ピクシブ百科事典

ふぶき(ポケモン)

ふぶき

ふぶきとは『ポケットモンスター』に登場する技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
威力120(第1世代~第5世代)→110(第6世代~)
命中90(第1世代)→70(第2世代~)
PP5
タイプこおり 
分類特殊
直接×
範囲敵全体
備考30%(第1世代)→10%(第2世代~)の確率で相手をこおり状態にする。天気があられの時必中になる。(第4世代~)
英語名Blizzard


概要

初代から存在する技。永遠のわざマシン14
専用技コールドフレアを除くとこおりタイプ特殊最強技である(一応、スキルリンク+つららばり(実質威力125)や、まるくなる+アイスボール(最高威力960)等、別の技でそれ以上の火力を叩きだす方法も存在する)。

初代では上記の通り、威力120でありながら命中率90%・こおり確率30%と言うぶっ壊れにも程がある超性能を誇り、ノーマル技はかいこうせんエスパー技サイコキネシスと共に猛威を振るいまくった。
しかも当時のこおり状態は「相手からほのお技を受ける」「相手がくろいきりを使う」以外で解除できず、解除方法も前述どおり相手依存で相手がやってくれるわけが無い為、事実上の戦闘不能であった。
むしろ即退場とはならない分相手のかげぶんしんちいさくなるなどの起点にされるため余計にタチが悪い。

その為当時は対戦環境が猛吹雪。こおり技に弱いと言うだけで不遇扱いにされる程。
しかも当時こおり技を半減できるのは同じこおりタイプとみずタイプのみ。これで弱いわけが無かった(当時ははがねタイプがいない上、ほのおタイプに氷耐性がなかった)。

さすがに無茶苦茶すぎる性能だった為か、第2世代からは技の仕様に大幅に修正がかかり、対戦需要はれいとうビームに譲る事になる。
但し第3世代では全体攻撃になったので、ダブルバトルでは採用の価値が見出されている。

第4世代からはあられ状態で必中するようになり、霰パでの採用が主流になった。
第6世代では「かみなり」や「だいもんじ」と共に、威力が110に落とされている。初代からはかなり弱体化しているが全体攻撃が可能であることとあられ状態で必中であることからこおりタイプの主力技としての地位は揺るいでいない。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
こおりタイプ
霰パ あられ ゆきふらし 
れいとうビーム わざマシン一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ふぶき(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2712

コメント