ピクシブ百科事典

ゴウカザル

ごうかざる

ゴウカザルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。 
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.392
ぶんるい かえんポケモン
タイプ ほのお / かくとう
たかさ 1.2m
おもさ 55.0kg
とくせい もうか / てつのこぶし(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Infernape
イタリア語Infernape
スペイン語Infernape
フランス語Simiabraz
ドイツ語 Panferno


進化

ヒコザルモウカザル(Lv.14) → ゴウカザル(Lv.36)



容姿

をモチーフとしたポケモン。進化前のモウカザルより大きくなっている。
尻尾の先にあったは消えて、代わりに頭から大きな炎が噴出する様になった。

全体的に『西遊記』の孫悟空の様なデザインをしており、胴に巻いてある装飾は、"緊箍児(きんこじ)"と呼ばれる孫悟空の頭にはめられた金の輪のようになっている。

その容姿や対戦での性能から人気の高いポケモンである。

概要

『ポケットモンスターダイヤモンド・パール(第4世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は恐らく「ゴウカ(業火、豪華、劫火)+ザル()」だろうか。
モウカザルレベル36以上になると進化する。ゲーム開始時に手に入るほのおタイプのポケモンの最終形態。
シンオウ地方の四天王であるオーバも使用するポケモン。

頭の炎のような激しい気性の持ち主で、頭の炎は一生消える事は無い。俊敏さに長けており、その身のこなしで相手を翻弄する。また、闘うスタイルも変わっており、両手両足に炎をまとい、それを利用した独特の格闘技を駆使して闘う。

今まで出てきたゲーム開始時に貰える御三家の中でも非常に扱いやすく、シナリオでも対戦でも頼りになる1体である。
ゴウカザルの登場で立ち位置を失いかけたポケモン数知れずで、第4世代を象徴するポケモンとも言える。

ゲーム上での特徴

大変均整の取れたステータスを持っている。特に「こうげき」・「とくこう」・「すばやさ」の3点が優れている。
特に「すばやさ」においては、登場時点でほのおタイプ・かくとうタイプ両方で最速であった。
第6世代ではほのお最速をファイアローに、かくとう最速をルチャブルに明け渡しているが、2世代にわたって2タイプ同時に最速を維持していたのは特筆すべき点の1つである。

覚える技も多彩で、攻撃技では物理にインファイト」、「フレアドライブ」、「ストーンエッジ」、「じしん」、「とんぼがえり」、「ダストシュート」、「かみなりパンチ」、「マッハパンチ
特殊にオーバーヒート」、「だいもんじ」、「きあいだま」、「しんくうは」、「くさむすびなどを揃える。
補助技、変化技ではねこだまし」、「フェイント」、「アンコール」、「ちょうはつ」、「ねこのて」、「ファストガード」、「ステルスロック」、「おにび」、「つるぎのまい」、「わるだくみ」、「なまけるなど、多過ぎて困るほど。

耐久は「インファイト」や「フレアドライブ」などのせいで一見低く思われがちだが実際は中程度なので、持久戦も存外できてしまったりする。
「おにび」や「なまける」などで粘ってみせたら相手は虚を突かれること間違いなし。
持ち物はやや火力不足な面を補える「いのちのたま」や耐久を補える「きあいのタスキ」との相性がよい。

このように、優秀なステータスや多彩な技を活かし、どのような戦術でもこなしてしまう恐るべき器用さを誇るポケモンである。
物理か、特殊か、はたまた二刀アタッカーのどれなのか見分けるのが非常に困難である。その為「存在が役割破壊」という異名までついたことがある。

……とはいえ、周りの火力が上昇するにつれて、元々高いとは言っても中程度だった「こうげき」「とくこう」が災いし、XY以降はやや鳴りを潜めている。
ほのおタイプにも強力なライバルが続出し、それらに二歩三歩劣ってしまうことも。
それでもシングルでは「ステルスロック」撒き役として、ダブルでは高速「ねこだまし」役として一定の需要がある為、まだまだ十分戦えた………第6世代までは。

隠れ特性は「てつのこぶし」。
パンチ技の威力が上がるが、ゴウカザルが持つパンチ技は「マッハパンチ」「ほのおのパンチ」「かみなりパンチ」「きあいパンチ」くらいしかない。
活用するとすれば「みがわり」「アンコール」と組み合わせて無理矢理「きあいパンチ」を当てる戦術だろうか。

とは言え、メガバシャーモの登場で最近は使用頻度が低下している。
あちらはすばやさが上がっていくのに対してこちらは上がらないことも一因であろう。

第7世代では

第7世代では威嚇してくる虎の登場により、ダブルでの立場を失ってしまう。
更にはメガシンカの仕様変更によって前は先手を取れていたあんな奴こんな奴にまでも抜かれてしまった。
他にも強力なフェアリーや、ゴウカザルが苦手なポケモンの増加によって使用率が下がっている。

登場当時は多くのポケモンの立場を失わせていたこのポケモンが、自分も同じ目に遭うとは思いもしなかっただろう…

アニメのゴウカザル

サトシのゴウカザル

FRIEND


CV: うえだゆうじ

元はシンジからサトシの手に渡ったヒコザル
DP編132話でモウカザルに進化し、同163話にて「もうかを超える炎」をコントロールできるようになったことで最終進化を果たした。

ゴウカザルになって以降はサトシのエースとして(チートとも言われている)活躍するようになる。特に、シンオウリーグにおけるシンジのエレキブルとの最後の一騎打ちは、DP編のみならずアニメシリーズ屈指の名バトルと言えるだろう。

元々スレンダーで均整の取れた人間体型をしている上に、逆境に際して力を解放する・光のオーラを纏って格闘するなど、その姿は最早ポケモン以外の別のバトルアニメのヒーローといってもいいようなものに。
その熱さとシルエットの類似からか、「スクライド」のカズマ最終形態を連想する人もいるとかいないとか。

使用技は「かえんほうしゃ」「あなをほる」「マッハパンチ」「フレアドライブ」。

主な使用トレーナー


関連イラスト

【ポケモン】ねこのて!
ゴウカザル様


いけ!ゴウカザル!
ゴウカザル



関連タグ 

ダキム・・・外見繋がり
シンオウ御三家
ポケモン一覧 DPt

他のシンオウ御三家の最終形態


他の地方のほのおタイプ御三家の最終進化系

猿系のポケモン仲間
マンキー オコリザル
エイパム エテボース
ヤナップ ヤナッキー
バオップ バオッキー
ヒヤップ ヒヤッキー
ナゲツケサル ヤレユータン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴウカザル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2849920

コメント