ピクシブ百科事典

キングドラ

きんぐどら

キングドラとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.230
英語名 Kingdra
ぶんるいドラゴンポケモン
タイプ みず / ドラゴン
たかさ 1.8m
おもさ 152.0kg
とくせいすいすい/スナイパー/しめりけ隠れ特性


※すいすい: 天気が「あめが ふりつづいている」状態のとき、すばやさが2倍になる。
※スナイパー: わざが相手の急所に当たった時、ダメージが2.25倍になる。(第6世代)
※しめりけ:全員「じばく」「だいばくはつ」「ビックリヘッド」「ミストバースト」が使えなくなる。特性ゆうばく」も発動しない。

進化

タッツー進化系


タッツー → (Lv.32)シードラ → (りゅうのウロコを持たせて通信交換)キングドラ

概要

ポケットモンスター金銀』から追加された、シードラの進化系。
従来のみずタイプに加え新たにドラゴンタイプを得た事で、名実共に「ドラゴンポケモン」への成長を果たした。

タツノオトシゴ(もしくはシードラゴン)をモチーフとしている点は進化前と同じだが、シードラに存在した全身の毒トゲは紐状のヒレに再度変化し、それに伴って特性もタッツー時代のものに戻っている。

体躯は1.8mとドラゴンタイプの中では平均的だが、あくびで船を飲み込むほどの激しい渦潮を発生させてしまう強大な能力を秘めている。
普段は力を蓄えるために他の生物が棲まない深海の海底洞窟で眠っているが、台風が接近すると目を覚まし、獲物を探しにうろつくという。

また、同じドラゴンポケモンであるカイリューとはライバルの関係にあるらしく、お互いが出会う事は戦いが始まる合図なのだとか。

進化方法がりゅうのウロコを持たせて通信交換する事だが、キングドラの鱗は王族に献上されるほどの価値があると図鑑で解説されており、りゅうのウロコ=キングドラの鱗とも解釈できる。
ちなみにキングギドラではない。

ゲーム上での特徴

性能

HABCDS合計
キングドラ759595959585540
シードラ556595954585440
進化前比較+20+30±0±0+50±0+100

能力値は600族含めた他のドラゴンと比べてバランス型の数値だが、弱点はフェアリーとドラゴンのみの優秀なタイプと、特性「すいすい」を利用した全抜きが出来る雨パの代表的なポケモン

すいすい発動時はどのドラゴンよりも早いので、130抜き程度の素早さではなく、スカーフ持ちの最速ガブリアスや最速ラティオスも抜けるようすばやさに全振りする人もいる。

雨状態で繰り出す一致「ハイドロポンプ」は非常に強力。対ドラゴン用の「りゅうせいぐん 」「りゅうのはどう 」も忘れずに。
ダブルトリプルバトルでは複数攻撃の「だくりゅう」が天候の恩恵を受け、かなりの高威力で攻撃できる。勿論「れいとうビーム」も覚えるので、くさタイプもドラゴンの耐性によって恐れる事なく殲滅できる。

第5世代までは特性「あめふらし」の効果が永続であったため、ニョロトノと組み合わせたトノグドラ構築が猛威を振るった。
当時はみず技とドラゴン技を両方受けられるポケモンとしてナットレイエンペルトしかおらず、天候をあられに変えられるユキノオーも対策として使われていたが、それら3匹でもキングドラにそこまで有利というわけではなく、非常に対策し難い強豪ポケモンであった。

また、攻撃も特攻と同じな為「りゅうのまい」と「げきりん」を搭載した物理型も存在した。故に輝石ラッキーでも万全な対策にはなりえず、「みがわり」+「かなしばり」のコンボも凶悪だった。


ただし6世代では特殊技全般の弱体化、天候特性の永続廃止に加え、新たな弱点のフェアリータイプ、4倍弱点技「フリーズドライ」の登場などが重なり、5世代の栄光に一気に陰りを見せてしまった。

しかし時が経った第8世代では、設定に倣いわざレコードで「ぼうふう」、教え技で「クイックターン 」を覚えさせる事が出来るようになり、どちらもすいすいと非常に噛み合っている。
加えてこの世代ではダイマックスの導入により「ダイストリーム」による自力での雨発動や、「ダイジェット」によるバフも可能になっているのが強み。

なお隠れ特性は、「だいばくはつ」が弱体化された現在ではほぼ完全ハズレ特性の「しめりけ」、というかそれ以前に通常特性の方が優秀なので採用されることはほぼ無い。

初登場の金・銀ではジムリーダー・イブキの切り札として登場。
だが、キングドラの弱点はドラゴンタイプのみだったこと(この時、フェアリータイプはまだない)、この時点ではまともなドラゴン技が用意できないことが相まって実質弱点なしという状態だった。対策という策はないため、能力攻めや火力押しで勝つしか方法がなかった。この為、当時の子供たちを大いに絶望させた。

ポケモンレンジャー

水の試練…水の竜達が生み出す暴れ水を掻い潜り、汝の道を切り拓け。やがて待ち受けるのは水の遣い。その荒ぶる魂を汝の手で鎮めし時、封印の石は搔き消え、水の試練は終わる…

パッケージに描かれたの一匹。
水の試練のボスとして2匹登場する。この試練ではギャラドスが三方向に水の球を吐いて狭い進路を妨害してくるので試練の中でも難易度は高め。しかし、キングドラ自体はハイドロポンプの威力こそ高いが、放電がよく効く事もあって四大龍の中でも難易度が一番低く、試練のクリア後にサマランドのキャプチャチャレンジに出現する為、あんまり威厳がない。

アニメ版

アニポケ無印編の216話で初登場。
うずまきカップ(水ポケモン限定の大会)の出場者であるツリオの手持ちポケモンとして登場し、サトシワニノコと対戦した。
一般トレーナーは通常のモンスターボールを使用するのが基本のアニポケでは珍しくルアーボールに入っている。
のだが、肝心の活躍はと言うと……水に潜ったワニノコをたつまきで海水ごと巻き上げる、えんまくを水中に撒いてからの奇襲など割と頑張っていたのだが、ハイドロポンプを放ったらハイドロポンプ自体の上を走られて距離を詰められるえんまくで視界を潰して隠れることで焦れて判断力を鈍らせる策に出てもあくびをかまして暇ブッこかれ効果無し、奇襲でハイドロポンプを放つもかみつくで口を塞がれて発射失敗、挙句発射直前で阻止されたことでハイドロポンプの水とエネルギーが体内で圧力を増し、最終的に自分の技で空中に吹き飛ばされて四方八方を飛び交った挙句墜落して戦闘不能というあまりにも酷い負け方をしてしまった。
ちなみにワニノコ側からの有効打は一度もなし。グドラが一体何をした……。

新無印の88話ではプロジェクト・ミュウのミッションとして、ゴウが捕獲する目標のポケモンとして登場。
ホウエンにてシードラの目撃情報が有った為2人は調査に向かい、最初は素潜りで捜索しようとしたものの、流石に無理が有った為、偶然サトシと再会したゲンジが装備を貸した他、サトシのルカリオ波導とゴウのチョンチーちょうおんぱによる即席ソナー、そして古代のキングドラ型潜水艇で出会った野生のシードラの協力の結果、生息している海底洞窟の発見に成功。
そしてゴウは65話でサトシのカイリューがソウリュウジムでアイリスオノノクスとバトルした際の動画の音声を海底洞窟内に流して、宿敵のカイリューが現れたと思い込み誘われたキングドラは、ゴウのインテレオンタマンタとバトルを開始し、最終的にタマンタのれいとうビームで周囲を塞がれ、更にインテレオンのアクアブレイクでダウンし、最後にゴウが投げたボールをインテレオンのねらいうちで推進力を加えさせ見事捕獲に成功した。
サトシとゴウが浮上する際に、ゴウの酸素ボンベの酸素が残り少なくなった為、サトシとゴウはゲットしたキングドラに掴まってりゅうのいぶきで急速浮上する際の推進力として使用された。

ポケモンGO

ポケモンGO」ではシードラにりゅうのウロコを使って進化させることでのみ入手が可能。
現状野生の個体は一切確認されていない(いたとしても超低確率でしか出現しないと思われる)。
同作では進化アイテムが非常に入手しづらいこともあり、入手難易度は高い。

性能の方はというと、攻撃=特攻、防御=特防のキングドラにとってポケモンGOにおける攻撃と特攻、防御と特防のどちらか高い方のみが反映される仕様との相性が非常に悪く、残念ながら優れた性能のポケモンとは言い難…かった。

2018年12月13日より実装されたトレーナーバトルにおいては参加出来るポケモンの最大CPが限られているスーパーリーグ、ハイパーリーグにおいては能力の低さを克服しているのもあり、ダメージ効率がよく軽減される相手の少ない「りゅうのいぶき」に「げきりん」+「ハイドロポンプ」と驚異の攻撃性能・弱点の少なさにより誇り大きく評価を上げている。

関連イラスト

キングドラ
海の王様


いかりの湖の赤い竜
キングドラ



関連タグ

ポケモン みずタイプ ドラゴンタイプ

パルキアウオノラゴン…同じみず・ドラゴン
ドラミドロ…同じくタツノオトシゴモチーフの水棲ドラゴン

関連記事

親記事

シードラ しーどら

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングドラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングドラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 928799

コメント