ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ニョロトノ

にょろとの

ニョロトノとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0186
ジョウト図鑑No.075
マウンテンカロス図鑑No.036
アローラ図鑑(SM)No.152
アーカラ図鑑(SM)No.079
ウラウラ図鑑(SM)No.071
アローラ図鑑(USUM)No.185
アーカラ図鑑(USUM)No.086
ウラウラ図鑑(USUM)No.077
ヨロイ島図鑑No.145
キタカミ図鑑No.042
ローマ字表記Nyorotono
ぶんるいかえるポケモン
タイプみず
たかさ1.1m
おもさ33.9kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1ちょすい:みずタイプのわざのダメージを無効にし、HPを25%回復する。
特性2しめりけ:味方も相手も「じばく」「だいばくはつ」が使用できなくなり、「ゆうばく」によるダメージも無効になる。
隠れ特性あめふらし:場に出た時に天候を「あめ」にする。
タマゴグループすいちゅう1

各言語版での名称

英語Politoed
ドイツ語Quaxo
フランス語Tarpaud
韓国語왕구리
中国語(台湾国語)蚊香蛙皇
中国語(広東語)牛蛙君

進化

ニョロモ → Lv25でニョロゾ ┬→ みずのいしニョロボン

              └→ おうじゃのしるしを持たせて通信交換ニョロトノ

ニョロ一家


概要

第2世代から登場したニョロゾの進化系で、名前の通りトノサマガエルをモチーフにしたポケモン(広東語では「牛蛙君」でウシガエルと解釈)。数あるカエルポケモンの中でも最も正統派なデザインといえよう。


もともとは内臓の透けたものであった腹部の渦巻きは、体の模様としてわずかに残るのみとなった。

ニョロゾやニョロボンでは退化していた口が復活し、カエルらしく長い舌を伸ばして獲物を捕食できる。


ニョロトノが3匹以上集まると合唱がはじまるという。

ニョロモやニョロゾの群れを統べ、頭の巻き毛がよく巻かれているほど尊敬されるらしい。

また、鳴き声はかなりやかましいが、これにインスピレーションを受けた作曲家が美しい曲を作り上げたケースが存在する。曰く味のある鳴き声だからなんだとか。ちなみに夜行性である。


人間目線では可愛く見えるが、そこはニョロ族のリーダー。一喝することで部下たちはすぐさま平伏してしまう。


アニメにおける「トニョーロ、トニョーロ」という独特な鳴き声は有名。比較的露出が多かったこともあり、忘れられない視聴者も多いだろう。


ちなみに頭の巻き毛は濃い青色で描かれる事が多いが、ポケモンバトルレボリューションなどのグラフィックでは緑色になっている。


英語表記のPolitoedはroly-poly(ずんぐりとした)+toad(ガマガエル)から。加えてroly-polyはイギリスにある渦巻き状のプディング(ロールケーキに似た形の食べ物)を指すので、これを頭の渦巻きに例えたのだろう。

フランス語表記の「Tarpaud」はオタマジャクシ(英:tadpole)のアナグラムであると思われる(タッドポウル→ターポード)。


ゲームにおける特徴

  • ニョロゾに「おうじゃのしるし」を持たせて通信交換すると進化する。第7世代までは進化してしまうとレベルアップでほとんどわざを覚えなくなってしまうので注意。

  • 進化条件となるアイテムである「おうじゃのしるし」は『SV』に至ってはついに店売りとなった。これにより手に入れる条件が格段と下がったと言える。

  • 野生では、第5世代で6ばんどうろで魚影に向かって釣りをすると出現し、BW2ではサンギぼくじょうなどの場所でも釣れるように。

  • XYでは19ばんどうろの釣りポケとして続投後、第7世代では雨が降っている状態で夜のマリエていえんを訪れると群れバトルの乱入で入手できる仕様に。

  • 第8世代では雷雨の時にせいりょうしつげんに出現するようになったので入手が格段に楽になった。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ニョロトノ9075759010070500
ニョロボン909595709070510

  • とくぼうが高く、次いでHPととくこうもやや高い傾向にあるが、それ以外はほぼ横並びなステータスを持つ。また、分岐進化のニョロボン同様素早さは進化前よりも下がってしまう。

  • おたま時代からの補助技の豊富さも相まって、「さいみんじゅつ」や「アンコール」、「くろいきり」などサポート面ではそこそこ優れていた。しかも「ほろびのうた」も使える。それでも両方の特性が同じ上に弱点の少ないヌオーの方が優秀だったり、攻撃以外のステータスで全て上回られているミロカロスの存在が致命的だったり、そもそもスイクンという高過ぎる壁が存在したりと、微妙な部類のポケモンであった。

第5世代

  • 隠れ特性で禁止伝説のカイオーガの固有特性だった「あめふらし」を獲得。残念ながら「かみなり」や「ぼうふう」といった天気の恩恵を受ける他タイプの技は覚えない為、カイオーガほどは使いこなせないが、容易に天気を「あめ」にすることが可能になり、雨パ発動要員として必須の存在にまでなった。その影響は、キングドラが雨パのエースにまで登り詰め「トノグドラ」と呼ばれる程。

  • 同じ天候発動要員として新たに追加されたキュウコンと共に「ニョロコン」と呼ばれ、隠れ特性の稀少さも相まって多大なる需要があった。

第6世代

  • だが、「あめふらし」が通常の「あまごい」と同じようにターン制限がつくという大きな弱体化をされてしまう。メインの特殊技も「ねっとう」と「きあいだま」以外の全てが弱体化した。その為、永続天候でコンボを展開するのが主流だったシングルでは他の天候要員共々使用率が大きく減少し、それ以外のルールでも手動天候との選択扱いとなってしまった。

  • また、前作の環境の最前線にいた影響か、分岐進化のニョロボンは種族値の上昇修正があったにもかかわらず、ニョロトノに種族値上昇の修正はなかった。

第7世代

  • ペリッパーが既存の特性に「あめふらし」が追加、加えて特攻の上昇修正が行われるなど大躍進。入手の容易さに加え、雨下で必中となるタイプ一致「暴風」持ちとなり更にニョロトノの肩身が狭くなってしまった。

  • それでも現在数少ない天候変動要員であることに変わりはない為、天候を維持している間にうまく場を展開したいところである。多様な補助技で器用に立ち回ったり、相方をうまく選んでやればまだまだ実戦でも活躍してくれるだろう。事実、あめふらしとほろびのうたの両立でペリッパーとの差別化は十分できているのだから。そもそも天候パ自体、今までが強過ぎただけという考え方もできる。

  • なお、ニョロモ系列で特性「あめふらし」になるのはこのポケモンだけであり、他の形態では特性がすいすいとなっているので、ニョロボンや進化前を使って無理矢理「あめふらし」を増やすといったことはできないので注意。


第8世代


  • ダイマックスわざにより天候奪取が頻発し、大幅弱体化。それだけではなくヨロイじまでの教え技は一切なし、「めざめるパワー」削除という仕打ちを受けた。また、[[ゴリランダー]という明確な不利対面も登場。

  • それでも、相方のキングドラがダイマックスと「ぼうふう」により強化されたことで、「トノグドラ」はニョロトノ単体の大幅弱体化を補って有り余るほどの強化を受けた。このコンビの対策をしたいがために一時期ランクバトル上位帯で「かがくへんかガスガラルマタドガスが増加したぐらいなものであった。


第9世代

  • 碧の仮面』の配信に伴い解禁。解禁時点では相方のキングドラは未参戦。


  • ダイマックスの廃止によって雨パの押し付け性能は下がっているが、テラスタルの登場によって雨パエースの先制技などによる出落ちを防ぐことができるようになった。

  • シリーズ5環境では雨パの始動役として差別化点自体は豊富なため一定数利用されるが、大抵はけしんボルトロスの手動「あまごい」で雨パの始動役は事足りるため、期待ほどは活躍していない。

使用トレーナー

※1:ポケモンスタジアム金銀

※2:BW2で春に使用


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモンコロシアム

  • アンダーコロシアムの2セット目ファイナルに出てくるチェイサーのリチムが使用してくる。「どくどく」と「いばる」を仕掛けながら、時折「まもる」も挟むという戦法を使ってくる。攻撃技は「たきのぼり」のみ。

ポケモンGO

  • ニョロゾにおうじゃのしるしを使って進化させることでのみ入手が可能。現状野生の個体は一切確認されていない(いたとしても超低確率でしか出現しないと思われる)。同作では進化アイテムが非常に入手しづらいこともあり、入手難易度は高い。おうじゃのしるし自体も、他にヤドンヤドキングの進化に必要となるため、どちらに使うか悩みどころである。

  • このゲームでニョロトノの活躍を最も目にするのは、おそらくトレーナーバトルの場だろう。ハイパーリーグ(CP~2500)でも大活躍できるポテンシャルはあるが、育成コストが高くつくためスーパーリーグ(CP~1500)での使用率が高い。ファイアロートリデプスなどを一方的に殲滅できる点が高く評価されている。


  • ただ、「ウェザーボール」についてはシーズン9で下方修正を喰らった影響でDPEが「なみのり」のそれを下回ってしまい、それまでの強さ・速さを兼ね備えた性能から強さが欠け、二者択一の状況になっている。

  • ちなみに同じ水タイプの環境メタにはあのラグラージがいるが、あちらは強力なメインウエポンの「ハイドロカノン」を使える代わり、回転率では「なみのり」に劣る。またラグラージ側は複合タイプが祟って水が等倍で通るため、同じ条件で対面すれば技の応酬に持ち込まれてもニョロトノがだいたい勝つ

  • なお、単水タイプの宿命で、「ボルトチェンジ」とゲージ技でガンガン耐久を削ってくるライチュウデンチュラデンリュウあたりの電気タイプは天敵となりうる。立ち回りや受け出しの研究は忘れずに。草タイプも効きづらい技が多いので、他のポケモンに任せておきたい。

ポケモン不思議のダンジョン

  • 『青・赤の救助隊』
    • 仲間にすると体力が限界状態を除いて語尾に「♪」がつく。ここだけ見ると非常に可愛いもんなのだが、コイツの恐ろしい所は「きたかぜのだいち」の後半にて「ほろびのうた」を撃ってくる所である(カエルなのに寒冷地住みなのは気にするな!)。これが命中すると3ターン後に確実に主人公が死ぬのでスイクン目当てでダンジョンに入ったプレイヤーが泣きを見た。
    • 勿論、対抗策がないわけではなく、いやしのタネやリフレッシュでの回復手段での無効化、「ふっかつのタネ」による復活、ターン数に余裕があるならば、階段で次の階へ降りるなどの方法がある。

  • 救助隊DX
    • セリフパターンが探検隊をベースに合わさったため、コダックヤドンなどと同じ田舎口調に変更されている。ほろびのうたを ナメたら あかんどー!
    • 敵としては引き続き「北風の大地」でしか出現しないが、進化前のニョロゾがダンジョンでの行き倒れで登場するようになり、更に進化に必要なアイテムが「しんかのあかし」に統合された上で比較的入手しやすくなったため、ニョロゾから進化させると色々とお得になった。
    • 運は絡むが掲示板の依頼で直接仲間にすることも出来る。これで加入した場合はレベル40と高めなので、こちらも達成する価値はあるだろう。
    • ゲストの味方としては技を当てにしづらいため微妙だが、正式に加入した後は「つうろひっちゅう」のすごわざを覚えて通路内でほろびのうたを使うことが、多くのポケモンを問答無用で必ず滅ぼすぶっ壊れ要素になっている(もともと命中率が極めて低い欠点を通路内で使えば必ず当たるようになることでカバーしている)。この手が効かないのはぼうおんだっぴしぜんかいふく特性とボス戦の敵ぐらいしかいないと書くと、いかにイカれた性能をしているかが判るだろう。ほろびのうたで倒れた敵からは経験値をもらえないという欠点もあるが、それが霞むレベルの圧倒的な強さである。
    • これ自体はストーリー上必ず加入するアブソルでも出来るようになったことだが、こちらは特性をどちらも活かしやすい他、連続攻撃技のおうふくビンタ、直線10マスまで対象をまとめて攻撃できるハイドロポンプ、教え技で強力なサポート技てだすけと便利な技を覚えられるのが魅力。特性で効かないヤツらにおみまいしよう。
    • こなゆきに代わって正式に部屋技へ昇格したふぶきもわざマシンで覚えれば、モンスターハウスドラゴンタイプにも立ち向かいやすくなる。

  • 『時の探検隊・闇の探検隊』


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉


〈ゲストなど〉

  • ナビのビーン
    • 無印249話でチアリーディングをしているナビのポケモンで登場。ナビはカスミのニョロトノを間違えて連れて行ってしまい、後でビーンではないと気づく。
    • 一方ニョロトノがいなくなった事に気付いたカスミたちはビーンに案内されてナビのもとを訪れる。ナビはいつしかチアリーディングの大会での優勝しか考えられなくなりポケモンたちを気遣うことを忘れてしまっていた為、勝手にいなくなったビーンをナビは許そうとせず、ビーンも怒って再びいなくなってしまう。ナビはカスミに叱られた事で何が大切だったかを思い出し、ビーンがロケット団から助けてくれた後、反省したナビはビーン達と和解した。

  • AG160・162話
    • モダマタウンのポケモンコンテストに出場したヤンキー風のコーディネーターのポケモンで登場。ハルカのゴンベの「ソーラービーム」の一撃で倒されてしまう。


  • DP139話
    • フタバタウン郊外の沼地に住む主ポケモン。たまたま沼地に来ていたオーキド博士をヌオーと一緒に拉致し、後を追ってきたサトシ達の前に立ち塞がる。
    • タケシのグレッグルと1対1の勝負をして敗れ、グレッグルを認めて洞窟の中に招き入れる。
    • 実はオーキド博士をさらったのは仲間のハスブレロが気弱な性格で暗く引き篭もったままの状態で、見かねたニョロトノが博士が「みずのいし」を持っていたのをかぎつけて進化させてもらおうとした為であった。
    • 博士から「みずのいし」を受け取りハスブレロがルンパッパに進化して性格も明るくなった事で彼の悩みは解決した。

  • XY編
    • ティエルノの手持ちで登場。

その他

BW143話
XY1話・2話・8話
SM129話・132話・133話・142話・143話・144話
新無印32話
劇場版波導の勇者(おもちゃ)・みんなの物語

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

シロガネ師弟

  • ゴールドのニョたろう
    • 性別:♂・特性:ちょすい
    • 性格:れいせい ・個性:うたれづよい
    • エイパムのエーたろう同様にゴールドとは生まれた頃から共に過ごした「家族」(図鑑所有者の幼なじみポジ)。しかし、エーたろうとは異なりもともとゴールドの家のポケモン達はゴールドのママの手持ちだったり勝手に居着いたりなど色々で、ニョたろうも家にいた頃は特別ゴールドに懐いていた訳ではなかった模様。
    • 登場早々ロケット団にボールの入ったリュックごと盗まれ、リュックは川に捨てられたが、チャックが開いていたためにボールに入ったまま川に流され行方不明になってしまう。後に野生のグランブルがため込んでいたボールの中から見つかった事で再会し手持ちに加わる。
    • 崩れかけたスズの塔でニョロゾに進化した直後、育て屋老夫婦から貰った「おうじゃのしるし」を持っているのを見たシルバーの機転でシルバーシードラと交換した事でニョロトノに進化した(が、ゴールド本人はてっきりニョロボンになるかと勘違いしていた)。攻撃と変化技の手段が増え、「ほろびのうた」で相打ちになりながらチートな実力を持つあのヤナギデリバードを唯一倒している。
    • 第6章ではレッドのニョロ(ニョロボン)との連携攻撃でガイルを追い詰める活躍を見せた。
〈ゴールドの手持ち〉
エーたろう(エイパムエテボース♂️)
ニョたろう(ニョロモニョロゾ→ニョロトノ♂️)
バクたろう (ヒノアラシマグマラシバクフーン♂️)
ウーたろう(ウソッキー♂️)
キマたろう(ヒマナッツキマワリ♀️)
トゲたろう (トゲピートゲチックトゲキッス♂️)
マンたろう(マンタイン♂️)
ピチュ  (ピチュー♂️)

関連イラスト

ニョロ殿実はほろびのうた

梅雨とニョロトノニョロトノとニョロモの合唱


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 みずタイプ

ニョロモ ニョロゾ ニョロボン


0185.ウソッキー0186.ニョロトノ→0187.ハネッコ


同みず単タイプ


通信進化仲間

おうじゃのしるし繋がり


関連ポケモン等



その他


.

関連記事

親記事

ニョロゾ にょろぞ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1668507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました