ピクシブ百科事典

ゴウカザル

ごうかざる

ゴウカザルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。 
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.392
ぶんるいかえんポケモン
タイプほのお / かくとう
たかさ1.2m
おもさ55.0kg
とくせいもうか / てつのこぶし(隠れ特性)


他言語版の名称

英語Infernape
イタリア語Infernape
スペイン語Infernape
フランス語Simiabraz
ドイツ語 Panferno


進化

猿山


ヒコザルモウカザル(Lv.14) → ゴウカザル(Lv.36)

概要

ポケットモンスターダイヤモンド・パール』(第4世代)に初登場した、ヒコザル系の最終形態。
名前の由来は恐らく「ゴウカ(業火、豪華、劫火)+ザル()」だろうか。

モウカザルまでと比べると、各部の体毛が白を基調としたものへと変わり、体格も人間に近いすらりとしたものへと成長している。また尻尾の先にあったは消えて、代わりに頭から大きな炎が噴出する様になり、この炎は一生消える事は無いという。

全体的に『西遊記』の孫悟空の様なデザインをしており、胴に巻いてある装飾は、"緊箍児(きんこじ)"と呼ばれる孫悟空の頭にはめられた金の輪のようになっている。

火焔のような激しい気性の持ち主で、俊敏さに長けており、その身のこなしで相手を翻弄する。
また、戦闘スタイルも変わっており、両手両足に炎をまとい、それを利用した独特の格闘技を駆使して暴れ回る。


今まで出てきたゲーム開始時に貰える御三家の中でも非常に扱いやすく、シナリオでも対戦でも非常に頼りになった人気の高いポケモン。
第四世代ではゴウカザルの登場で立ち位置を失いかけた者も数知れずで、第4世代を象徴するポケモンとも言える。

ゲーム上での特徴

大変均整の取れたステータスを持っている。特に「こうげき」・「とくこう」・「すばやさ」の3点が優れている。
特に「すばやさ」においては、登場時点でほのおタイプ・かくとうタイプ両方で最速であった。
第6世代ではほのお最速をファイアローに、かくとう最速をルチャブルに明け渡しているが、2世代にわたって2タイプ同時に最速を維持していたのは特筆すべき点の1つである。

覚える技も多彩で、攻撃技では物理に「インファイト」「フレアドライブ」「ストーンエッジ」「じしん」「とんぼがえり」「ダストシュート」「かみなりパンチ」「マッハパンチ」。
特殊に「オーバーヒート」「だいもんじ」「きあいだま」「しんくうは」「くさむすび」などを揃える。

補助技、変化技では「ねこだまし」「フェイント」「アンコール」「ちょうはつ」「ねこのて」「ファストガード」「ステルスロック」「おにび」「つるぎのまい」「わるだくみ」「なまける」など、多過ぎて困るほど。


耐久は「インファイト」や「フレアドライブ」の影響で一見低く思われがちだが、実際は中程度なので、持久戦も存外できてしまったりする。
「おにび」や「なまける」などで粘ってみせたら相手は虚を突かれること間違いなし。
持ち物はやや火力不足な面を補える「いのちのたま」や、耐久を補える「きあいのタスキ」との相性がよい。

このように、優秀なステータスや多彩な技を活かし、どのような戦術でもこなしてしまう恐るべき器用さを誇るポケモンである。
物理か、特殊か、はたまた二刀アタッカーのどれなのか見分けるのが非常に困難である。その為「存在が役割破壊」という異名までついたことがある。


……とはいえ、周りの火力が上昇するにつれて、元々高いとは言っても中程度だった「こうげき」「とくこう」が災いし、XY以降はやや鳴りを潜めている。
ほのおタイプにも強力なライバルが続出し、それらに二歩三歩劣ってしまうことも。
それでもシングルでは「ステルスロック」撒き役として、ダブルでは高速「ねこだまし」役として一定の需要がある為、まだまだ十分戦えた………第6世代までは。

隠れ特性は「てつのこぶし」。
パンチ技の威力が上がるが、ゴウカザルが持つパンチ技は「マッハパンチ」「ほのおのパンチ」「かみなりパンチ」「きあいパンチ」くらいしかない。
活用するとすれば「みがわり」「アンコール」と組み合わせて無理矢理「きあいパンチ」を当てる戦術だろうか。

とは言え、メガバシャーモの登場で最近は使用頻度が低下している。
あちらはすばやさが上がっていくのに対してこちらは上がらないことも一因であろう。

第7世代では

第7世代では威嚇してくる炎の虎の登場により、ダブルでの立場を失ってしまう。
更にはメガシンカの仕様変更によって前は先手を取れていたあんな奴こんな奴にまでも抜かれてしまった。
他にも強力なフェアリーや、ゴウカザルが苦手なポケモンの増加によって使用率が下がっている。

登場当時は多くのポケモンの立場を失わせていたこのポケモンが、自分も同じ目に遭うとは思いもしなかっただろう…

ポケモンGOのゴウカザル

やっと揃った北国御三家


シンオウ組の追加と共に実装された。
ほのお御三家の中では比較的出現率が高め(ヒトカゲヒノアラシはもちろん、アチャモよりも高い)であり、運がよければ巣に行かなくとも一日に数匹出会えることも珍しくない(ただし、捕獲率は他の御三家同様低めなので注意)。そのため、アメ集めの難易度は低め。

何かと比較されることの多いバシャーモがほのお・かくとうの両方で優れた働きを見せていたため、このゴウカザルも同じくほのお御三家のエースとして大活躍してくれるのではないか……と期待していたプレイヤーも多かったことだろう。

だが、いざ蓋を開けてみると全然そんなことはなかった

まず、原作のステータスを概ね引き継いだためにバシャーモよりも攻撃力が低い
原作では攻撃力の低さを素早さの高さで補うことで何とか戦えていたのだが、生憎本作では素早さのシステムそのものが存在しない(CP値を算出する際に原作のすばやさの種族値が多少は加味されるようだが、正直殆ど気にならないレベル)というのも致命的であった。

さらに、覚えられる技が貧弱そのもの
通常技は「いわくだき」と「ほのおのうず」となっている。
このうち「ほのおのうず」は問題ない性能なのだが「いわくだき」はDPS、EPS共に「カウンター」に大きく引けを取る技でありこの時点でかくとうタイプとしての役割は全うできないといってもいい

ゲージ技に関しても問題があり、威力70の1/2ゲージ技「かえんほうしゃ」、威力100のフルゲージ技「インファイト」、威力180のフルゲージ技「ソーラービーム」(不一致)となっている。
……見てわかるように、どういうわけか、中途半端な威力の技しか覚えてくれない
ほのお最終進化系の十八番である「オーバーヒート」は勿論、かくとう最強のフルゲージ技である「きあいだま」も覚えられない。

身も蓋もない言い方をしてしまえば、完全に劣化バシャーモである。
当然ながらジムの防衛やレイド等でもゴウカザルが使われることはまずない。普通にバシャーモを育てて運用した方がずっと火力が出るからである。

原作でもここ最近は不遇な扱いを受けていたゴウカザルだが、まさか外伝作品でもその流れを引き継ぐことになってしまおうとは…。

アニメのゴウカザル

サトシのゴウカザル

FRIEND


CV: うえだゆうじ

元はシンジからサトシの手に渡ったヒコザル。
DP編132話でモウカザルに進化し、同163話にて「もうかを超える炎」をコントロールできるようになったことで最終進化を果たした。

ゴウカザルになって以降はサトシのエースとして(チートとも言われている)活躍するようになる。特に、シンオウリーグにおけるシンジのエレキブルとの最後の一騎打ちは、DP編のみならずアニポケシリーズ屈指の名バトルと言えるだろう。

元々スレンダーで均整の取れた人間体型をしている上に、逆境に際して力を解放する・光のオーラを纏って格闘するなど、その姿は最早ポケモン以外の別のバトルアニメのヒーローといってもいいようなものに。
その熱さとシルエットの類似からか、「スクライド」のカズマ最終形態を連想する人もいるとかいないとか。

使用技は「かえんほうしゃ」「あなをほる」「マッハパンチ」「フレアドライブ」。

主な使用トレーナー


関連イラスト

【ポケモン】ねこのて!
ゴウカザル様


いけ!ゴウカザル!
ゴウカザル



関連タグ 

ポケモン一覧 DPt ほのおタイプ かくとうタイプ 孫悟空

他のシンオウ御三家の最終形態


他の地方のほのおタイプ御三家の最終進化系

関連記事

親記事

モウカザル もうかざる

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴウカザル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3089829

コメント