ピクシブ百科事典

タマゴグループ

たまごぐるーぷ

タマゴグループとはポケモンのタマゴを作る際に必要な要素の一つ。
目次[非表示]

概要

タイプと同様に、ポケモンに設定されている分類の一つ。こちらもタイプと同じく単体だけにとどまらず、2つのタマゴグループを掛け持ちしたポケモンもいる。「タマゴ」の概念が生まれた、第二世代から実装された。
ポケモンのタマゴを作る際には♂のポケモン×♀のポケモン(片方がメタモンでも可)を組み合わせる必要があるのだが、全てのポケモン同士の組み合わせでタマゴが生まれるわけではない。ポケモンにはタマゴグループという枠組みが存在し、同じタマゴグループのポケモン同士で初めてタマゴを作る事が出来るのである。
このことから、タイプが一般的なRPGでいう「属性」にあたるのに対し、タマゴグループは「種族」に相当する概念といえる。
また、ポケモンのモチーフによって分類が細かく決められているのも特徴。(いくつかおかしいヤツもチラホラいるが。)
尚、ポケモンがタマゴを作る瞬間を誰も見た事がないらしい。曰く、いつの間にか出来ているんだとか。

タイプとは一部の分類名が共通しているものの、必ずしもかぶるとは限らない。
外伝や派生作品でもバトルの相性の要として頻繁に触れられているタイプとは異なり、基本的にはポケモンのタマゴが見つかるかどうかにしか参照されないため、本編のゲームを遊んでいないとわかりにくい概念でもある。
一方で、望みのわざの遺伝にはタマゴグループをしっかりと把握しておくことが必要。中には、リレーのように複雑な遺伝ルートを経由しないといけない場合もある。

タマゴグループの種類と所属傾向

  • かいじゅう

文字通り特撮ものに登場するような、怪獣の要素を持ったポケモンがこのタマゴグループに所属する。勘違いされやすいが、カラカラ系はりくじょうグループではなく、こちらに所属する。
あまり怪獣らしくないヤドンもこちらのグループで、進化した姿を見ればこのグループに所属する理由がわかる…かもしれない。

  • こうぶつ
ギアルイシツブテといった、機械、人工物をモチーフにしたポケモン達が多く所属する。性別不明率も高い。
ゴミの要素を持つポケモンもこちらにカテゴライズされている。とりあえず硬いものが多く所属するグループといった所だろうか。
ただし、ココドラ系やタテトプス系はこのグループに属していない。例外として、進化前がむしグループに属しているヌケニンはこうぶつ単体のタマゴグループとなっている。よってタマゴを作れるのはメタモンだけという事になる。

  • しょくぶつ
体に植物の要素がある、または植物そのものがモチーフのポケモンに多いグループ。
ただし、キモリ系はくさタイプでありながらこのグループに属しておらず、ダダリンも成立経緯故か同様にこうぶつ単体グループとなっている。

  • すいちゅう1
みずタイプが多く属する。他のすいちゅうグループと比べて、水辺に棲む脊椎動物や、陸でも活動できる無脊椎動物モチーフが多く所属する傾向にある。

  • すいちゅう2
みずタイプが多く属する。ここに属するポケモンは全て魚類がモチーフである。

  • すいちゅう3
みずタイプが多く属するが、他のすいちゅうグループに比べて例外が多い。
主に原始生物や水中に棲息する無脊椎動物モチーフが所属している。スコルピ系が所属しているのはモチーフの祖先が水中で暮らしていた事によるものと思われる。

  • ドラゴン
その名の通り、ドラゴン系や爬虫類系のポケモンが多く所属する。
進化すると外見がドラゴン系に近くなるヒンバスコイキングチルットもこのグループ。(ヒンバスの進化系はどちらかといえばリュウグウノツカイに近いのだが。
また、チルタリスはコカトリスバクガメスタラスクがモチーフなのでこのグループで間違いない。)
ただし、アローラナッシーは原種からしてドラゴングループに所属していない為、カウントされない。なお、ナックラー系はこのグループに属さない。

  • ひこう
わかっていると思うが、非行グループではない。主に、鳥類コウモリなどの飛行できる有翼生物モチーフが多く所属する。もちろんひこうグループであるので、とりもどきであるシンボラーもカテゴライズされている。鳥とタマゴを作れるとりもどきとはこれ如何に…

  • ひとがた
主に二足歩行の獣人系が所属。ただし、他のグループにも言える事だが、進化前がタマゴグループ未発見であるポケモン(いわゆるベイビィポケモン)を除き、たねポケモン時代からこのグループを有さないポケモンは所属していない。つまり、ほのお御三家はこの法則に大体引っかかってしまう。

  • ふていけい
流動状態や霊体など決まった形を持たないポケモンが所属。ただ、明らかにひとがたグループなラルトス系、どう見てもすいちゅう型であるシビシラス系など、なんでこのグループなんだ…というポケモンも多い。すいちゅう系グループと並んで初見殺しの一つとなっている。

  • むし
昆虫をはじめ、クモカタツムリなどいわゆる広義的に『虫』と呼ばれる生きものがモチーフ。ヤドカリがモチーフであるイシズマイ系も相性の関係上(タマゴグループこうぶつを兼ねている他、ヤドカリは節足動物である為にこのグループでも大丈夫だろう。)こちらに属し、ナックラー系やグライガー系も終始むしタイプにこそ属さないが、むしがモチーフとなっているので、必然的にこちらのグループにカテゴライズされている。

  • ようせい
見た目が可愛らしいポケモンや、妖精または小動物をモチーフにしたポケモンが所属する。
いかつい外見のオニゴーリグランブルも進化前の関係上、こちらに属する。
ただし、全員がフェアリータイプに属しているわけではない。また、タマゴグループの存在自体が、フェアリータイプの実装以前から存在していた為、ある意味フェアリータイプの先輩のようなものである。
余談だが、ギエピーの初期設定においては主人公のピッピピカチュウ従兄弟の関係とされていた。当時はまだタマゴの概念は無かったものの、のちに両方ともようせいグループに属することになったため、今考えてみるとこの作品の独自設定では珍しくつじつまが合う。

  • りくじょう
所属するポケモンはアーボ系などの一部を除き、殆どが哺乳類モチーフとなっている。
最も所属するポケモンが多いタマゴグループになっている。

  • せいべつふめい
ヒトデマン系とこうぶつグループのポケモンが所属する。このグループとタマゴを作れるのはメタモングループのみ。え?ヒトデマンは雌雄同体で誰とでも恋愛関係になれるだと?はてなんのことやら。

  • メタモン
メタモンのみ所属。このグループはタマゴ未発見グループやメタモン同士を除き、あらゆる性別の、あらゆるポケモンとタマゴを作る事が出来る。生まれるポケモンは、メタモンではない方のポケモンとなる。例外として、マナフィとタマゴを作るとフィオネが生まれる他、ニドラン系とタマゴを作ると、♂♀のどちらかが生まれる。

  • タマゴみはっけん
ベイビィポケモン伝説のポケモンアンノーンなどの特別なポケモンがこのタマゴグループに所属する。殆どが性別不明なので無理もあるまい…。アニメだと子供のいるポケモンもいたぞ!とか、シントいせきイベントのアレはなんだ!」というツッコミは禁句。
また、ベイビィポケモンが進化する事で他のポケモンと交配出来るのに対し、逆にニドラン♀は進化する事でこのグループに放り込まれてしまう。生殖能力を犠牲にして、戦闘力を手に入れたという事なのだろうか。
そして、ベイビィポケモンがタマゴ未発見扱いなのは…つまりそういう事である。

関連タグ

ポケモン ポケモンのタイプ一覧
分類 種族
ギエピー…前述の通り、ポケモン同士の血縁関係(?)に言及した初の作品。しかも金銀が発売される前。

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タマゴグループ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 693

コメント