ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メタモン

めたもん

メタモンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0132
カントー図鑑No.132
ジョウト図鑑No.092
イッシュ図鑑No.261
マウンテンカロス図鑑No.138
アローラ図鑑No.271
ガラル図鑑No.373
パルデア図鑑No.212
ローマ字表記Metamon
ぶんるいへんしんポケモン
タイプノーマル
たかさ0.3m
おもさ4.0kg
せいべつ不明
特性じゅうなん/かわりもの(隠れ特性)
タマゴグループメタモン

他言語版の名称と由来

言語名称由来
日本語メタモンMetamorphose(ドイツ語で変身、メタモルフォーゼ)+monster(英語で怪物、モンスター)
英語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語Dittoditto(複写、コピーする、同じことを繰り返す)
フランス語Métamorphmétamorphose(変身)
韓国語메타몽日本語名の音写
中国語(簡体字)百变怪百(bǎi、百、さまざまな)+变(biàn、変わる)+怪兽(guàishòu、怪獣、モンスター)
中国語(繁体字)百變怪百(bǎi、百、さまざまな)+變(biàn、変わる)+怪獸(guàishòu、怪獣、モンスター)
ヘブライ語דיטו英語名の音写
ヒンズー語डिट्टो英語名の音写
ロシア語Дитто英語名の音写
タイ語เมตามอน日本語名の音写


概要

ゲーム版

名前の由来は恐らく「変態」「変身」を意味するメタモルフォーゼ(Metamorphose)。

紫色(一部ではピンク色、色違いは水色)でスライム状の体を持つ。透明度は低い。


変身能力を持つ数少ないポケモンで、その変身方法は単に相手を見ただけで外見どころか持ち合わせた能力までコピーするというとんでもない眼力の持ち主。見えてないはずの背後や体質までコピーする辺り人とは違う何かが見えているのだろう。


他のポケモンをはじめ非生物や一部の作品では人間にまで変身している

『ウルトラサンムーン』や実写映画『名探偵ピカチュウ』においては人間に変身し、生活圏に入り込むなんてことまでしでかしていた。いずれのケースも喋りこそしなかったがある程度の行動は再現できており、軽いノリで流されていたが実際に考えると相当恐ろしい物がある(実写版ではスマートフォンで文章を入力してメールを送信するシーンがあり、人間の作った機械もある程度は扱えるらしいことが示されている。ただし、この個体は遺伝子操作で強化されており、通常のメタモンがどこまでできるかは不明)。


もっとも能力を完全コピー出来るということは当然その気になれば喋ることも出来るものと考えられる(人間ではないが、実際にアニメ版ではロケット団のニャースに変身した際には彼と同様喋ることができていた)。つまり姿や形、体質などの能力をコピーするだけではなく「覚えているわざ」やそれ以外にも「人が勉強して得た技能」をもコピーできる。実際ウルトラサンムーンで人に変身した際は料理やマッサージ師としての仕事もやってのけた。その料理の腕前は味付けの趣向が若干変わったという程度。


そうなるともはや「わざ」という枠以上に記憶や培ってきた経験まで全て完璧にコピーしているということになる。ただし若干味が変わったという事はメタモン自体の人格(と味の好み?)は残っているらしい。会話自体は出来ないという事になっているが、本気で悪用したら完全に社会が崩壊するレベルの変身能力である。


このように、一見完璧に見える変身能力も笑うと力が抜けて変身が解けるという欠点がある。その他モンスターボールに入った際も基本的には変身が解除される。ちなみにくすぐるみやぶるといった技があるが特に変身解除効果はない。


また、変身した姿の正確性については本人の記憶に依存するところが大きいようで、記憶が曖昧なまま思い出しながら変身すると曖昧な形になってちょっと違うものになる。後述するが、顔だけメタモンのままだったりする、というのはその最たる例である。


メタモン同士の仲は悪く仮にメタモン同士が出会うと、相手とそっくりな形になろうと活発に動く。

寝る時は外敵から身を守るために変身する(ポケモンスリープで登場する時も本当にこうやって寝ている)。

本来はかなり小型のポケモンであるが、変身時は伸縮自在。もちろん重量も変身した対象と同じになる。


一部のポケモンを除いて様々なポケモンと生殖が可能。同種を掛けあわせてもタマゴが得られない性別不明ポケモンとも生殖が可能。


なお、上記のメタモン同士は仲が悪いという設定故かメタモン同士では子供が生まれない。

もしかするとカタツムリナメクジのように、1匹で両性の生殖能力を有する雌雄同体なのかもしれない。

ポケパルレ(ポケリフレ)で触ってみると、ほのかに濡れている。


また、メタモンの能力は「相手そっくりに変身する」なので絵面的には自分と事しているという事になる。ともかく、メタモンの変身能力は遺伝子レベルで変身しているようだ。


なお、変身能力を持つメタモンがいつ発生したポケモンかについては公式からのアンサーはない。


アニメ版で最初に登場したメタモンの「変身しても顔はメタモンのまま」という欠点が特徴として活かされた結果、ポケモンカードをはじめとする関連商品では、変身後のメタモンは不完全の状態(顔がメタモンだったり下半身がゲル状)で描写される場合がほとんどである。

尤も、こうした描写は「本当に完璧に変身されてしまうと絵的に凄くややこしいから」という、大人の事情によるものであり、ゲーム版に見るように、メタモンの本来の変身能力は完璧である。


ゲームにおける特徴

ポケ廃御用達

  • 概要の通り♂♀無性別関係なくほとんどのポケモンのタマゴを生むことが可能な事から、タマゴ作りでは必ずと言っていいほどお世話になるポケモン。別名「うむきかい」。対戦よりもこっちでお世話になっているトレーナーも多い。

  • 性別の存在しないポケモンや性別が♂のみのポケモンに関しては、交配させることのできるポケモンがメタモン一択となるため、孵化厳選する際には必須級のポケモンとなる。また、雄の比率が高いポケモン(御三家化石ポケモンルカリオ系統・ゾロアーク系統・トゲキッス系統等)も(無性別のポケモンほどではないにせよ)厳選の際には恩恵を受けやすい。

  • 個体値遺伝にはもちろんメタモンの個体値にも依存するため、高個体値メタモンを狙っているトレーナーも多い。
  • 6Vメタモン」だけでなく、「A05Vメタモン」「S05Vメタモン」「AS04Vメタモン」、さらにはめざめるパワー用に「めざパタイプ別のメタモン」の遺伝用メタモンまで集め出した貴方は中々のポケモン廃人です。XYでは隠れ特性のポケモンの卵も作れるようになった。

  • 9世代目で後述するイベントレイドが開催されるまで、6Vメタモンの入手は乱数調整が容易なDS版(DPt,HGSS,BW)で捕獲するのが一般的であった(GBA版(RSE,FRLG)でも出来なくはないがやろうとするとTASの領域となる)。6世代では乱数調整ができなくなったことから非常に需要が高くなり、できる人は適当にポケモン交換の弾として持っておくだけでも有用だった。

BW

  • ジャイアントホールに出現するが、BWではクリア後に行ける場所なだけあってレベル53~65と高レベルである。BW2ではクリア前に行ける為、レベルは下がっているもののそれでも45~52。
  • 場に出るだけで目の前のポケモンに変身するという隠れ特性「かわりもの」が解禁された(詳細は後述)

XY

  • 新システム「メガシンカ」で進化したメガシンカポケモンにさえも変身することが可能である。そのポケモンと多くの苦楽を共にし、その鍵となるメガストーンを見つけ、強い絆で結ばれた事の証であるメガシンカさえも、メタモンはそんな苦労など意に介さず、ただ当たり前のように目の前のポケモンへ変身し己の力へと変えてしまう……と書けばとてつもない怪物のように思える。

  • もちろん、これは「へんしん」の仕様なので、当然隠れ特性「かわりもの」メタモンにも適用される。相手のメガシンカポケモンをコピーでき、さらにこちらはもう1匹メガシンカ枠を持つという恐ろしいまでのメガシンカへのメタ性能を誇る。
  • また、フレンドサファリにて出現するようになり、「かわりもの」の正規色違いが可能となった。

  • 神話級のポケモンに化けたり、絆の証であるメガシンカポケモンへといとも容易く化け、遺伝子レベルで相手をコピーできたりと良く考えるとポケモン界屈指の性能を誇るポケモンであり、何故無機物とまで繁殖できる(しようとする)のか、コイツ自身はどうやって繁殖しているのかなど謎が多いポケモンである。

  • また、2013年11月5日の5:00から16:30頃までメタモンがWi-Fi対戦やオンライントレードに出すことが出来なくなったことがある(これはギルガルドに変身した際に特定の技を使ってもフォルムチェンジしなかったり、相手側の変身時のステータスで固定されるバグが残っていたため)。

SM/USUM/ピカブイ

  • サン・ムーンでは、野生ポケモンとのバトルに、乱入バトルと呼ばれるシステムが採用された。
  • これは簡単にいえば、戦闘中の野生ポケモンが助けを呼ぶことで、別の野生ポケモンがバトルに乱入することがある、というものである。野生ポケモンが何度も助けを呼ぶことを呼び出し連鎖といい、他のポケモンと同様に、メタモンについても呼び出し連鎖を続けることで、高個体値・色違い・隠れ特性など、レアな個体が出現しやすくなる。

  • マイナーチェンジ版のウルトラサン・ウルトラムーンでは、コニコシティ周辺で人間に変身している5匹のメタモンを探し出しバトルを挑む、「メタモン5」というイベントが追加された。倒してしまってもイベントの進行に支障はないが、これらのメタモンは、性格や一部の個体値が孵化厳選に役立つように設定されているため、可能な限り捕まえておくとよいだろう。

  • ピカブイでは、初代準拠のため、タマゴ自体が存在せず、育て屋にもポケモンを1匹しか預けることができない。しかしながら、育て屋の内部には、イメージからかメタモンの人形が置かれていた。また、クリア後のマスタートレーナー戦では、メタモン同士ではバトルにならない為に「一定のCPになったメタモンをマスタートレーナーに見せる」という形になってる。

剣盾

  • 孵化用員としての役割を買われてか、リストラを免れ、無事続投している。野生の個体はワイルドエリアの最深部にあるげきりんの湖にのみ生息している。一帯は高レベルのポケモンが多数跋扈する危険地帯であり、メタモンのレベルも相応に高いため注意が必要。

  • マックスレイドバトルのレイドボスにも選ばれており、出現する場所は、ストーンズ原野東側の橋の下付近(巨人の鏡池との境界近く)にある、周囲を草むらに囲まれた巣穴。レア枠なので出現率は低いが、この巣穴のレア枠はメタモンしか出てこないため、ねがいのかたまりを投げ込んで太い紫の柱が出現したらメタモンで確定となる。

  • また、一時期はピックアップレイドの対象になったこともあった。最高ランクの★5ともなれば、最低でも5V以上の個体値保証がなされているため、多くのトレーナーが血眼になってメタモンレイドを周回したことだろう。運よく6Vが出たら儲けもんである。それ以降も、オンラインでは発売開始直後からメタモンレイドが相当な人気を誇っており、現在でもSNS上などではメタモンレイドの募集や6Vメタモンの配布・交換の呼びかけが活発に行われている。

今作最大の被害者(メタモン)


SV

  • 本作は最初から他の野生のポケモンに変身しており、バトルになってから正体を現すようになった。幸い、ZLによるロックオンでメタモンが化けているか否かの判別が可能。(この仕様は他にもゾロア系統にもある。)

  • なお、変身するポケモンは「そのフィールドに生息しているポケモン全般」のため、場合によっては「メタモンに化けたメタモン」が出現することもある。前述した「メタモン同士の喧嘩の最中」だったのだろうか。

  • たとえ色違いであっても通常色の姿に変身しているため、色違い厳選が多少面倒になっている。更に他のポケモンと違ってメタモンは戦闘後には消えてしまい、「遭遇後に一旦逃げてレポートを書く」という保険を取ることもできないため、判別にはレッツゴーがほぼ必須となる。

  • SVでは野生のポケモンは撃破や捕獲をするとわざマシンの素材となるポケモンの落とし物を落とすが、メタモンのアイテムはメタモンの姿で倒さないと落とさない。故にメタモンの落とし物はへんしんしていない1ターン目に一撃で倒さなければならない

  • 逆に出現確率が低いポケモン(例えば特定の箇所に1日1回しか出現しないミカルゲなど)に化けてもらって、そのポケモンのアイテムをドロップしてもらうことも可能(テラレイドバトルではメタモンの落とし物を確定で落とす)。

  • 普通の野生エンカウントで捕獲する場合、不意を突かない方が何かと便利。不意を突くと相手が行動するまでが1ターン延び、捕捉率の低いポケモン変身させるのに時間が掛かるためである。

  • 何と今作はピックアップでもない通常のテラレイドバトルで5V確定メタモンが出現するようになった。5V確定メタモンが出現する機会が生まれる星6レイドは1ROM内において1日1回制限の限られた機会となるが、日付変更バグや通信プレイで星6レイドの試行回数を稼げばそうした縛りはないも同然である。しかも個体は特定の方法により固定できる。こうしたことから、発売直後からC抜け5V、A抜け5V程度のレイド個体なら乱数調整などの特別な技能を持たないプレイヤーでも簡単に配布できるようになった。ただし、メタモンはその特殊な仕様故、決められた手順を踏まないと特に高難度のテラレイドバトルではクリアが極めて難しい(後述)

  • 2022年4月上旬には、最強ダイケンキのレイドの2回目の配信と同時に、「最高のメタモン」のイベントレイドが配信された。このイベントで登場するメタモンは、特性が「かわりもの」で固定、個体値も5V以上で確定、レイドクリア時の報酬でテラピースに加え多数の育成用アイテムをドロップ(低確率でかわらずのいしあかいいとが出る)という前回のハピナスレイド並みの超大盤振る舞いな仕様となっており、世界中のポケモンユーザーたちがメタモンの乱獲に勤しむこととなった。
    • レイドを周回していればそこそこの確率(理論上は約3.23%)で6VメタモンやA05Vメタモン、S05Vメタモンとも遭遇できたため、この最高のメタモンレイドの実施により、6VメタモンやA0およびS05Vメタモンの市場価値は一気に暴落したとも言われている。誇張でも何でもなく、ポケモンホーム対応直前の段階では、ボックスが足りなくて置き場に困るほど理想個体のメタモンを蓄えたというプレイヤーもちらほら見られるように。理想個体でなくとも、頑張れば全性格をコンプリートすることくらいはできたので、いずれにしても自力で厳選をしたいというユーザーにとっては非常に嬉しいイベントになったことだろう。
    • ただし、耐久型に好まれやすいAS04V個体に関しては未だに入手が困難であるため、こちらの需要は依然として高い。


  • 藍の円盤ではブルレクの特定のサークルミッション(ユニオンサークルを立ち上げている間のみ、条件を満たすと出現する協力型ミッション)に登場する個体一つとして、テラリウムドーム中に存在するブロックに化けた「メタモンブロック」が登場した(実際に捕まえたりは出来ない)。…が該当のミッションはサークルミッションの中でも評判が悪い。

メタモンレイドの攻略法

シャリタツとメタモンレイド

  • メタモンは必ずホストのポケモンにしかへんしんしないという仕様がある。このため、ホストが適当にコイキングでも採用すれば煮るなり焼くなり好きにできるのである。HPはメタモンのままとはいえ、それ以外のステータスはコピーしてくれるので低Lvのポケモンなら割となんでもいい。この方法を使ってソロで攻略する場合、「レベル1のポケモン」を使用するとNPCが瞬殺してくれる

  • NPCのポケモンのレベルはこちらが出すポケモンのレベルに関わらず固定となっており、★5が解禁されている場合彼らが使うポケモンのレベルは80で固定されているので、火力と数の暴力でHPを消し飛ばしてくれる。

  • もっと時間を短縮したいのであれば、特性「くだけるよろい」のヤバチャからをやぶるのみ覚えさせ、変身したメタモンにひたすら連打してもらうことでも攻略ができる。こちらはレベルやステータスこそ高くなってしまうデメリットがあるものの、自分で勝手にデバフをかけ続けることになるため、NPCがよほどサボらない限りは楽に攻略できるだろう。

  • というかレイド攻略のために用意した強力なポケモンに変身されるとシンプルにキツイため、この対策をしないと攻略は極めて困難。じこさいせいカウンターなどを覚えたポケモンに変身されて倒せなくなってしまうという事態になることも。上述の「ホストのポケモンにへんしんする」ということを知らずに、強力なポケモンを出してしまうホストも後を絶たない。

  • 他の対策の例としては、相手のテラスタイプに弱点をつけるわざを持っており、自身はそのわざに耐性を持つポケモンを採用するというのが挙げられる。

  • 例として、こおりテラスタイプのメタモンに、はがねタイプのポケモンをぶつけるというもの。はがねタイプにはがね技は効きにくいが、こおりテラスタイプの相手には効果抜群である。

  • 相手のテラスタイプに合わせて用意するポケモンを変える必要はあるが、この方法ならソロでの討伐も狙える。ただし、使用するポケモンの技構成には注意が必要。また、特性もコピーされるため、うっかり「ちょすい」や「もらいび」など無効化特性持ちを採用すると結局詰むので注意。
  • 他にもやりようはあるが、基本的には弱いポケモンに変身してもらって瞬殺していく方法が一番手っ取り早い。

関連動画


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代4848484848240
第2世代から484848484848288

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。


  • 育て屋での活躍とは裏腹にメタモン本体のステータスはオール48とかなり低い上、横並び。さらに変身後は相手のステータス(HP以外)に依存するのでHP以外の努力値配分に迷う。

  • また、「スピードパウダー」と「メタルパウダー」という2つの専用アイテムを持っている。低すぎる素早さや防御を2倍にしてくれるアイテムだが、変身後には効果がない。需要が無かったからかSVではこれらは登場しない。
  • 後述の特性「かわりもの」が解禁されたことにより、メタモンのまま行動することが無くなり、普通のアイテムを持たせた方が有用となっており、敵の戦略を探る斥候としての活躍が主になっている。


初代

  • この世代には「かわりもの」はおろか、素早さ増強持ち物が(もっと言えば持ち物そのものが)存在しなかったため、種族値通り底辺レベルの使い勝手であった。一応当時最強の座をほしいままにしていたケンタロスが削れているところに「へんしん」を合わせ、尚且つ同速勝負に勝てばそのまま3タテを決めることも夢ではなかった。ねむりやこおりで行動不能になった隙を見て「へんしん」を合わせる作戦が現実的であったが、いわゆる「155ルール」ではレベル差を付けられると基本的にはどうしようもなかった。この世代の仕様上全ステータスに努力値を全振りできたため、「どうせ『へんしん』しか使えないから配分を機にせず努力値をHPに全振りできる」という強みは相対的に無と化していた。
    • 97カップ本戦出場者15人中1人が使用していたが、見せ球、あるいは数合わせ採用で、実際には選出されなかった可能性が高いとみられる。

第5世代

  • 場に出るだけで目の前のポケモンに変身するという隠れ特性「かわりもの」が解禁。これによって長い間舞台裏(育て屋)で頑張っていたメタモンがついに戦場に登場。変身後でも効果のある「こだわりスカーフ」を持たせ、変身後の素早さ合戦の運ゲーを回避しつつ戦うというのが一般的な戦い方となった。

  • また、変身後は相手の能力変化もコピーする(以前からの仕様)ので、BW環境での主戦術であった「積んで3タテする」戦法への最高レベルの対抗策となっている。ちなみに第5世代(BW2)では「かわりもの」の色違いは正規手段では存在しないのでご注意を。

第6世代

  • メガシンカ、「いばる」+「イカサマ」コンボ、積みポケモンがメジャーになったことで、それらへタダ乗りが期待できるようになった。ある意味ではメタモンの全盛期と言える。

第7世代

  • 第6世代と比べると勢いは落ちたが、この世代では混乱きのみ型や「レッドカード」型などのそれまでの常識を覆す、相手の読みの裏をかく型が登場。
    • 混乱きのみは当時あらゆるパーティに超高確率で採用されていた最メジャー格のアイテムであったため、メタモンに採用されても不思議はなかった。
    • 「レッドカード」型に関しては、キノガッサに「かわりもの」を合わせた際、「きあいのタスキ」型と予想して「マッハパンチ」で「きあいのタスキ」を潰そうとする相手に「レッドカード」を発動し、コピーしたはずの「キノコのほうし」が有効な相手を控えから引きずり出し、「キノコのほうし」をぶち当てるという寸法である。

第8世代

  • シングルのランクバトルにおいては、シーズン1で1位のパーティにメタモンが採用されていた。(参考リンク


  • そして禁止級伝説ポケモンを1体だけ入れることが可能になった竜王戦2020予選、シリーズ8ルールにおいて、メタモンの使用率は一気に跳ね上がった。相手の禁止級にコピーできれば、実質2体の禁止級を使えることと同義になるのである。

  • さらに2022年2~9月のルール下では禁止級伝説ポケモンが2体入れることが可能となり、またも上昇。同年2月15日時点では3位というこれまでにない圧倒的高さにランクインした。環境トップの禁止級伝説ポケモンザシアンに対して強いのが大きな理由だと思われる。

  • ふとうのけん」で一段階上昇している相手のザシアンのこうげきをコピーしたうえで、「かわりもの」でへんしんしたときもう一度「ふとうのけん」が発動する仕様になっているため「HP以外は完全にザシアンと同じ実数値」で「こうげきが二段階上昇」していて「持ち物が自由に持たせられる」ザシアンにへんしんできるのである。

  • この為ザシアン+バドレックス(こくばじょうのすがた)のように、[[かわりものメタモンに複製されたら負けに繋がる構築は非推奨とされていた。が、ザシバド側もバドレックスに襷を持たせる、ザシアンのS実数値をバドレックスより下にする事でザシアンがパクられても死に出しスカーフ黒バドで縛るなど何だかんだで対処されていた。実際ザシアンと一番組まれていた禁伝がバドレックスだった時期もある程である。

第9世代

  • 総合的には弱体化である。例えば目ぼしいドラゴンタイプに「かわりもの」を合わせる場合、ドラゴンタイプミラーマッチに強いテラスタルを切られるのが怖い。
  • こちらもテラスタルを切る手はあるが、技範囲が完全に相手依存なので切ったテラスタルに合致する技があるかどうかも極論定かではない。
    • 一応シーズン1最終20位構築にエントリーされており、決して活躍の素質が無いわけではない。

  • しかしDLC第二弾である藍の円盤ステラテラスタイプが登場した事により評価が向上。すべてのタイプに一度だけ補正を掛ける性質と、かわりものによる習得範囲の広さが相まって安定して使えるようになった。

総合意見

メタモンをチームに入れる事で相手は

『本来の戦法を取る事が難しくなり、エースによってはチームを丸ごと機能不全になってしまう』

後のソーナンスドーブルヌケニンにも言えるが対策をしくじった時点であっという間に壊滅させて来る怖さがメタモン最大の長所と言える。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • イミテ(無印37話)
  • ユウジ(無印111話)
  • バンナイ(AG83話)
  • アキナ(DP173話)
  • マネージャー(新無印19話)

漫画版


番外作品

ポケモンスタジアムシリーズ』

  • ポケモンの登録時にメタモンを変身させている演出がある。ちなみにポケモンスタジアム金銀で色違いのメタモンに「へんしん」を使わせると変身した際に色違いになる。一匹で色違いが全部見える。お得である。

ポケモンGO

センシティブな作品

  • 本作では、メタモンも属する第1世代のポケモンたちが登場するが、サービス開始当初は実装されておらず、ゲームシステムとの相性の悪さから実装が見送られたのではないか、と考えられていた。

  • その後2016年11月23日になってようやく実装された…のだが、いざ実装されても捕まえるのに骨が折れるというとんでもなくハードルが高い仕様となっており、それこそ初心者がホイホイと入れ食いで難なくゲット出来る時もあれば、上級者でさえ捕まえるのに手こずるくらいの運任せ状態といえる。…それでも(負けイベントと揶揄される)ガラル三鳥の一発ゲットよりは確率は高いのだが。

  • とはいえ「あるポケモンを進化させるために数集め(いわゆるアメマラソン)をしていたらメタモンが混じった」だの「パイルのみを使ってゲットしたら実はメタモンだった(メタモン好きで育成するならまだ救いもあるが)」なんて「喉から手が出るほど欲しい『羨望の的』から一転して『邪魔者』扱い」される事もある(こういう時に「苦労しているプレイヤー」にそういう話をすると、決まって「贅沢な悩みだ」などと嫌味混じりに返答されるというまでが1つの流れ)ため、スペシャルタスクの中に「メタモンをゲットする」という内容もあるために、そのタスクが当たった日にはクリアするためにプレイヤー達が血眼になって探してしまうのもお約束。

  • 出現場所については完全にランダムであり、しかも天候ブーストやおこうでのエフェクトの様な「フィールド中で『メタモンである事を識別する』目印」も無いため、唯一の確認手段は「捕獲後に『やったー!』ではなく『おや?』と表示される」のみである(この演出後にメタモンに変化する)。したがって、捕獲しなければメタモンか否かを見分ける事は絶対に出来ない(なお、2022年秋に実装されたゾロアでも類似の演出となっているが、こちらは「プレイヤーが『相棒』に設定しているポケモンに変身してフィールド中に出現」しているため、メタモンよりは対策がしやすくなっている)。

  • ただ、「目安として表示されるCP値に対して捕獲が困難」という特徴があるとの報告もあり、もしも「色違いでない且つ低いCP値の個体」であるにもかかわらずモンスターボールでの捕獲に連続して失敗する場合、メタモンが変身していることを疑った方が良いかもしれない(ゾロアの場合は先述した通り「相棒ポケモンに化けている」ため、それこそ「出現頻度が高いポケモン」を相棒にしていない限り容易に見抜く事はできるし、極端な話「メタモンの仕様を逆手に取り、わざと『相棒ポケモン』に設定してフィールド上で出現させ『本来なら他のポケモンに変身しているため、変身前の状態ではメタモンの姿のままフィールド上には現れない』事から『メタモンに変身したゾロア』として見抜く」事も出来てしまう)。

  • 本気でメタモンを捕獲したければ、それこそ「エンカウント毎に片っ端からきのみを食わせてボールをひたすら投げまくる」ローラー作戦で臨むしかない。仮に交換で入手したとしても、タスクをクリアした事にはならないのだから…


  • …上記はあくまでも一例であり、不定期に仕様変更されるため確実に参考になるかは不明だが、もしかしたら「進化前のポケモン」でなおかつ「比較的出現率が高いとされるポケモン」を狙うというのも1つの作戦かもしれない。気の遠くなる作業には変わりはないのだが…

  • 2021年2月に色違いが確定で(とある事情により)全員に配られ、その後2021年9月より野生でも色違いが見かけるようになった。もちろん色違いであろうと無かろうとタマゴからは孵らない

  • なお、2021年8月までは色違いが実装されていないレア度の低いポケモンに限られていたが、「いたずらなシーズン」の開始によりこの制約はなくなった。対象のポケモンが色違いだった場合、絶対に本物なので安心して捕獲しよう。逆にメタモンの色違いはこれまで通り通常色でへんしんしているその中に紛れ込んでいるので、見つけるには相当の苦労を要する。…それでもガラル三鳥と遭遇して即捕獲するよりは楽かもしれないが。

  • ジムバトルではその時点での対戦相手となったポケモンに変身する能力(ちなみに自身の手持ちの場合、一旦ボールに戻して再度出してもジムバトル中は「その時点での対戦相手となったポケモン」のままとなる)を持っており、タイプや技をまねるほか、対戦相手に合わせてCP値も変動する(格上ならば増加、格下なら減少)。

  • 一方、こうした特殊な性能の持ち主だからなのか、トレーナーバトルでは使用できない。

  • さらに、本作はポケモン同士を交配させてタマゴを作れない(タマゴの入手手段として、2km・5km・10kmは他の道具類と同様にポケストップから入手、7kmはフレンドからのギフトでタマゴ用のスペースでボーナス以外の空きスロットがあれば入手可能)ことから、孵化用員としては使えず、単なるコレクション用の存在としての側面が強い。

  • このまま燻ぶらせておくのも可哀そうなので、運よく手持ちに高個体のメタモンがいたのならポケモンホームを介して『剣盾』や『SV』等に送って孵化用員として活躍させるという手もあるだろう。

  • 余談だが、既存のポケモンシリーズにおいてタマゴが存在しないことからレベルが1桁のメタモンの入手は不可能だったが、ポケモンGO内のCPによっては、ポケモンホームに送った際にレベル1-9の個体になるため、間接的に全てのレベルのメタモンを手に入れられるようになった

Ditto Nut


  • なお、メタモンが何故この謎のポケモンに変身していたかは一切分かっていないオーキド博士が調査すると述べていたが、『剣盾』が発売された2020年現在になってもこれといって目新しい情報は開示されていないのが現状である。

『ポケモントローゼシリーズ』

  • パズルゲームということでポケモンを組み合わせて消していくのがこのゲームでの遊び方だが、メタモンはどんなポケモンにも変身できるということでワイルドカードに近い扱いとなっている。コンボの代用となるのはもちろん、「マッチオール」などを狙う場合には重要となってくる。

『ポケモンレンジャー光の軌跡』

  • 4人組の怪盗団・ティーパーティーの一人・ドレスがメタモンを操るが、なんとこの個体エンテイ・ライコウ・スイクンに完璧に変身できる。

『ポケモン不思議のダンジョン』

  • 救助隊』『探検』では「へんしん」してもわるあがきしか使えないボーナスキャラ(ただし「わるあがき」の威力は物凄く高いので油断禁物)だったが、『』では、敵で出た時はなんと床に落ちているアイテムに変身するという風来のシレンに出るンドゥバと同じ能力を身につけ、拾おうとしたポケモンに変身し尚且つ仲間を混乱状態にする厄介な相手となった。
  • また、空の探検隊の『チャームズさんじょう!』では、大鍾乳洞にて時の歯車を守っていたポケモンとして登場。当初は南のジャングルに住むキレイハナや、巨大岩石群に住むオタチに変身し(よく見るとアニメ版と同様、目の形は対象に似せられないという弱点があり、これが正体の伏線となっていたが、チャームズは全く気付いていなかった)、チャームズ達に引き返す様勧めたが、最終的に大鍾乳洞の奥に置かれた中身が空っぽの宝箱に変身している事をプクリンに見破られた事で、自身の正体と役割、そして巨大岩石群のお宝が時の歯車で有る事を明かした。

ポケモンマスターズ




大乱闘スマッシュブラザーズ

  • 実はスマブラDXのトーナメントモード限定でとあるコマンドを入力すると、ファイターが表記される箇所がメタモンになる。実際にファイターとしてメタモンが参戦するという訳ではなく、使用可能なファイターの中からランダムで出場する事になる。詳しい方法は公式サイトを参照

  • ファイターとして登場し、ランダムに別キャラクターになる・モンスターボールから現れて変身し一定時間味方として戦う等、開発時には様々なアイディアもあったが技術的な問題で没となった。内部データは存在している

  • 技術的な問題で没になってから17年の時を経て、SPECIALでは遂にモンスターボールから出現するポケモンに追加。「召喚したプレイヤーに変身し、一定時間味方として戦う」という、DXでの没案の1つが採用されている。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • イミテのメタモン
    • 無印37話にメタちゃんを連れて初登場し、無印174話で再登場した際には2匹目のメタモン(メタぴょん)を新たにゲットしていた。このイミテのメタちゃんの「変身しても顔はメタモンのまま」設定が後にグッズ等にアレンジされて使われる事になる。
    • 一方、再登場時に新たに仲間にしたメタぴょんは、顔を含めて変身能力は完璧。ただし、体の大きさはメタモンの時と同じというメタちゃんと同様の特殊なメタモンで、この為イワークに変身した時も手に乗る程のサイズだった

  • ユウジのメタモン
    • 無印111話で登場。アニメにおいて最初に姿も顔の形も完璧に変身した個体。6VS6のフルバトルでユウジが必ず1番手に繰り出し、メタモン1体で数々の挑戦者を破ってきた。

サトシのピカチュウとバトルを繰り広げたが、スピードの差で敗れた。


  • バンナイのメタモン
    • マグマ団幹部(現在は怪盗)のバンナイの切り札として登場。シリーズ初の悪役個体なのでかなりの悪人面である。天気研究所のポワルンの他、シザリガーに変身してワカシャモをクラブハンマーでノックダウンするなど高い戦闘力を誇る。

  • アキナのメタモン
    • アニポケDP173話で登場した個体。メタモン1号・メタモン2号と言うニックネーム付きで内2号は色違い仕様で、この回でのメタモンの変身能力はイミテの個体とは違って姿も顔の形も完璧に変身出来る。

  • コレダ監督の映画に出演したメタモン
    • アニポケ新無印19話で登場した個体。こちらは緊張すると完璧に変身できなくなるといった欠点があり、これによりコレダ監督に怒られたメタモンは撮影現場から逃げ出してしまう。しかしムコニャによる特訓によって、緊張なしで完璧な変身をこなせる様になった(サトシはさすがにメタモンが変身したピカチュウが本物ではないと見抜いていたが)。

  • 劇場版『みんなの物語
    • フウラシティの市長・オリバーの娘であるラルゴの友達としてヒメグマと共に登場する。

その他

AG15話
XY1話・138話
SM46話・47話(回想)・96話・132話・133話
新無印1話(ミュウがへんしん)・50話・87話(絵)・125話・129話・136話
劇場版波導の勇者

『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 13話
    • ドットが食べていたグミのパッケージに印刷されている。

薄明の翼

  • 第4話「夕波」にて、ヨワシの群れをよく見るとメタモンが混じっている(やはり顔だけメタモンだった)。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • ブルーのメタちゃん
    • 特性:じゅうなん
    • 性格:うっかりや・個性:イタズラがすき
    • ブルーがお得意の変装に欠かせないポケモンで、その他にも「へんしん」の能力を活かした様々な働きをする。
    • 第2章では身体の一部を鍵に変えてマサキの家の鍵を開けた。スオウ島ではブルーの手のフリをしてカンナを欺き、ブルー・ナツメに勝利をもたらした(カンナのルージュラが作り出す氷人形もとい氷の枷などの能力を直に人間が受けるとナツメやレッドの様に後遺症が残り、枷がついたのが変身したメタちゃんじゃなかったらブルーも危なかった)。
    • 第5章ではデオキシスアタックフォルム)に襲われたブルーの元からレッドに付いて行き、その時の状況をキワメに教え、レッド・グリーンが見たデオキシス(ノーマルフォルム)の姿が違っていた事を知らせた。
〈ブルーの手持ち〉
ぷりり (プリンプクリン♀️)
カメちゃん(ゼニガメカメールカメックス↔️メガカメックス♂️)
メタちゃん (メタモン)
ニドちゃん(ニドランニドリーナニドクイン♀️)
ピッくん (ピッピピクシー♂️)
ブルー (ブルーグランブル♂️)
ケーちゃん(ケーシィ♀️)
リリリ (プリン♀️)
タッちゃん(タッツー♀️)

『ポケットモンスター全書』

  • サトシ(サトシ(アニポケ)とは別人)の手持ちの一匹である。草や壁になったり、果ては人間(キョウ)にまで変身できる(しかも片言で喋ることができる)が、一方で描かれている限りではポケモンに変身する描写は無かった。

ポケモンカードゲーム

『ポケットモンスターカードゲーム』の頃から参戦している古株。

拡張パック『ホロンの研究塔』以降のシリーズでは森井ユカ先生により粘土細工で表現された変身後の姿がカード化されており、ポケパワー「メタモる」で山札にいる別のメタモンに入れ替わるという面白い効果を持っていた。

XY編の拡張パック『ファントムゲート』においてはピカチュウに変身する過程のものが描かれた。


変身した姿


余談

pixivでの扱い

  • pixivでは主にポケモンや人間など色々な物に様々な再現度でへんしんしており、人間の場合ほぼ完全という場合が多く、ポケモンの場合は完全に変身すると見分けがつかないので顔を残したりメタモンカラーにしたり下がドロドロになっていたりする、元のポケモンよりメタモンのほうを多く描く人もいる。→メタモ化
  • また、『何にでもなれることが唯一の個性』であるため最も擬人化の難易度が高いポケモンの一つでもある。
  • もう一つの性質として、その姿とタマゴに対する下記のような特性からR-18側では人間や♀ポケ相手にスライム触手化したり、色々な物に変身して行為に及んでいる姿も度々見られる。
  • ジゴロタイプ、無邪気攻めタイプ、無表情タイプ、『兄ちゃん、初めてか?』な裏稼業タイプなどがいる。…描写が無いだけで実際そんな感じかもしれないのが恐ろしい所である。

関連イラスト

実はボクね・・・うぃーん

METAMON(・〜・)no.1494 『 メタモンのすがた 』


関連動画


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 ノーマルタイプ へんしん

ポケモン廃人 メタモ化


0131.ラプラス(キョダイマックスラプラス)→0132.メタモン→0133.イーブイ(キョダイマックスイーブイ)


関連ポケモン等




その他







実写版『名探偵ピカチュウ

吹替 - 金魚わかな

舞台であるライムシティの有力者であるハワード・クリフォードのパートナーとして登場しており、人間に変身して車椅子を押すなどの行動を見せ、体の不自由なハワードの身の回りの世話をしていた。


しかしこのメタモンの活躍はそれだけなく…。


以下、映画のネタバレが含まれます!















Ms.Norman

実は、中盤から姿を見せていたミス・ノーマン(演:スキ・ウォーターハウス)という謎の女性の正体でもあった。

ティムピカチュウの動向を密かに監視ししており、事件の黒幕であるとある人物へと事細かに連絡を入れる等して暗躍していた。

この個体は遺伝子操作により強化されており、ポケモン・人間を問わずに変身を繰り返しその能力を使うだけでなく、変身を解除して元の姿に戻ることまで回避動作として取り入れているという恐るべき能力を見せ、クライマックスではティムをあと一歩で殺害するところまで追い詰めた。


この記事の「ゲーム版」の部分でも触れている通り言葉こそ発しなかったものの文章でならば人間となんら変わりのないコミュニケーションを取ることができるようで、極めて高い知能があることが窺える。

センシティブな作品

ちなみに、よく見ると手の色がピンク色という、人間としては明らかに不自然な特徴を持っているため、登場した時点で彼女の正体がメタモンであることを見抜けた視聴者もいただろう。

また、アニメ版と同様、目の形は対象に似せられないという弱点があり、それを隠すために常にサングラスを着用している。

アニメやイラストであれば可愛らしいその特徴も、実写ゆえにその強敵っぷりも相まってなかなか不気味。

関連記事

親記事

ノーマルタイプ のーまるたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33610499

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました