ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第2世代
タイプノーマル
ぶんるい変化
いりょく-
めいちゅう-
PP5
範囲自身(第2世代~)→単体(第3世代)
効果相手は逃げる事ができなくなる
英語名Mean Look

概要

第2世代から存在する技。

怪しい眼差しで相手の交代(野生ポケモンの場合は逃走)を封じてしまう。

ノーマルタイプの技だが、覚えられるポケモンはエスパータイプゴーストタイプが多く、意外にもノーマルタイプで覚えられるのはミネズミ系統だけだったりする。


第2~5世代には、準伝説の中に戦闘に入った最初のターンに即逃走する「徘徊系ポケモン」がいたため、この技は対戦外でもかなり需要があった。

(例えば、徘徊系ポケモンに繰り返し「みねうち」を浴びせてHP1にした後、「くろいまなざし」と「さいみんじゅつ」を覚えさせたゲンガーを先頭にして接触。逃走を封じた上で眠らせ、ボールを投げる。相手が眠りから覚めたらまた眠らせて……といった具合)

第4世代ではクイックボールの登場により、HP1+ねむり状態にしておいて、最初のターンにクイックボールを投げるという戦法がとれるようになり、相対的に需要が低下した。

第6世代以降はそもそも徘徊系がいなくなったため(XYの三鳥は徘徊はするが特殊な仕様なので例外)、使う相手はケーシィテレポート」を覚えたポケモンぐらいしかいなくなってしまった。


<●><●>

ちなみにネイティオは覚えない


実は初出の第2世代では、この技を使用したポケモンがいる限り相手は逃げられないという、自身にかける効果だった。まだダブルバトルが無かったため些細な違いなのだが。

いずれにしても、効果を維持するためには使ったポケモンが場に留まらなければならず、倒されたり交代したりすると効果が消える。


第4世代までは、ブラッキーが「くろいまなざし」を使ってから、その状態を「バトンタッチ」で引き継がせて、有利な相手と対面させる戦法が存在していた。

しかし第5世代で仕様変更となり、「バトンタッチ」で引き継ぐ事ができなくなってしまった。


第6世代ではゴーストタイプ全般に無効となってしまった。

また、アイテム「きれいなぬけがら」を持ったポケモンや、「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」といった控えのポケモンと交代する技でも抜け出す事ができるので注意。あくまで交代できるだけだが逃げる選択肢がない対戦では充分対策になる。

特性「にげあし」あるいはアイテム「けむりだま」を持ったポケモンの場合、逃げる事はできるが交代はできないので、対戦では対策にならない。

対戦では主にゴーストタイプが「ほろびのうた」と併用してくる事が多い。主に「しんかのきせき」で高い耐久を持つムウマ、高い素早さからメガゲンガーが使用してくる事が多い。ムウマージも可能だが、耐久はムウマ、素早さはメガゲンガーに負けているため、使用頻度は低い。

ニャオニクス♂が「あくび」と合わせて相手を逃がさずロックする戦法がある。


関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧

他逃走封じの技

クモのす とおせんぼう

フェアリーロッククレッフィ専用、全体に1ターンのみ

サウザンウェーブジガルデ専用、+ダメージ

かげぬいジュナイパー専用、+ダメージ

アンカーショットダダリン専用、+ダメージ

拘束技

まきつく しめつける ほのおのうず からではさむ うずしお すなじごく マグマストーム まとわりつく

逃走封じの特性

かげふみ ありじごく じりょく

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2516769

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました