ピクシブ百科事典

ちいさくなる

ちいさくなる

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
タイプノーマル
分類変化
威力-
命中-
PP20(~第5世代)→10(第6世代)
直接×
範囲自身
効果自身の回避率を1段階(~第4世代)→2段階(第5世代~)上げる。
特定の技で受けるダメージが2倍になる(第2世代~、以下特効とする)。さらに必中になる(第6世代)


概要

初代から存在する技。
小さくなる事によって回避率を上げると言う技だが、小さくなったからと言って他の能力は落ちるなんてことはないのでご安心を。
初代ではこの技を使うと小さくなった後の専用グラフィックに変化していた(とけるに近い)。
第2世代以降は小さくなった矢先に元のサイズに戻る演出になっている。
習得者はそこまで多くない。中にはピッピラッキー等、小さくなる理屈がよく分からないものまでいる。

第4世代まではかげぶんしんの下位互換であった。
ふみつけ(第2世代から)・おどろかす(第3世代のみ)・ニードルアーム(第3世代のみ)・じんつうりき(第3世代のみ)で特効を取られる(必中にはならないが)上、汎用性で負けていたこの技の採用率は低かった。

第5世代では回避率2段階上昇となり、かげぶんしんとの差別化に成功し、使用者も増加した。
同時にハードローラーも特効技になったが、習得者が少なかった為大して影響がなかった。

あまりに強すぎたせいか、第6世代のではPPを10に減らされたり、特効技にのしかかりドラゴンダイブフライングプレスシャドーダイブゴーストダイブが追加されたり、さらに今までの特効技を含めて必中になるという効果が追加されたり、といったいくつかの弱体化を受けることとなった。
第7世代ではさらに特効技にヘビーボンバーが追加された。元々はややマイナー技であったが、同時に体重900kg前後の超重量級のポケモンも追加され無視できない存在になった。
特にこれをメインウェポンにするテッカグヤに至っては体重999.9kg。はたして瀕死で済むのだろうか……

余談だが、スマブラシリーズにファイターとして参戦しているプリンは、この技が元ネタと思われる「おおきくなる」という最後の切りふだを使用する。

ピクシブ地方では

ビルドアップほどではないものの、様々なポケモンやポケモン以外が使用している。そして、回避率以上にかわいさをぐーんと上げている。

手乗り○○!企画とは非常に相性がよい。伝説ポケモンもこの通り。

【手乗り】ミュウツー【イメレス】
ぱる、ぽひん、すきー!


手乗りかいりゅー
バチュルもふもふ



関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
ノーマルタイプ かげぶんしん
手乗り○○!(イメレス企画 こちらから
ポケモン状態異常・状態変化(イメレス企画 こちらから

pixivに投稿された作品 pixivで「ちいさくなる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280740

コメント