ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

「じじ じじじ」

基礎データ

全国図鑑No.0894
カンムリ雪原図鑑No.200
ぶんるいエレクトロンポケモン
タイプでんき
たかさ1.2m
おもさ145.0kg
とくせいトランジスタ
タマゴグループタマゴみはっけん


概要

剣盾』のDLC第2弾「冠の雪原」で新たに登場した伝説のポケモンで、所謂レジ系に分類される。

電球の様なシルエットを持つその体は、殆どが電気エネルギーで構成されており、自身も電子を吸収して生きている。
そのためか、でんきタイプのポケモン随一の威力で電気技を放つことが出来るとされ、枝分かれしたヒラヒラの腕の内側には、光る大量の電気エネルギーが溜まっている。

体には電気を通さない特殊な器具のようなものが取り付けられており、恐らく各部を縛る青いバンドがそれだろう。この器具は、レジエレキが撒き散らす雷電に苦しめられていた古代の人々が、その力を制限するために施した物ではないかという説が出ている。

なお、レジギガス以外のレジ系で一番でかいレジドラゴとは対照的に、レジ系の中で最も小さい。バトルモーションでも小さな足でぴょんぴょん飛び跳ねており、どことなく無邪気な子供じみた印象を与えている。

入手方法

剣盾DLC「冠の雪原」

  • カンムリ雪原」の「三つまたヶ原」に存在する「定めの遺跡」にて、レジドラゴと共に眠りについている。 遺跡の扉を開けるには、まず他の遺跡でレジロックレジアイスレジスチルを全て捕獲し、次にレジロック・レジアイス・レジスチルを手持ちに加えた状態で、扉を調べる必要がある。
  • 最後に遺跡内部の床にあるスイッチを、レジエレキの顔の点字の形と同じになるように踏んで光らせ、石像を調べると戦える。 ただし、1度戦うとスイッチが固定化されてしまう都合上、同じロムではレジエレキしか入手できなくなる。1度戦うまではスイッチは固定化されないので、捕獲する前によく考えよう。
  • ちなみに、捕獲するまでは倒しても逃げてもスイッチを光らせるたびに復活するので、色違いを厳選する場合は覚えておこう。


性能

HABCDST
レジエレキ801005010050200580
レジドラゴ200100501005080580
マルマイン6050708080150490

特筆すべきは素早さ200という脅威的な種族値配分。
過去最速のデオキシス(スピードフォルム)すらも超え、全ポケモン中最速の地位に躍り出た。ちなみにこのポケモンの登場で、でんきタイプ全体の素早さ平均が3も上がり、全タイプ最速のタイプとなった。他の能力はレジドラゴ同様に火力が並程度あり、耐久はレジ系では初の100未満であり、しかも、一般的に見てもかなり低い。
素早さ無振りでも実数値220と最速ドラパルトより速く、素早さを1段階上げたギャラドスまでなら抜けてしまう。準速なら1舞ボーマンダ、最速なら雨下キングドラより速い。
逆に言えば、「トリックルーム」下では最も遅いポケモンとなってしまうため、トリパは要警戒。

特性トランジスタはでんきタイプの技を放つ時こうげき・とくこうが1.5倍になるという、シンプルながらも強力なもので、「10まんボルト」の火力は『サン・ムーン』時代のカプ・コケコを僅かに上回る。「ダイサンダー」なら言わずもがな。

強化された「ボルトチェンジ」は耐性の無い相手には非常に厄介なものであるため、パーティにいるだけでもゾロアークのように相手の選出を縛ることが出来るだろう。

専用技サンダープリズンは、相手にバインド効果とスリップダメージを与える。
耐久が不得手なレジエレキとの相性は悪く、普通に殴るだけなら「10まんボルト」「ワイルドボルト」の方が威力・命中共に安定している。

総じて誰にも先制を許さない素早さと、そこから放つ強力無比な電気技でガンガン圧力をかけていくという、明確な強みと運用法を持つポケモン。

その反面、習得技の範囲が電気・ノーマル・飛行・「ダメおし」「げんしのちから」のみと非常に狭く、使い勝手の良いサブウェポンを全く覚えないという明確な弱点も備えている。
その為、電気技が効く相手には滅法強いが、逆にじめんタイプを始めとした電気が通じない相手には非常に弱いという、かつてない程に役割が明確化したポケモンでもある。

運用としてはでんきの超火力を活かしたアタッカーや、「リフレクター」や「ひかりのかべ」を貼り、「でんじは」や「かいでんぱ」を撒きつつ「ボルトチェンジ」で交代する起点作り型などがある。ダブルバトルにおいては「エレキネット」で相手の機動力を下げつつ場を展開するサポート運用が非常に強力。
シンプルゆえに型は読まれやすいが、素早さ200というロマン故にこちらを捕獲するプレイヤーが(今のところ)多い。

無題


当然、こだわりスカーフを持たせた最速型も存在する(ネタに見えるが相手のスカーフ持ち及びタイプ一致ダイジェッターに対しての牽制になる為、有効な戦略である)。

また、ダブルバトルではいたずらごころ持ちのポケモンを横に据え、すりかえねらいのまとを相手のじめんタイプに押し付けたうえで強行突破するという荒業も編み出されている。
あくタイプ併用でいたずらごころ持ちの変化技が通用しないワルビアルや、ドラゴンタイプ併用のせいで半減で受けてくるガブリアスの存在が重い(ただ、かみなりやダイサンダーであれば消し飛ばす事も可能)が、ひこうタイプ併用のランドロスに刺さるのは大きい。
シングルでもレジエレキに化けたゾロアークじめんタイプを呼び、そのままトリックをして本物に繋ぐという戦法も可能。

使用率はシングルでは30位以内、ダブルに至っては1位経験有りという目覚ましい戦績を残した。当然、シングル、ダブル双方共にレジ系ダントツである。
でんきタイプ準伝説は強い」という事を、このポケモンも例外なく証明したと言える。

当初は特殊型が大半であったが、禁級伝シングルでは次第に「とつげきチョッキ」持ちや特殊耐久ベースのポケモンに強い「ワイルドボルト」「ダメおし」両刀型も登場し、環境がさらに進むと物理一刀型も珍しくなくなった。

幻有のレギュレーションとなるシリーズ13環境でも、史上全盛となる「でんじは」環境とある中での「でんじは」無効アタッカーということでそこそこ善戦。このレギュレーションにおいてスイ-パーとして活躍していた最速「こだわりスカーフビクティニの素早さ実数値250を、準速レジエレキが252と抜けていたのも大きい。

第9世代

ポケモンホーム連携と共に解禁。素早さラインは剣盾と変わらず1位をキープしている。

前世代(特にダブル)で暴れ回ったせいか、トランジスタの倍率が1.5倍から1.3倍へと低下してしまった。
相方りゅうのあぎとは1.5倍のまま変わっていない為、完全にレジエレキピンポイントの調整である。
案外想定される影響は大きく、トップメタのパオジアン等は以前なら「10まんボルト」で確定1発だったところ、強化1.3倍になったことで確定2発になってしまっている。
レジエレキは耐久を犠牲にしているポケモンなので、一発で倒し切れる相手が減少するというのはかなり手痛い。

また、ただでさえ狭いサブウェポンから「ダメおし」と「とびはねる」が消えた為、サブウェポンはノーマル技と「げんしのちから」と「アクロバット」のみと言う酷い有様にまで陥ってしまった。
一方、テラスタルの存在は追い風であり「テラバースト」を活かす事で技範囲を改善する事が出来るようになった。元々耐久に期待できないポケモンである為、耐性劣悪なこおりタイプになっても問題なく立ち回れる。

しかし、そうなるとテラスタルをレジエレキで切る事が大前提になってしまうのが悩み。
その上でこの酷い攻撃技バリエーションである為、テラスタルを切れない場合は基本的には不利対面になった時点で詰む
特にコイツら相手には言葉通り何もできない。ハガネールドリュウズがいないのは幸か不幸か……。

一応起点作りも得意なため、テラスタルを切らないなら基本は場作り要員になるだろうか。

得たものに対して失ったものの方が大きく、剣盾時代と比較して採用率は下がった。
剣盾と違って高速大前提の環境でもなくなったのも大きいか。


また、svでは、レッツゴーという新機能があり、ポケモンがフィールド上を動き回る姿を見ることが出来る。そのため、ポケモン界最速であるレジエレキの移動速度はさぞ速いのだろう...と思いきや、その移動方法は地面を跳ねながら移動している上、到底期待の持てる速さではなかったため、残念に思うトレーナーも一部には存在する。
まぁ、剣盾の頃に連れ歩きをしていたトレーナーからすれば、なんとなくわかってはいたが...

使用トレーナー

アニメ版


ポケモンGO

2023年の4/9にエピックレイドとして実装され、以降通常のレイドバトルにも登場している。

同作では素早さの種族値が攻撃と防御の補正値に変換され、一般的に素早さが最も高いポケモン、両刀型の種族値のポケモンはこの時点で種族値が低くなってしまう傾向があるが、レジエレキは素早さが異常に高いため攻撃種族値は250とまだ使えるレベルには達している。但し、デンジュモクゼクロムには全て負けている
レイドバトルに於いてアタッカーとして活躍するには当然攻撃種族値の高いポケモンで戦うことになるため上述の理由で採用されることは少ない。一方、種族値の低いポケモンはトレーナーバトルのCP制限のあるリーグで採用されやすい。採用の基準として防御・HPが高い種族、攻撃が高くても通常技の威力が大きい種族といった傾向にある。レジエレキはこの基準に微塵も釣り合っていない
また、威力の高いゲージ技を撃つためには通常技を撃つことによるチャージが必要だが、これに関してもチャージ力の高い「ロックオン」を覚えているためゲージ技を速いスパンで繰り出せる。ゲージ技は「かみなり」「でんじほう」「はかいこうせん」と全てフルゲージであるものの、前述のおかげで使いにくさは解消している。但し、原作で鈍足だったレジロックレジアイスレジスチルも覚える

このように、レジエレキは強いには強いが、他のポケモンと比較されるとどうも微妙な立ち位置になってしまうのが現状。2023年秋に「ボルトチェンジ」を覚えたが、微妙さは増すばかりである。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

ゴウのレジエレキ

  • 新無印113話で野生の個体として初登場。プロジェクト・ミュウにおける最後のトライアルミッションの一つとして捕獲を課せられたゴウ達と対決。
  • 先手で出したゴウのフライゴンの前では、相性の不利関係無く伝説に相応しい強さで追い詰めたが、最後はゴウのエースバーンシゲルカメックスの連携プレーを前に敗れ、ゴウに捕獲された。捕獲後はそのままゴウのポケモンとなっており、準伝説系としてはスイクンに次ぐ二匹目となる。
  • 新無印本編においては、ゴウが最後にゲットしたポケモンでもある(最終話でもポケモンゲットの描写があるが、何のポケモンか映されていない)。
  • 136話でも少しだけ登場し、OPにも登場している。
  • なお、原作では片方しか入手出来ないのだが、アニメでは2人でそれぞれ同時にスイッチ操作をしたことでレジドラゴと共に出現している。


関連イラスト

雷霆
レジエレキちゃん⚡️


似てる
レジエレキ



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン 冠の雪原
ポケモン一覧 伝説ポケモン  でんきタイプ
この世で一番速いヤツ

0893.ザルード0894.レジエレキ→0895.レジドラゴ 

レジ系

レジロック レジアイス レジスチル 
レジギガス レジエレキ レジドラゴ 

準伝説

世代グループポケモン
第1世代三鳥フリーザー/サンダー/ファイヤー
第2世代三犬ライコウ/エンテイ/スイクン
第3世代レジ系レジロック/レジアイス/レジスチル
ラティ兄妹ラティアス(メガラティアス)/ラティオス(メガラティオス)
第4世代UMAトリオユクシー/エムリット/アグノム
ヒードランレジギガスクレセリア
第5世代聖剣士コバルオン/テラキオン/ビリジオン
四神/コピペロストルネロス(けしん/れいじゅう)/ボルトロス(けしん/れいじゅう)/ランドロス(けしん/れいじゅう)
第6世代--
第7世代タイプ:ヌルシルヴァディ
カプ神カプ・コケコ/カプ・テテフ/カプ・ブルル/カプ・レヒレ
ウルトラビーストウツロイド/マッシブーン/フェローチェ/デンジュモク/テッカグヤ/カミツルギ/アクジキング/ベベノムアーゴヨン/ツンデツンデ/ズガドーン
第8世代ガラル三鳥ガラルフリーザー/ガラルサンダー/ガラルファイヤー
ダクマウーラオス(いちげきのかた)(れんげきのかた)→キョダイマックスウーラオス(いちげきのかた)/れんげきのかた
レジ系レジエレキ/レジドラゴ
ポス馬ブリザポス/レイスポス
四神ラブトロス(けしん/れいじゅう)
第9世代四災/災厄ポケモンチオンジェン/パオジアン/ディンルー/イーユイ
ともっこさまイイネイヌ/マシマシラ/キチキギス
オーガポン(みどりのめん/かまどのめん/いどのめん/いしずえのめん)

関連記事

親記事

レジ系 れじけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1347647

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました