ピクシブ百科事典

ププリン

ぷぷりん

ププリンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.174
英語名Igglybuff
ぶんるいふうせんポケモン
タイプノーマル / フェアリー(第6世代から)
高さ0.3m
重さ1.0kg
とくせいメロメロボディ / フレンドガード(隠れ特性)


進化

ドヤッ!!


ププリンプリン(よくなついた状態でレベルアップ) → プクリン(「つきのいし」を使用)

概要

プリンの進化前であるベイビィポケモン
白目のない赤く大きな瞳をしており、額の巻き毛は小さく、頭頂部の毛はベビーパーマのように盛り上がっている。

その身体は進化後よりとても柔らかく弾力に富み、マシュマロみたいな触り心地。
短い脚で歩くより、その身体でポンポン弾んで飛び跳ねながら移動する方が得意だが、1度転がると弾みまくって自力では全く止まれなくなってしまう。
また、その汗や身体はほんのり甘い香りを放っており、敵の気持ちを穏やかにして身を守る作用があるらしい。

この段階からを歌うことが大好きだが、まだまだ下手で、上手くなりたくて日々練習を続けている。寝ているときも夢の中で歌っている程で、トレーナー等が褒めてあげるとより上達し易くなるのだとか。

しかし声帯がまだ十分に発達しておらず、歌い続けるとノドを痛めてしまう。
放っておくとずっと歌の練習を続ける為、適度に休ませる等のケアが欠かせず、野生の個体はきれいな小川の水でうがいをして癒やしている。

そうして一生懸命歌い続けると、次第に体温が上がり、薄いピンクの全身は進化後のような濃いピンク色に染まっていく。

ゲーム上の特徴

HPの種族値が90と異様に高いが、防御関係の能力は酷い。特に「とくぼう」は登場当時で最下位であった。
第6世代からは、進化系列全体にフェアリータイプが追加された。

不思議のダンジョン

小さな探検隊


空の探検隊』では、ププリンが主人公のスペシャルエピソード『てんさいププリン』が存在する(といってもプクリンおやかたの幼少期だが)。
ししょーの元に転がり込んだププリンが探検隊を志すエピソードである。

進化前で貧弱そうに見えるがレベルアップでのステータスの伸びがやたらと大きいので思ったよりもサクサク進める。流石おやかたである。
同エピソードでししょーに弟子入りする際に土下座をするシーンがあるが、ししょーに「まるくてイマイチ土下座に見えない」というツッコミを入れている。

ポケモン超不思議のダンジョン』では直接このププリンが登場しないが、ししょーがププリン(当然別個体)宛に届け物をする依頼が発生する。
なんでもププリン自体におやかたさまの面影を感じるらしく、「ププリンというと坊主のことを思い出すが、あいつも今ではギルドの親方だしな」とのこと。

関連イラスト

てのりププリン
べいびーず


<●><●>
ふうせんポケモン つめあわせ



関連タグ

ポケモン ノーマルタイプ フェアリータイプ
ピィ ピンプク

ToLoveる…同名のハレンチな呪文がある。全体版は「ギガププリン」。

関連記事

親記事

ノーマルタイプ のーまるたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ププリン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ププリン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 768015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました