ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バネブー

ばねぶー

バネブーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0325
ホウエン図鑑(RSE)No.110
イッシュ図鑑(BW2)No.206
コーストカロス図鑑No.007
ホウエン図鑑(ORAS)No.115
パルデア図鑑No.111
キタカミ図鑑No.125
ローマ字表記Baneboo
ぶんるいとびはねポケモン
タイプエスパー
たかさ0.7m
おもさ30.6kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1あついしぼう:ほのおタイプ・こおりタイプの技を受ける時、威力が半減される
特性2マイペース:こんらん状態にならない。第8世代から「いかく」を無効化する
隠れ特性くいしんぼう:HPが最大の1/4以下の時に使うきのみを、HPが最大の1/2以下の時に使うようになる
おとしものバネブーのしんじゅ
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

英語・ドイツ語・フランス語Spoink
韓国語피그점프
中国語跳跳猪

進化

バネブーブーピッグ(レベル32)

Fallin' Spoink


概要

第3世代『ルビー・サファイアに初登場したポケモン。黒い子ブタの姿をしているが脚がなく、代わりに弾性に優れたバネ状の尻尾でピョンピョン跳躍して移動する。

名前の由来は「バネ+ブー(ブタの鳴き声)」であろう。


バネブー? バネブー……バネ………

だが、跳躍の振動で心臓を鼓動させているという難儀な生態をしており、跳躍を止めてしまうと心臓の動きが止まって死んでしまう(ちなみに、現実においても『跳び跳ねる』『階段を上り下りする』など体や足を大きく上下させる行為は血流を良くするのに効果的である)。


ただし、アニメでは跳ねない状態で他のポケモン達と交流している様子が見られており、XY編でもバネブー同士が止まった状態で木の実を交換し合っている様子が描かれている。

恐らく、ある程度なら自前のサイコパワーで代用できるか、跳ねない上下運動だけでも心臓の活動には十分なのだろう。


ニャースがことわざ「猫に小判」をモチーフにしたポケモンであるように、このポケモンもことわざ「豚に真珠」を元ネタとしている。

また、ホウエン地方は九州をモデルにしているが、鹿児島県では薩摩黒豚が特産品となっている。体色が黒いのもこれが理由であろう。


2まいがいポケモン・パールルと密接な共生関係にあり、頭には常に彼らが作った真珠を乗せている。この真珠は自身のサイコパワーを高めるための触媒として機能し、大きな真珠の方がより強い力を出せるようだ。ことわざとは裏腹に結構活用しているのである。しかし、後述する生息地とは全く合わず、どうやって彼らが真珠を入手しているかは不明。

ちなみに『ポケモンSV』での落とし物も「バネブーのしんじゅ」だったりする。

また、色違いの真珠は黒い。一見するとオレンジの真珠を持つパールルの色違いとは矛盾しているように思えるが、パールルの本体と作り出す真珠は別物なので矛盾はない。


地中に生えるあるキノコが大好物とされており、サイコパワーは主に身を守る他、そうしたものの採取に使っているのかもしれない。


主な生息地は後述の特徴の通り、山道などの険しい場所等。斜面が多い事もあって、必然的に跳ねる機会が増える為であろうか。ただ、HGSS等を見るに平地にも一定数生息する種なのだろう。



ゲームにおける特徴

RSEORAS

  • デコボコ山道のくだりの草むらにしか出現せず、使うトレーナーもRSEではおくりびやまで再戦できるオカルトマニアのホノカしか進化系と共に使用してこなかったために発売当初は存在すら知らない者も多かった(余談だが、ORASでは同じおくりびやまにいるサイキッカーのテツヤがブーピッグを使用するなど少し変更されている)。ポケモンコロシアム以降は徐々に使うトレーナーが増えてきている。

DPtBDSP


HGSS


ブラック・ホワイトBW2


XY


サンムーンウルトラサンムーン


スカーレット・バイオレット

  • 第8世代『ソード・シールド』には未登場だったが、本作では内定。
  • 南3番エリアに出現する。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
602535708060330

  • ステータスはとくぼう、とくこうが高め。HPとすばやさも進化前にしてはまあまあ。しかし、進化してもあまり使い勝手のよい種族値とは言えず、未だマイナーの域にいる。

  • ダイヤモンド・パール」においてもエスパーはパワーインフレの波に乗れずにいるのでさらに厳しい。特性はどちらも使い勝手のよいものだけに残念である。


使用トレーナー

アニメ版

  • サトシ(DP91話のトトライアスロン森の競技で使用)

漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • 2017年12月9日に、第3世代第1陣の中の1匹として参戦を果たした。出現率はそこそこといったところ。

  • 原典同様、常に飛び跳ねている……のだが、プレイヤーが自らボールを当てなければならない本作においてはこれが厄介極まりない点となっており、狙ったタイミングでボールを当てるのが非常に困難になっている。ナイススローやグレートスローならまだしも、エクセレントスローなど相当運が良くない限りまず狙うことなど不可能。さらに、時折通常よりも高く飛び跳ねてこちらの予測をかく乱してくることも。もちろん暴れてボールを弾いてくることもある。

  • とにかく運良く見つけることができても捕まえるまでがかなり大変なので、ゲットを試みる場合は通常よりも多くボールを消耗することをある程度は覚悟しておく必要があるだろう。

ポケモン不思議のダンジョン


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • AG
    • 79話から登場。頭部に乗っけた真珠を落としてしまった為サトシ達に探してもらった。
    • 93話では海上でサトシと再会するが、船に上がる際に再び真珠を海の中に落としてしまい、再び真珠を探してもらっている。
    • このバネブーはとにかく頭に何か乗っていないと気が済まない性格であり、サトシ達が真珠を探している最中にも手あたり次第にププリンビリリダママルマインチルットルリリポワルンキノココホエルコといった丸いポケモン達を念力で浮かして頭に乗せ、その都度サトシ達に取り上げられている。ホエルコ(大きさ2.0m 重さ130kg)頭に乗せるってすごいな・・・・・・。

  • DP編
    • 91話:サマースクール編最後のトライアスロンにて、森の競技でサトシのパートナーとなる。小さい身体ながらサトシを乗せてぴょんぴょん跳ねながら突き進んだ。
    • 160話:ポケスロンのバウンドフィールドのエキシビションに登場、なんとジョウトの優勝者との事。

  • XY編
    • 61話:荒野の中のオアシスに多数生息しているが、ロケット団の策略によってブーピッグの僕にされてしまう。このうちの1匹がブーピッグに仕返しをするためオアシスを旅立ち、助っ人を探していたところ、荒野で休憩していたサトシ達に助けを求めた。
    • 92話:ヒャッコクジムのモブで登場。


アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 8話
    • なんでもピカピカになる布を売ってた店のポケモンでパールルと共に登場。店長と同じエプロンをしており、ロイのホゲータに対して悪どい顔をしていた。

  • 36話
    • 豚ポケモン達が多く暮らす町・ピグトンタウンのポケモンで登場。他、ピグトンタウンにある噴水がバネブーになっている。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章でフウとランの手持ち2匹が登場。マボロシ島でルビーサファイアに高度なコンビネーションを教える為にダブルバトルする。一見弱そうに見えるが、ルビーの足元を掘り返す程の威力を持つ「じんつうりき」が使える。


関連イラスト

リクエスト7はねる をつかった!

325 バネブー年賀状2019


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 エスパータイプ


0324.コータス0325.バネブー→0326.ブーピッグ


同エスパー単タイプ


関連ポケモン等




その他


.

関連記事

親記事

エスパータイプ えすぱーたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592667

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました