ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブレイズ種

ぶれいずしゅ

ポケットモンスターシリーズに登場するポケモン、ケンタロス(パルデアのすがた)の希少種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0128
パルデア図鑑No.223
ブルーベリー図鑑No.022
分類あばれうしポケモン
タイプかくとう/ほのお
高さ1.4m
重さ85.0kg
特性1いかく:場に出した時、一部の特性を除く相手全体の攻撃を1段階下げる。手持ちの一番上に入れると、レベルの低い野生ポケモンが出にくくなる。第7世代のみ野生のポケモンが仲間を呼びやすくなる
特性2いかりのつぼ:相手の攻撃が急所に当たった場合、攻撃力が最大まで上がる
隠れ特性はんすう:きのみを消費した次のターンの終了時に、同じ効果がもう1回発動する
おとしものケンタロスのけ

概要

パルデア地方に生息するケンタロスには、一般的なコンバット種の他に、2種類の希少種が存在し、ブレイズ種はそのうちのひとつ。


炎エネルギーでツノを熱し、そのツノで突き刺された敵は火傷に苦しむという。また炎エネルギーにより鼻息も高温になっているため、ブレイズ種と名付けられた。

3本の尻尾は束ねられている。


ゲームでの特徴

  • スカーレットver限定種ではあるのだが、コンバット種とは異なり出現率が低い為、クリア後までに気づかなかったプレイヤーも多かったのではないだろうか?

  • なお、(こちらも多少の運が絡むが、)★5および★6のテラレイドバトルでもボスとして出現することがあるので、そちらを狙ってみるのも手(ちなみに、これはウォーター種にも言える)。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
パルデア種751101053070100490
原種75100954070110490
比較±0+10+10-10±0-10±0

  • 種族値は原種から素早さが下がった代りに攻撃と防御が上がっている(ほぼ意味はないが特攻も低下)。姿ごとに種族値の差はない。
  • 新規獲得の専用技としてレイジングブルが存在する。「かわらわり」と同じ効果を持つ他、使うケンタロスの姿によってタイプが変わる攻撃技となっている。

  • ブレイズ種はあまごい以外の水タイプの技(原種が使えたなみのり)を覚えないが、ほのおタイプの技を多く覚えるのが特徴。また、原種と違い、いずれの種もこおりタイプの技を覚えない。

  • ウォーター種が覚えるみずタイプ技の習得枠がほのおタイプに切り替わっており、フレアドライブなどを習得できる。ウォーター種と違って先制技を覚えられないのは痛いが、ニトロチャージで攻撃しながら素早さを上げられるという強みがある。ほのおタイプ故に、物理アタッカーには痛い火傷状態を無効に出来る点も嬉しい。



  • シーズン15現在では、前述のおにびやがんせきふうじを活用した物理受け型に加え、役割論理仕様のヤンタロス型の2つが主流。

攻撃種族値こそ110と平凡なものの、炎と格闘両方で威力120の一致技を習得できるため火力はヤケモン基準でも高い部類。パオジアンやかまどのめんオーガポンといった強力な物理アタッカーに役割を持てることもあり、論者からの人気は非常に高い。


  • 特性はんすうが複数回発動するバグが発生していたシーズン4~5においては、オボンのみで回復しつつ、ビルドアップで要塞化する型も見られたが、バグが修正されたシーズン6以降においては成立しなくなっている。

使用トレーナー

ウォーター種も使用。クリア後におけるバトルで2種の存在に気づいた人も多いだろう。


アニメ版

アニポケリコとロイの旅シリーズ


関連イラスト

59/400+1 ケンタロス(パルデアのすがた) 「水と炎」1月ツイログ


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV

ポケモン一覧 リージョンフォーム パルデアのすがた

かくとうタイプ ほのおタイプ


0127.カイロス/メガカイロス0128.ケンタロス/パルデアのすがた(コンバット種/ブレイズ種/ウォーター種)→0129.コイキング


同複合タイプ


関連ポケモン等


.

関連記事

親記事

パルデアケンタロス ぱるであけんたろす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9144

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました