳しくなった作品と言える。


それでも、大幅な弱体化とはならず、むしろ強化された部分もある。

たとえば、メガガルーラの陰に隠れがちだったメガリザードンが対戦環境の変化により伴い躍進し、メガ枠の採用率トップを勝ち取った。

えんまくコータス

そして、コータスがまさかの特性「ひでり」を獲得した。キュウコンと異なり「すばやさ」は天候変化特性持ちで最も遅い(ヒポポタスよりも!)上にふんか」も覚えることからダブルバトルでの需要が一気に上昇し、様々なコンボによって活躍するようになった。

一方、当のキュウコンはリージョンフォーム(アローラキュウコン)で「ゆきふらし」を手に入れ、しかも強力な変化技「オーロラベール」を手に入れ原種以上の大活躍を見せているという。



ガオガエン

そして、『USUM』にてガオガエンの隠れ特性「いかく」が突如解禁された。

それまで「耐久が高く、フェアリーが抜群にならず、『やけど』も『いたずらごころ』も無効化し『とんぼがえり』も専用Zワザもある『ねこだまし』持ち」としてかなりの評価をされていたところに「いかく」が加わりダブルバトルに欲しい性能をこれでもかというほど取り揃えたポケモンになったことで、一躍ダブルバトルのトップメタに躍り出ることになった。

一方、前作品でライバルに大きく差をつけられたゴウカザルは、ダブルバトルでの立ち位置をガオガエンに完全に奪われた挙句、種族値のインフレが加速したことで第一線から退いた。


この作品で新たに追加された新技「もえつきる」は、ほのおタイプ以外が使うと必ず失敗かつ使用後にほのおタイプが消えるという効果を持ち、交代まで効果が持続するというもの。

……タイプ一致補正と耐性が消えるという難点もあるので一長一短だが。


ポケモン剣盾

2度目の最盛期到来。


Coalossal - the Charcoal Titan

追加されたのは御三家のエースバーン、いわ複合のセキタンザン、むし複合のマルヤクデ

新規のリージョンフォームでほのおタイプを持つものはいなかったが、既存のほのおタイプのうちポニータ系統とダルマッカ系統がリージョンフォームを獲得して別のタイプになった。

ほのおタイプのダイマックス技はダイバーンで、5ターンの間日差しが強くなる。

ダイマックスの仕様で従来の特性や道具とも両立できるため、天候の上書きが激しい作品となっている。

キョダイマックス持ちはリザードン、エースバーン、マルヤクデ、セキタンザンが該当。


今作品ではメガシンカとZワザ廃止に加え、使えるポケモンも制限され、段階を経て増えていくという方針を採っているため、同作品内でも段階によってほのおタイプの地位は絶妙に変化している。


ポケモン剣盾

新勢力のセキタンザンは特性「じょうききかん」を持ち、ほのおまたはみず技を受けると「すばやさ」が能力最大限まで上昇するため、「じゃくてんほけん」を持たせてみず技を受けさせることで上からの制圧を目指す戦術が開発され、ダブルバトルで活躍を始めた。

マルヤクデの専用キョダイマックス技「キョダイヒャッカ」は「ほのおのうず」の上位版といった性能を持ち、使用者が場を離れても効果が持続する。

ほのお御三家の最終形態エースバーンは高速高火力の物理アタッカーで、ほのお単タイプながら優秀な専用技「かえんボール」を持つ。

もう一つの専用技「コートチェンジ」はお互いの場の効果を入れ替える効果を持つが、使いどころは難しい。

キョダイマックスや隠れ特性に関しては後述。


【ファンアート】キョダイマックスリザードン

既存組ではここに来て「サンパワーリザードンが覚醒。

キョダイマックス技「キョダイゴクエン」は4ターンの間、ほのおタイプ以外にスリップダメージを与える効果を持つ。

前述の「キョダイヒャッカ」と同様、使用者が場を離れても効果が持続する。

敢えて通常ダイマックス個体を採用し、「ダイジェット」で素早さを上げ、「ダイバーン」で晴れにしてから特性「サンパワー」による超火力で焼き払うという、ともすればメガリザードンYをも凌駕する驚異的な全抜き性能を手にいれた。

具体的にはとくこう最大+「こだわりメガネ」+「だいもんじ」で無振りサザンドラが確1

ダブルではキョダイマックス個体が多く採用され、味方の天候変化を受けて前述の「キョダイゴクエン」をお見舞いする戦法が見られる。


コータスは天候変化要員としての需要が保たれたのみならず、「あくび」がダイマックス対策として見出され、さらに高い物理耐久を活用できる「ボディプレス」も手に入れたことで弱点対策もできるようになった。

さらにヒートロトムわるだくみが追加され、耐性を活かした立ち回りに加え全抜きまで狙えるようになり、大きく使用率を伸ばした。


鎧の孤島

『鎧の孤島』ではファイアロー、ウルガモスが復帰。

DLC配信に前後してポケモンHOMEが解禁され、原種ポニータ系統、原種ダルマッカ系統、ニャビー系統も剣盾に連れて行けるようになった。

新たに追加された教え技は「しっとのほのお」。

そのターンに相手が能力を上げていると、その相手を「やけど」状態にする。

後攻前提での効果になるためか「すばやさ」の低いコータスなどと相性がよい。

地味に相手2匹を対象にするのもポイント。


ガオガエンは一部の技が過去作限定となり、さらに「いかく」メタも増えたことにより以前より動き辛くなった。

しかし「すてゼリフ」を新たに習得し、サポート性能がより強化された。

灰かぶりのエース

そんな中で2020年6月、突如エースバーンの隠れ特性リベロが解禁。

この特性の効果はかの有名な「へんげんじざい」と同じであり、一躍シングルバトルのトップメタに躍り出た

さらに鎧の孤島でキョダイマックスも解禁され、よりその強さに拍車がかかるように。

専用キョダイマックス技の「キョダイカキュウ」は、ほのお技であればどれでも威力160固定かつ特性を貫通するため、突破力が上がった。

これによりリザードン、コータス、ガオガエン、エースバーンの4強状態ができあがり、特にダブルバトルで大活躍を見せた。

だが、シリーズ6でリザードンを除く3匹がシリーズ7まで使用禁止という憂き目にも遭った。ちなみに3匹禁止はくさ、フェアリーと並ぶ最多となる


冠の雪原

『冠の雪原』では御三家のアチャモ系統、原種ファイヤー、エンテイといった伝説組が復帰。

バシャーモはここにきて遂に念願の「インファイト」「とんぼがえり」を習得。

代わりにメガシンカと「とびひざげり」を失ったが、それを補って余りある強化を得た。

エンテイ「しんそく」「フレアドライブ」が全個体に解禁となり、「かみくだく」「てだすけ」などが追加され、さらに隠れ特性「せいしんりょく」の本格解禁かつ「いかく」無効の追加によってダブルバトルの適性が大幅に上昇した。

エースバーンは原種サンダーに立ち位置を奪われたものの、トップメタとしての強さは未だに健在。


対戦では上記の4強に加えてバシャーモ、エンテイを加えた6匹がバトルを席捲している。

また、禁止級が1匹だけ使用可能な竜王戦ルールではホウオウ、レシラムが参加できるようになった。


このように、剣盾でのほのおタイプは2回目の全盛期にあると言える。大不遇時代だった初代からすれば、考えられない大躍進である。


第9世代

テラスタルの導入、変わる世界。

追加は御三家でゴースト複合のラウドボーン、くさ複合のスコヴィラン、分岐進化でエスパー複合のグレンアルマとゴースト複合のソウブレイズ、未来種のテツノドクガ災厄の勾玉イーユイ


SV初期

パラドックスポケモンと準伝説が使用不可能なシリーズ1ではラウドボーンとウルガモスが環境に進出。また、ソウブレイズやグレンアルマが晴れパエースストッパーや「くだけるよろい」エースとして使われた。シリーズ1シングルバトルで使用率ベスト30に入ったのは以上だが、これはテラスタルを切ればどんなポケモンでもほのおタイプに変わることができ、耐性としてのほのおタイプが元々ほのおタイプを持つポケモンがいなくとも用意できるのもある。


パラドックスポケモンが解禁されたシリーズ2においてはテツノドクガがトップメタに立った。攻守ともに優良なタイプ、高火力を活かし、非常に腐りにくい枠となっている。


四災が解禁されたシリーズ3ではイーユイが環境に追加された。イーユイはその火力から多くのポケモンにみずやほのおのテラスタルを搭載することを強要した。


碧の仮面

かまどオーガポンが追加。


かまどオーガポンはそのパワーとスピードで環境の頂点に立ち、多くのポケモンは「如何にかまどオーガポンを上から叩くか」「如何にテラスタルを駆使しつつ読み合いに勝って、かまどオーガポンの攻撃を1耐えするか」という勝負に引きずり込まれることとなった。


藍の円盤

新規では準伝説格の古代パラドックスとしてウガツホムラが参入。また過去のほのお御三家が全系統復帰することとなった。


シングルバトルではウガツホムラ、エンテイがエースとして、ガオガエンがサイクル型、クッションとして使われるに至った。ダブルバトルではいつものごとくガオガエンが最上級のサポーターとして最前線に君臨し、エンテイが「せいなるほのお」と「しんそく」を武器にエースとして利用されるように。


ポケモンGO

攻撃性能が高く、耐久力の低めなポケモンが多いため、主な活躍の場はレイドバトル

優秀なゲージ技であるブラストバーンを得た炎御三家達や、攻撃種族値の高いファイヤーエンテイシャンデラなどがよく利用されている。


トレーナーバトルにおいては、対人戦に向かない種族値配分のポケモンが多いのに加えて、どのリーグ区分においてもみずタイプ・ドラゴンタイプの使用率が高いため活躍は難しい。


炎御三家一覧

マジコスRED


ほのおタイプポケモンの主な使い手

比較的男性の比率が高く、赤い髪や服を着用している人物が多く、肌の露出が多く動きやすい服装をしているトレーナーが多い。

トレーナー自らもポケモン勝負中に熱い感情を持っている人物が多い。


その他のタイプ


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモンのタイプ一覧 ポケモン技絵

RGBP GSC RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンBW2 ポケモンXY ORAS ポケモンSM ポケモンUSUM LPLE ポケモン剣盾 BDSP LEGENDSアルセウス ポケモンSV


ひふきやろう かじばどろぼう キャンプファイヤー

火属性

関連記事

親記事

ポケモンのタイプ一覧 ぽけもんのたいぷいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2599554

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました