ピクシブ百科事典

ポケモンスタジアム

ぽけもんすたじあむ

ポケモンスタジアムとは、『ポケットモンスター』シリーズの派生作品のひとつ。
目次[非表示]

概要

1998年8月1日に発売されたNINTENDO64向けソフト。初代『ポケットモンスター』シリーズの派生作品。
同ゲームの「対戦」に主眼を置き、64による3Dグラフィックを用いた迫力ある対戦を最大の売りとする。
後発作品に『ポケモンスタジアム2』『ポケモンスタジアム金銀』がある。

参加可能ポケモン

種類

当時存在していた全151匹……とはいかず、前年の公式大会で用いられたポケモンを中心に40匹のみが参加可能。
これは元々同ソフトがNINTENDO64DD向けに開発されたもので、後に全ポケモンが出場可能な拡張ディスクを販売する予定だったためと言われる。なおこの拡張ディスクは後に『ポケモンスタジアム2』となって販売された。
そしてこの40匹の中に何故かライチュウを差し置いてピカチュウが含まれているが、これは後述の理由による。

自分で育てたポケモン

別売りの「64GBパック」を使うことで、自分のポケモンを同ゲームで対戦させることが可能。これは同年の公式大会でも導入された。
自分が一生懸命育てたポケモンが3Dモデルになって元気に動くという、当時としては非常に画期的な体験を世の子供達に与えることになった。
当時の仕様として、ニックネームがついている場合少しずつ体色が異なっていた。色違いが登場した第2世代以降この仕様は廃止になった。

ポケモンの登録

いちいちGBパックを接続するのが面倒な場合、手持ちを登録することで以降その6匹で挑むことができる。

レンタルポケモン

自分のポケモンを育てていなくても、ポケモンを借りることでトーナメントに挑める。
だが技が対戦向けでなかったり、使い勝手が悪かったりする場合がほとんどで、本気で挑もうと思ったらやはり自分で育てるしかない。これは以降の作品も同様である。

対戦モード

レベル50~55トーナメント

前年(1997年)の大会ルール(レベルは50~55まで、出場させる3匹のレベル合計は155以下)に基づく対戦モード。
前年に出場したトレーナーとそのポケモン達が似顔絵入りの実名で登場する。今となってはかなり貴重(というかプライバシーの問題もあって実現困難)である。
なお、当然AIは手加減なしの真っ向勝負である為いきなり全国レベルの立ち回りに圧倒されることになる。

レベル1~30トーナメント

1998年の大会ルールに基づく対戦モード。
「モンスターボールカップ」「スーパーボールカップ」「ハイパーボールカップ」「マスターボールカップ」の4つに分かれ、左から順にクリアすることになる。
なお出場可能なのは全40種類のうちレベル30以下が存在しないポケモンを除いた33種類のみ。これは同年の公式大会も同じ制限となっている。

なみのりピカチュウ

レベル50~55トーナメント、もしくはレベル1~30トーナメントのうち「マスターボールカップ」において、レンタル・登録を使わず、ピカチュウをパーティの中に入れ、更に最終戦でピカチュウを選出させて勝つことで、そのピカチュウになみのり」を教えてもらえる。
……のだが、「でんきだま」もないこの時代に強豪犇めくトーナメントに進化前のピカチュウを出場させること自体がハッキリ言って無謀で、更に選出までしなければいけないとあって、教えてもらうのは困難を極めた。
でんじは」をばら撒くくらいならできるかもしれないがそれでもケンタロスダグトリオに当たったら即死だし。

GBプレイモード

64GBパックに初代ポケモンシリーズを接続していて、かつポケモンセンター内でセーブしてある場合、そのソフトをプレイすることができる。
また、条件を満たせば「ドードーGB」「ドードリオGB」モードが追加され、ドードーGBでは2倍速、ドードリオGBでは何と4倍速でプレイ可能。
そのあまりの高速ぶりに、当時を知るプレイヤーは「現在でもこの機能があればいいのに」と思っているとかなんとか。

関連タグ

ポケットモンスター/ポケモン
ポケモンコロシアム……事実上の後継作品

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンスタジアム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330

コメント