ピクシブ百科事典

ピンプク

ぴんぷく

ピンプクとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑ナンバーNo.440
英語名Happiny
ぶんるいままごとポケモン
タイプノーマル
たかさ0.6m
おもさ24.4kg
とくせいしぜんかいふく/てんのめぐみ/フレンドガード(隠れ特性)


※しぜんかいふく:バトルから引っ込むと状態異常が治る
※てんのめぐみ:自分のわざの追加効果の発生確率が2倍になる
※フレンドガード:ダブルバトル/トリプルバトル時、自分以外の味方へのダメージを3/4にする

進化

ピンプク → ラッキー(「まんまるいし」を持たせて朝・昼にレベルアップ) → ハピナス (十分なついた状態でレベルアップ)

MAXIMUM×2



容姿

丸こく小さな姿をしたポケモン。体色はピンク
頭に特徴的な巻き毛をしており、額にボコボコと三つの丸く突起している。
下半身には、体をすっぽり包み込むようなズボンまたはパンツ状のもので覆われている。
体の真ん中では、く丸いを抱え込んでいる。タマゴではない。

色違いは、一見すると分かりづらいが、普通のピンプクと比べて色合いが薄くなり、赤系統のピンクから青系統のピンクに変化した感じである。
ちなみにラッキーの色違いははっきりとしているが、ハピナスの色違いは分かりづらくなっている。

概要

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』(第4世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は恐らく「ピン(ピンク)+プク(ぷっくり:ふっくらとしていることを表す擬態語または福)」。

ラッキーハピナスにアイテム「こううんのおこう」を持たせて育て屋さんに預けると、ピンプクのタマゴが手に入ることがある。
第4世代に追加されたベイビィポケモンの一匹。

白くて丸い物が好きなポケモンである。ラッキーの真似をして、お腹の袋の中にタマゴにそっくりな石を抱えている。
本人はその石を本物のタマゴと思い込み大事にしている。またその石を好きな相手に渡す。
その他の特徴として、自身の巻き毛の形を気にしている。
しか存在せず、ベイビィポケモンゆえにタマゴも生まない。

ゲーム上の特徴

ラッキーやハピナスの進化系統に入るだけあり、第1形態としては驚異の「HP」種族値"100"を誇っている。
しかし、進化後のラッキーと同様「こうげき」の種族値は"5"と現時点で全ポケモン中最も低い。
観賞用以外ではこれといって利点がないので、とっと進化させることをオススメする。

この形態限定で覚えられる技にあまえるがある。
相手のこうげきを2段階も下げられるため、低い物理耐久を補うことができる。とはいえ交代されると無意味であるため、使い勝手は微妙。
また限定のタマゴ技として「とっておき」もあるが、物理技なのでほぼ恩恵はない。

進化条件に癖があり、「まんまるいし」を持たせて、かつ朝または昼にレベルアップというもの。
ただしなつかせる必要はない。攻略本・サイト等になつかせる必要があるなどと書かれていることがあるが、これは誤りである。

基本的に野生種は珍しいが、シンオウ・ホウエン・アローラで低確率で見かけることがある。
ちなみに野生のピンプクは、50%の確率で「まんまるいし」を、5%の確率で「ラッキーパンチ」を持っている。

タケシのピンプク

タケシがDP第33話で参加したポケモンなりきり大会の優勝商品としてもらったタマゴから生まれた。声優は伊東みやこが担当。
生まれてすぐに親であるタケシに懐き、タケシから受け取ったタマゴ型の石を二人の宝物にしている。
特筆すべきこととして、小さく可愛らしい外見からは想像できないほどの怪力の持ち主。ムサシハブネークを振り回して投げ飛ばしたり、はたくの一撃でロケット団の気球をふっ飛ばしたり、自身の数百倍もある巨大な岩を投げたりなど、アニメの中でその怪力を見せたシーンを挙げるとキリがない。しかも生まれたときから怪力。一体どこでどうすればこんな子が生まれるんだ……?
意外と気が強い一面があるが、仲間にはとけ込みやすく、すぐに仲良くなれる。
まだ幼いためか基本的に甘えん坊で、よくタケシに抱えられていた。
現在はラッキーに進化している。

関連イラスト

ピンプク
無償の愛


ぴんぷく
結婚式ごっこ



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ノーマルタイプ
DPt タケシ

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンプク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231182

コメント