ピクシブ百科事典

ムウマージ

むうまーじ

ムウマージとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.429
英語名 Mismagius
ぶんるい マジカルポケモン
タイプ ゴースト
たかさ 0.9m
おもさ 4.4kg
とくせい ふゆう


進化

no title


ムウマムウマージ(「やみのいし」使用)

概要

『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』(第4世代)から新たに追加された、ムウマの進化系。

名前の由来も恐らく「ムウマ+マージ(mage)」から。

どこからともなく現れる神出鬼没のポケモンで、呪いの言葉とも言われる呪文の様な怪しい鳴き声を呟き、聴いた相手を頭痛や恐ろしい幻覚に陥れ苦しめる。
その呪いや祟りを振りまく生態から人々に恐れられているが、稀に聴いた相手を幸せにする鳴き声もあり、気まぐれに人を助ける事もあるらしい。

曰くの願いが叶う呪文もあるらしく、命がけでムウマージを狙う人もいるんだとか。
だが因果律を操作する程の力を持っているとは思えない為、先述の生態から言って、恋が叶う呪文の正体は精神操作の類な可能性が高い(実際にさいみんじゅつが使えるポケモンでもある)。
何分、性質が気まぐれである事も合間って、真相は闇の中である。

ポケモンカードゲームでは『くろまじゅつ』と言う技を使う個体がいる辺り、人間が扱う類の魔法が使えるのだろうか。

ポケナガではノウヒメのベストリンク。

ポケモン不思議のダンジョン時・闇)では、ある重要なボスの配下として登場するためか、同ダンジョンの道中の最下層近辺にも普通に出現するのだが……
なんとそのダンジョンというのが火山の火口内部(正式なダンジョン名は伏す)であるせいで、数多の炎タイプに紛れて唯一ゴーストタイプであるこいつはというと、マグマの流れる壁を何食わぬ顔で通過移動しながら床のマグマに飛び込んで火傷する事態が多発する。

容姿

夢魔の子供の様だった進化前から一点、魔女魔法使いを思わせる姿に成長した。
体色が濃い紫へと変わり、大きな魔女帽子の形をした頭部に、ローブの如くひらめく胴体、胸には特徴的な赤い宝石の様なものがついている。
他の新たに追加された進化系のデザインに否定的な古参のファンからも、ある程度肯定されたデザインで人気も高い。そもそも"ノーマーク"であったムウマが進化した為に、すんなりと受け入れられたのかもしれない。
特にハロウィンの時期に彼女らのイラストが起用されるのは、風物詩となっている。

ゲーム上の特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ 合計
606060105105105495


進化した事で「とくこう」・「とくぼう」・「すばやさ」が目覚ましく上昇した。その反面元々低かった「HP」・「こうげき」・「ぼうぎょ」はそのまま据え置かれ、変化はない。

攻撃技としては、シャドーボール」、「あくのはどう」、「10まんボルト」、「エナジーボールなどが挙げられる。はがねタイプには打点が無かったが、BWのPGL限定で威力100のほのお技れんごくを習得。ただし厳選難易度がかなり高いうえ、命中も50とかなり低いので安定はしない。一応当たれば確実にやけどに出来るので不安な物理耐久を補える点では優秀だが。Zワザにするのもよいだろう。

第6世代からはタイプ相性の見直しによりゴースト技がはがねに等倍になったので一応止まらなくはなった。また分類が「マジカルポケモン」と言う事で、この世代から苦手なあくタイプに有効な「マジカルシャイン」、更にORASからは命中安定のほのお技としてマジカルフレイムを習得。めざパ炎を粘る必要がなくなった。威力もめざパ炎より高く、確実に相手の特攻を下げられるので特殊耐久が高めのムウマージにはうってつけのほのお技である。

ゴーストタイプとしての補助技の多さが優秀である。
補助技としては「おにび」、「めいそう」、「でんじは」、「おきみやげ」などの他にも「ほろびのうた+くろいまなざし」のコンボも決まれば非常に恐ろしい。
また『HGSS』からタマゴ技で「わるだくみ」を習得可能になり、火力も上がった。

難点としては、他のゴーストタイプの特殊アタッカーにも言える事だが、"単純なゴーストタイプの特殊アタッカー"にするだけならゲンガーの劣化になりかねない。
その為にも、ゲンガーには出来ない補助技の優秀さを利用する必要がある。その他にも石進化系の宿命なのか、進化してしまうと進化前の技が習得出来なくなる点も注意。

しかし、第7世代にてゲンガーの特性がふゆうからのろわれボディに変更されたことにより、新たに弱点が追加されてしまい、受け性能ではこちらがやや有利となった。
そして、前述のマジカルフレイムは威力が65→75にアップした。

ちなみに、第7世代の時点で、「マジカル」が名前に入る全ての技を覚えるのは、ムウマージとドーブルだけである。

VC版から7世代に輸送した時の問題点

何故か、ムウマージはVC版で覚えたマシン技(わざマシン39のスピードスターで確認)を覚えていると「問題のあるポケモン(不正な手段で覚えた技がある)」とみなされ、バトルに参加できなくなる。
具体的には、「VC産(ゲームボーイの形)のマーク」+「第三世代以降のわざマシンに収録されていない技」の両立が不可能ということ。

同じ追加進化組であるトゲキッスベロベルトなどでは、第二世代限定のマシン技を覚えていても問題なく通り、
VC産マークのついていない4世代産(教え技に同技が存在する)や、進化させずにムウマのままであれば通ったため、単純に不具合が起きているようである
(※3世代やDPt産などの別世代でのムウマから進化させたムウマージ、第二世代限定技を覚えた上記以外の別の追加進化ポケモン、スピードスター以外のマシン技で確認出来たわけではなく、例外もあると思われるため、さらなる検証が求められる)。

アニメ

マージレックウザ


アニポケでは『ダイヤモンド&パール』第43話『ムウマージ!悪夢からの脱出!!』では自らが作り出した世界のレックウザと合体してゲームにも実装されていない紫色のレックウザへ変化した。公式の合体ポケモンは他にも前例があり、無印に登場したゴースがフシギバナカメックスを合体させ、フシギックスを召喚したりとやりたい放題だった。何の因果かこれらの合体ポケモンを作り出したのはいずれもゴーストタイプの面子だったりする。

ポケモンカードゲーム

拡張パック「ダブルブレイズ」収録のムウマージのカードが、一時期環境を荒らしまくった。
このカードは特性として「ふしぎなことづけ」が設定されている。効果は「このカードをきぜつ状態(=ゲーム版における「ひんし」に相当する状態)にしたうえで山札から手札を7枚獲得する」というもの。
ポケモンカードゲームは相手のカードをきぜつ状態にすることで取ることができる「サイドカード」をすべて取り切れば価値となるゲームなので、一見するとデメリットを払いつつ強力なカードを山札から回収するためのハイリスク・ハイリターンな特性に見えるだろう。
このカードが禁止された理由はいくつかあるが、最大の理由が、拡張パック「ジージーエンド」収録のグッズカード「リセットスタンプ」の存在である。
このグッズの効果は「相手の手札をすべて山札にリターンして山札を切った後、残りサイドカードの枚数と同じだけ山札を引かせ、手札にする」というもの。
そう、
ムウマージを生贄にすればするほどリセットスタンプで相手が引き直す手札を削ることができるのだ。
同じポケモンは最大4体、サイドカードは最大6枚のため、ムウマージがこの特性を連発すればサイドは2枚となる。その直後に「リセットスタンプ」を使えば相手の手札は瞬く間に2枚となってしまう。運悪くそこでエネルギー×2を掴まされた暁にはもう…
というわけで、当該カードは使用禁止となってしまった。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

まじかる
秘密よ秘密


メリッサ
ムウマージ



関連タグ

ポケモンDPt ゴーストタイプ
魔法使い 魔女 ハロウィン

第4世代追加進化

No.ポケモンNo.ポケモンNo.ポケモンNo.ポケモン
407ロズレイド424エテボース429ムウマージ430ドンカラス
461マニューラ462ジバコイル463ベロベルト464ドサイドン
465モジャンボ466エレキブル467ブーバーン468トゲキッス
469メガヤンマ470リーフィア471グレイシア472グライオン
473マンムー474ポリゴンZ475エルレイド476ダイノーズ
477ヨノワール478ユキメノコ

関連記事

親記事

ムウマ むうま

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ムウマージ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ムウマージ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4112038

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました