ピクシブ百科事典

ニョロモ

にょろも

ニョロモは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.060
英語名 Poliwag
ぶんるいおたまポケモン
タイプ みず
たかさ 0.6m
おもさ 12.4kg
とくせいちょすい / しめりけ / すいすい(隠れ特性)


※ちょすい:みずタイプのわざのダメージを無効にし、HPを25%回復する
※しめりけ:敵・味方とも「じばく」「だいばくはつ」が使用できなくなり、特性「ゆうばく」によるダメージも無効になる
※すいすい: 天気が雨のとき「すばやさ」が2倍になる

進化

ニョロモニョロゾ ┬→ みずのいしでニョロボン
               └→ おうじゃのしるしを持たせて通信交換でニョロトノ

雨が降り続いている



特徴

オタマジャクシの様な形をしたポケモン
その特徴としてい身体で唇が厚く、皮膚は薄く湿っている。
中でもお腹の皮は内臓が透けて渦巻き模様に見えている。実はニョロモ用に作られたフィクションの話ではなく、モデルのおたまじゃくしの腹も同じような仕組みで腹に渦巻き状の内臓が見える。
この渦巻きは基本的に右巻きだが、生まれた地方によっては左巻きになっている。
この巻き方の違いには地方の赤道が関係するとの事。
足で歩けるが泳ぐ方が得意。腕はないがしっぽで「おうふくビンタ」を食らわす。

ブラック・ホワイト』では新たな隠れ特性「すいすい」を得た。
ニョロトノへと最終進化するとこの特性が「あめふらし」に
なるので、一部では珍しいポケモンとする向きもある。

なお、変温動物モチーフであるニョロモ一族だが、外伝作品では明らかに寒い環境のダンジョンに適応している描写がある。(ポケモンレンジャーニョロボン赤・青の救助隊におけるニョロトノなど。)割とどんな水温でも生活できる種であることが伺える。
一方、同じくカエルモチーフであるオタマロ一族は冬には出現しないし、れいとうビームも覚えない。(ガマゲロゲは魚影に触れれば季節に関係なく出るが。)一体どこで差が着いたというのか。

進化後のニョロゾ共々ポケモンシリーズ生みの親田尻智氏のお気に入りのポケモンである。

関連イラスト

060
ロモたん



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン図鑑 みずタイプ
オタマジャクシ オタマロ
ポケスペ レッド(ポケモン) ゴールド

関連記事

親記事

みずタイプ みずたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニョロモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417591

コメント