ピクシブ百科事典

レジエレキ

れじえれき

『ポケットモンスターソード・シールド』に登場する伝説のポケモン。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん???
ぶんるいエレクトロンポケモン
タイプでんき
たかさ1.2m
おもさ145.0kg
とくせいトランジスタ


概要

ポケットモンスターソード・シールドにて新たに登場した伝説のポケモン
所謂レジ系に分類されるポケモンの1つと思われる。

電球の様なシルエットを持つその体は、殆どが電気エネルギーで構成されており、自身も電子を吸収して生きている。
そのためか、でんきタイプのポケモン随一の威力ででんき技を放つことが出来るとされ、枝分かれしたヒラヒラの腕の内側には、光る大量の電気エネルギーが溜まっている。

体には電気を通さない特殊な器具のようなものが取り付けられており、恐らく各部を縛る青いバンドがそれだろう。
この器具は、レジエレキが撒き散らす雷電に苦しめられていた古代の人々が、その力を制限するために施した物ではないかという説が出ている。

そんな全身から放つ専用技サンダープリズンは、高い威力に加え、相手に場への拘束とスリップダメージを与えるという、「マグマストーム」のでんき版とも言うべき技となっている。

なお、レジギガス以外のレジ系で一番でかいレジドラゴとは対照的に、レジ系の中で最も小さい。
今までのでんきタイプ準伝説ポケモンはどれも対戦環境に名前を残しているが、レジエレキは果たして…?

関連タグ

ポケモン剣盾 伝説ポケモン でんきタイプ

レジ系 レジドラゴ レジギガス
レジロック レジアイス レジスチル

関連記事

親記事

レジ系 れじけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レジエレキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64879

コメント