ピクシブ百科事典

かそく

かそく

かそくとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

お前に足りないものは、それは!情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!そして何よりも――――――――――速さが足りない!!

データ

初出第3世代
効果ターン終了毎に自分の「すばやさ」が1段階上がる。
英語名Speed Boost

概要

第3世代から登場した特性。
ターン終了毎に自分の「すばやさ」が1段階上がるという、特性の中でもトップクラスに有用性の高い技。
通常特性でテッカニンヤンヤンマ系統、隠れ特性でアチャモ系統・キバニア系統・フシデ系統(第6世代~)メガシンカでメガバシャーモが所有する。

ポケモンバトルでの素早さは1違うだけでも先攻・後攻が決まってしまう為、その素早さがリスク無しで上昇していく点で非常に有用。
登場して積み技が決まってしまえば次のターンから一気に無双体制に入る。先制技でもない限りまず先手を取られない。
が、この特性の習得者は元が素早いポケモンが多いのが気になる点。
最終進化形だけ見ても一番遅いバシャーモですら素早さ種族値は80。テッカニンに至っては160もある為、無計画にただ素早さを上げるだけでは素早さ過多になりがち。
まあ最近はとある奴のせいで100でも遅いと言われていはするが。

テッカニン・アチャモ系統・フシデ系統は「バトンタッチ」や優秀な積み技を習得できるので、他のポケモンに引き継ぐ戦法も取れる。
自身で素早さを上げすぎて腐ってしまうならば、他のポケモンに活かしてもらうことができる。特にテッカニンは攻撃能力がそこまで高くないことから、登場時からこちらの戦術の方が主流。
サメハダーは第6世代でメガシンカを獲得した為、任意のタイミングでかそくを切ってメガシンカすることで活かせる。
唯一どちらも出来ないメガヤンマは自力で活かすしかない。

欠点は素早さが上がる以上、相手より遅いことで効果を発揮する技や特性に弱いということ。
特に「かそく」を積むごとに威力を上げられてしまう「ジャイロボール」や、遅い事が利点になる「トリックルーム」等は天敵。
また、低耐久やひこう弱点のポケモンが多いので、「すばやさ」に関係なく先制でブレイブバードをぶち込んでくる「ファイアロー」の存在にも警戒した方が良いだろう。

関連イラスト

タクシー
サメハダー


関連タグ

特性 隠れ特性 加速 加速装置 アクセル ストレイト・クーガー

pixivに投稿された作品 pixivで「かそく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98750

コメント