ピクシブ百科事典

さいみんじゅつ

さいみんじゅつ

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

技のデータ

初出第1世代
命中60(〜第3世代)→70(第4世代・日本語版のDP)→60(第4世代・外国語版D・Pt〜)
PP20
タイプエスパー
わざ分類変化
攻撃範囲単体
直接攻撃×
備考相手をねむり状態にする
英語名Hypnosis


概要

初代から存在する技。
キノコのほうしと並んで、相手をねむり状態にする技の元祖。
初代では目を覚ましたターンも何も出来ない仕様だった為、延々と眠らせて行動を縛る方法も(理論上は)可能だった。
しかし、命中率が超不安定の60と言う事もあり、かげぶんしんみがわりで攻撃を透かすのは当たり前の環境での使用率はよろしくなかった。
但し、最大ねむりターンが一番長かったのも実はこの世代だったりする。

第2世代からは目を覚ましたターンは行動出来るようになった為、相対的に弱体化。
そのまま第3世代まで続いた。

第4世代ではねむり強化に加え、この技の命中率も70に上昇した。
その為正にDP世代はねむりの黄金期とも言える時代であり、大会で規制がかかる程重要な技となった。
あまりにも強化されすぎた為か、Pt世代で元の仕様に戻された。
その後はねむりと共に徐々に弱体化と向かい風の道をたどる事になる。

ただし、じゅうりょくとの組み合わせることで命中率が99%になる。この状態でゲンガーデンジュモク等が出て来た場合は注意が必要。特に後者はZワザやほたるびとの組み合わせが決まると手が付けられなくなる。

第7世代以降はカプ神の特性で無効化されやすくなり他の催眠技同様再び弱体化したが、対策を怠ると手が付けられなくなる点は相変わらず。
なお、キノコのほうし等と違い、こう見えて習得するポケモンのタイプは結構ばらけている(一応エスパータイプが多め)為、予想外のポケモンから飛んでくる場合も。

ちなみに命中率が70%だったのは日本語版のDPのみで、外国語版DPやPt・HGSS以降の4世代作品は命中率が60%。そのため日本語版DPとそれ以外の第4世代ソフトで通信対戦をすると、日本語版DPでは催眠術の命中率が70%、Pt/HGSS/外国語版DPでは命中率60%という条件で戦わなければならない事態になってしまった。当然ながら催眠術の命中率の関係上、後者の方が不利となる。

外国語版のソフトでは命中率の変化が一度も行われていない。
別の世代で性能が変化した技は多数あっても、同世代の技で命中率が変化した技は現時点でこの技だけである。

アニメにおけるさいみんじゅつ

記念すべき無印第1話「ポケモンきみにきめた」にて初登場。ゲームと同様ニドリーノと戦っているゲンガーが使用し、彼を眠らせたという点はゲームと同じである。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵
キノコのほうし あくむ

pixivに投稿された作品 pixivで「さいみんじゅつ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1886524

コメント