ピクシブ百科事典

ニャース

にゃーす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.052
分類ばけねこポケモン
タイプノーマル
高さ0.4m
重さ4.2kg
特性ものひろい / テクニシャン / きんちょうかん(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Meowth
イタリア語Meowth
スペイン語Meowth
フランス語Miaouss
ドイツ語 Mauzi


進化

フルヌッコ


ニャースペルシアン(LV.28)

概要

おでこに小判が付いたの姿をしたポケモンで、招き猫をモチーフにしている。額の小判は外れないし揺れもしないので、恐らく角のようなものなのだろう。

初代では緑版か青版でしか捕まえられない少しレアなポケモンだったが、アニメのブームで人気に火がつき、現在では派生作品等でもメインキャラとして登場するなど、大きな活躍をしているポケモン。


夜行性で昼間はだらだら寝て過ごしているが、夜になると目が輝き、縄張りでの活動を開始する。
キラキラと輝くものや丸いものが大好きで、特にその両方を満たすコインがお気に入り。ボールや毛糸玉などを見つけると夢中になって遊び、疲れて寝てしまう事もあるようだ。
そういったものを見つけると拾わずにはいられないようで、夜な夜な出かけては、落ちているコインを拾い集めて住処のどこかに隠している。

奪い合い


その為、同じ夜行性で光り物を好むヤミカラスとはよく奪い合いになっており、両者がケンカをしている光景を見る事も珍しくない模様。

指先からは鋭い爪を自在に出し入れ可能であり、引っ込めると足音を立てずに歩く事ができる。戦いにおいてはそうして隙をつき、伸ばした爪によるみだれひっかきをお見舞いする。
また、二足歩行のイラストが多い(公式非公式問わず)が、アニメでは四足歩行が本来の姿であるように描かれたことがある。


下記ロケット団のニャースがあまりに有名になったせいで少しニヒルな立ち位置と思われがちだが、元々ゲームではミニスカートなど女の子が多く使用しており可愛いポケモンの一匹としてデザインされている。
また、ニャースの状態では半二足歩行だが、ペルシアンに進化すると四足歩行になる。このため引っ掻き技は使えてもパンチ技は使えない。

ニャースという名前は、ポケモンの生みの親田尻智氏が実際に飼っていた猫の名前からだという。
その図鑑ナンバーは「52」でピカチュウは「25」、天命とも言えるライバル関係はここから来ているようだ。

ゲーム上でのニャース

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ニャース404535404090290
ペルシアン6570606565115440
ピカチュウ355540505090320


半専用技「ネコにこばん」が印象的。また、特性ものひろいのおかげで、ストーリーの金策やアイテム収集にも有効なポケモン。

能力面では“すばやさ”が飛びぬけて高く、あのピカチュウと同速なのは流石といったところ(アニメ的な意味で)。しかし、それ以外のステータスは低く、今のところ「でんきだま」のような火力補強アイテムもないため、対戦での使用率は低い。

それでも、「さいみんじゅつ」「ちょうはつ」「わるだくみ」など覚えられる変化技は優秀であり、威力60以下の攻撃技も多く覚えるので、特性テクニシャンを活かしやすく、タイプも豊富なので攻撃範囲は広い。また、「きあいのタスキ」で攻撃を耐えた後のタイプ一致「じたばた」は強烈。

……いずれにせよ、ペルシアンでやった方が強いのに変わりはないが。一応、リトルバトル(LV5以下&未進化ポケモンのみでの対戦)のような特殊なルール下では優秀なポケモン。

冒険前のささやかな悪あがき


サン・ムーン』ではカントーからアローラへ引っ越してきた主人公のママのパートナーとしても登場する。主人公を起こしにきたり、部屋の家具に傷が多かったりするところからして、長い付き合いのようだ。また、『ウルトラサン・ムーン』でのサブイベントから察するに、バトルの実力もなかなか。

リージョンフォーム

のーまるニャースとあくニャース


基礎データ

タイプあく
高さ0.4m
重さ4.2kg
特性ものひろい / テクニシャン / きんちょうかん(隠れ特性)

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境で変化した新たなニャースの姿。 →アローラニャース

キョダイマックス

キョダイマックスニャース


ずかんNo.052
ぶんるいばけねこポケモン
タイプノーマル
たかさ33.0m~
おもさ???.?kg
とくせい ものひろい / テクニシャン

ばけねこポケモン・ニャースがキョダイマックスした姿。
正式名称は『ニャース(キョダイマックスのすがた)』。

胴体部だけが伸び〜に伸びたアローラナッシーの再来といえる体型に全てのトレーナーは唖然とした事だろう。
目も爛々と光る白目だけのものになり、周囲にはダイマックス特有の暗雲が人魂じみて浮かぶなど、「化け猫ポケモン」の分類に違わない妖怪チックな姿へと変貌した。

額の小判も、旧斜体の漢字が描かれた"大判"にランクアップしており、この大判からキョダイマックスのパワーを一気に発射して、あたりに強烈な黄金の輝きを放つ。

キラキラと光るものに目がない習性は相変わらずで、ガラス張りの高層ビルを見ると、誘惑に抗えずに爪とぎを始めてしまう。
この爪とぎによって、外壁が削られ、窓ガラスが割れるなどの被害も発生してしまうようだ。それ以前にガラスを引っ掻くのだから、大音量のいやなおとが鳴るに違いなく、市街地では絶対に使ってはいけない形態と言える。

この姿へキョダイマックス可能なニャースは野生では出現せず、早期購入者特典として(進化できない)特別な個体が配信される模様。
「どうながポケモン」のオオタチもビックリな縦に伸びた体は、三味線用に品種改良されて胴長になった猫の都市伝説がモチーフではないかと推測されている。

このニャースの放つノーマルタイプの技は、ネコにこばんの超強化版とも言うべき「キョダイコバン(巨大小判)」へと変化。ネコにこばんと同じ効果に加え、相手全体をこんらん状態にする効果も付与されている。

アニメでのニャース

アニメではロケット団のニャースが最も多く登場している。詳細は当該記事を参照。

それ以外の個体では、AG編に登場したテツヤの「長靴をはいたニャース」などがゲストとして登場している。

派生作品

ポケモン不思議のダンジョン』の救助隊シリーズでは主人公のひとりとして登場。

スマブラシリーズでは初代にのみモンスターボールから現れるポケモンとして登場し「ネコにこばん」で周囲のライバルを攻撃。『DX』ではフィギュアのみの登場となっている。

はねろ!コイキング』では、コイキングの育成をサポートしてくれるポケモンとして登場。スーパーリーグをクリアしておまもりこばんを入手するといけすに現れ、タップするとスキルレベルに応じた量のコインをくれる。

『4コマ大百科』では、紙の金より小銭が好き。

『ポケットモンスターSPECIAL』ではサンの手持ちの一匹として登場。普段はダラダラしててエンとは仲が悪い。
それ以外ではシャムのペルシアンの進化前で登場。

関連イラスト

猫に小判
ニャース


ぬこ

ギターをひくねこ



関連動画



関連タグ

ノーマルタイプ あくタイプ
猫ポケモン エネコ ニャルマー ニューラ チョロネコ
ニャスパー ニャビー
ムコニャ ロケット団のニャース ムサシ コジロウ

関連記事

親記事

猫ポケモン ねこぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニャース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7252980

コメント