ピクシブ百科事典

カメックス

かめっくす

カメックスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.009
ジョウト図鑑 No.234
新ジョウト図鑑 No.239
ホウエン図鑑 No.211
セントラルカロス図鑑 No.088
ぶんるい こうらポケモン
タイプ みず
たかさ 1.6m
おもさ 85.5kg
とくせい げきりゅう/あめうけざら(隠れ特性)

※げきりゅう:自分のHPが最大HPの1/3以下のとき、みずタイプのわざの威力が1.5倍になる。
※あめうけざら:天気が雨のとき、毎ターン最大HPの1/16回復する。

他言語版の名称

英語 Blastoise
イタリア語Blastoise
スペイン語Blastoise
フランス語Tortank
ドイツ語 Turtok


進化

アイコン風ゼニガメ系統


初期中間最終
ゼニガメカメール(Lv.16)カメックス(Lv.36)

メガシンカ

りゅうのはどう!!!メガカメックス!!


カメックスメガカメックス

概要

ポケットモンスター赤・緑』(第1世代)で初登場したポケモン。
カメールがレベル36になることで進化する。ゲーム開始時に選べる、いわゆる御三家の中で、みずタイプの最終形態。
また上記の作品のマイナーチェンジ版である『ポケットモンスター青』では、ジャケットを飾っている。
勇ましい風格とロマン溢れる設定から、初代より根強い人気を持ったポケモンである。

巨大な2足歩行のの姿をしており、メディアによって多少色は変わるが、肌は青系の色、甲羅は茶系の色である。色違いは青い体色部分がより濃くなり、紫色に近くなり甲羅は濃い緑色になる。
カメールのときに生えていた耳と尻尾の毛はなくなった他、全体的な顔つきや体格がごつく厳ついものへと変化している。
また、近年の作品やメディアでは口の中に歯が生えている事が多くなっている。

最大の特徴は、背中の甲羅に備えられた2門のロケット砲「ハイドロキャノン」の存在。
普段は甲羅の中に収納しており、必要に応じてせり出すようになっている。
そのロケット砲から噴射されるジェットハイドロポンプは、分厚い鉄板も貫くほどの破壊力を誇る上、50m離れた空き缶を撃ち抜く事が出来る正確無比な命中精度を持つ。
消防車の放水を凌ぐレベルだという。
また、出せるのは水だけではなく「れいとうビーム」等の光線技もこの大砲から発射する。尚きちんとした描写があるのはいずれも他のメディアでありゲーム本編でまともに使用されたことはない。
その特徴の影響で放水箇所はキャノン部分や口からのみのように見えるが引っ込めた甲羅の手、足部分からも放水が可能。ゼニガメの頃からアニメなどでは見られた特徴なのでどうやら体内には放水器官が進化前の段階から存在しているらしい。手足から水を噴射し反動で高速スピンしながら攻撃するなどの行動もある。極めつけはなんと引っ込めた足部分の穴から放水した反動で空をも飛ぶといった離れ業までやってのける。

そうした水圧に耐えられる様、わざと大きく重たい身体へと進化するようになったらしく、時にはその体重で相手にのしかかり気絶させる攻撃も行う。
ただしそれでも体重は初代御三家の最終進化では最軽量、同じカメがモチーフで御三家出身のドダイトスと比べると3分の1以下、更にドダイトスの進化前のハヤシガメと比べても10㎏程軽く、重量級のポケモンが増えた今日では典型的な中量級ポケモンといえる。

そしていざとなれば亀らしく甲羅に籠って身を守る
外見からは判断できないがロケット砲以外の部分からも水を噴射する事が可能で、甲羅に籠ったまま水流の勢いを利用して相手に突っ込んでくる事もある。


ゆけ、カメックス!


このメカっぽい設定からはがねタイプを持っていそうだが、実際のタイプはみずのみ。
ロケット砲は甲羅と同じ材質で出来ているようで、甲羅の開閉・収納機能も内部の筋肉によって行われている模様。
ちなみにカントー御三家の最終進化形で唯一単タイプである。
また同様に単タイプの最終進化形であり、かつメガシンカできるジュカインと違い、こちらはメガシンカしても単タイプのままである。
メガシンカだけでもはがねタイプを追加してあげてもよかった気もするが、はがねタイプの攻撃技を有効活用出来るタイプが少なく、対戦で人気の攻撃技の「じしん」に弱くなるという欠点を考えると単タイプのままが必ずしも悪いわけでも無かったりする。

名前の由来は「カメ」+「rex」(ラテン語で「国王」)と思われる。
一方英語名のBlastoiseはBlast(砲台から火薬弾などを発射する事)+Tortoise(陸ガメ)が由来。

海外では初代ポケモンが『ポケットモンスター赤/緑』ではなく、『緑』に代わって『Blue version(青版)』が最初に発売された為、「最初にその姿を見たポケモン」として日本以上に高い人気を誇る。
なお海外では『Green version(緑版)』は『ファイアレッド・リーフグリーン』で初めてその名が使われた。


ポケモンカードゲームでは「自分の番に手札の水エネルギーを何枚でもつけることができる」という能力を与えられることが多い。この能力を持っているカメックスはいずれもその世代の一線級のデッキのキーカードとして活躍している。
また、最初に導入された際にこの能力は「あまごい」という名がつけられ、現在は本編でも有名な技として逆輸入されている。

ゲーム上の特徴

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
79831008510578530
見た目を反映してか「防御」「特防」は高めに設定されており、前者はオーダイルと並び他のみずタイプ御三家より高い。後者もアシレーヌが出るまでみずタイプ御三家ではトップであった。
また、見かけによらず「すばやさ」もラグラージエンペルトよりは高い。

習得に遺伝が必要なものも多いが、幅広い攻撃わざや補助わざを覚えられる為、非常に小回りの利く戦い方が持ち味である。
基本的に「攻撃」「特攻」のどちらにも偏っていない為、物理アタッカーとしても特殊アタッカーとしても運用する事が出来る。
ただし現在は技の威力や種類の関係で、特殊型がメインとなっている。

メインウェポンとして、自身の代名詞であり威力・命中のバランスが良い「ハイドロポンプ」や、半端な素早さをカバーすれば凄まじい火力を発揮できる「しおふき」、より安定性を重視した「なみのり」などが候補に挙げられる。

その他の攻撃わざとして、サブウェポン定番の「れいとうビーム」を筆頭に、「ふぶき」や「ラスターカノン」、メガシンカ時なら大幅に強化される「みずのはどう」「あくのはどう」「はどうだん」「りゅうのはどう」などが候補に挙げられる。

その他耐久を生かした「ねっとう」「ミラーコート」「カウンター」との相性も良く、小技として「ねこだまし」や「あくび」も使用できる。
また「こうそくスピン」を使用して「ステルスロック」「まきびし」等を除去出来るため、案外重宝される場面も多い。

物理型なら「たきのぼり」「アクアテール」「アクアジェット」「じしん」「かわらわり」等を使って戦っていくと良いだろう。

その一方で、逆に言えばどの種族値も特出していない平均・平坦なステータス配分がネック。
覚えられる技が多彩な反面、「カメックスならでは」という特徴に乏しく、器用貧乏になりがちなのが欠点で、メガシンカしてもこの点は完全には改善されない。
特に最激戦区のみずタイプである所が気になるところ。勿論「弱い」というわけでは無いので、上手く技を組み立ててその能力を活かせるようにしたい所である。

隠れ特性の「あめうけざら」は耐久の高いカメックスには決して悪くはない特性だが、耐性が優秀なルンパッパドククラゲと比べると使いこなせているとは言えず、さらにフシギバナの「ようりょくそ」やリザードンの「サンパワー」がいずれも非常に強力すぎるのもあって一般的にはハズレ扱いされやすい。

ポケットモンスター ソード・シールド』にてメガシンカは廃止されたが、遂に超強力な積み技である「からをやぶる」を習得した。
からやぶ使いの中ではメテノに次ぐ素早さを誇り、第8世代ではメテノが不在なことから最速のからやぶ使いとなった。破りさえすればドラパルトはおろか中速帯のスカーフ持ちあたりでさえ悠々と抜き去れる速さを獲得できる。
元々高耐久かつ弱点が少ないので積むタイミングも作りやすく、まさにカメックスにぴったりの技と言える。

反面、単タイプなことが祟って、みず技以外の火力は破った後でもさほど高くはない。そのため、みずを半減以下にする相手には破ってもそこまで有利ではないという悩みがあり、単純な突破力ではパルシェンやガメノデスに一歩劣ってしまう。ここでもやはりカメックスの器用貧乏さがネックになってしまっているのだ。「じゃくてんほけん」や豊富なサブウェポンをうまく駆使して補いたいところである。
もっとも、破った後でうまくげきりゅうが発動したり、ダイストリームで雨を降らせるなどすればみず技でゴリ押せる余地はある。

また、キョダイマックスを用いた「キョダイホウゲキ」はみずタイプ以外を毎ターン1/6も削る中々にエグい設置を行う効果を持つ。シンプルな雨も強いが倒れても効果が持続するこちらも強い。ダブルでは2体に有効なのでダブルではこちらが主流。
からやぶ型は基本的には特殊型での運用になるが、火力はやや落ちるものの技範囲が異なる物理型も実用性のあるレベルで、意表もつけるメリットもあるためこちらも十分にアリ。
ちなみに、からをやぶるの陰に隠れているがボディプレスも習得しており、てっぺきとのコンボが可能なことから物理受け型もひっそりと強化されていたりする。

この結果、第8世代現在のカメックスは大きく分けて、元来の補助技を多用する型、からをやぶるを用いたアタッカー型、てっぺきとボディプレスを使う耐久型等それぞれの全く違う対策や対応を求められる戦術を行えるポケモンとなっている。相変わらず特化した戦術と比較すると控えめな性能なので器用貧乏気味だがそれなりに多芸であり万能になりつつもある。
何より上記の「キョダイホウゲキ」に「てだすけ」・「ねこだまし」・「あくび」等の優秀なサポート技が評価されたことで、それまでメガシンカでも中々成し得なかったダブルバトルの環境入りをキョダイカメックスによって遂に果たしたのである。これだけでも大躍進と言えるだろう。


なお、性能とは関係ないが、本編ゲーム内においては何故か通常形態のカメックスが砲台から技を使用することはない。「ハイドロポンプ」等もモーションの関係で口から出すようになっている。仕様とはいえ少し残念な点である。


ポケットモンスター金・銀・クリスタル』及び『ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー』(以下『HGSS』)において、シロガネ山において戦うことが出来るレッドのポケモンとしても遺憾なく存在感を示した。
特に『HGSS』では、天候が「あられ」状態なのでカメックスが使用する「ふぶき」は威力が高い上、必ず命中するため多くのプレイヤーに恐怖を与えた(とはいえ不一致であり自身もあられのダメージを受けるため、ラプラスほどの脅威ではなかったが)。
さらに『ブラック2/ホワイト2』のポケモンワールドトーナメントにおいては、同じくレッドが使用するカメックスが何とこだわりスカーフを持ち、高速で「しおふき」をぶっ放してくる。無警戒で挑むとパーティが半壊する恐れがある。


キョダイマックス

カメックス-キョダイマックスver.


タイプ みず
たかさ 25.0m~
おもさ ???.?kg

こうらポケモン・カメックスがキョダイマックスした姿。

主に大砲部分だけが変化していたメガカメックスとは異なり、肥大化した胴体の甲羅に幾つもの小型大砲が生えるなど、まるで生きた戦艦や移動要塞とも言うべき見た目となっている。
カラーリングも全体的に変わり、腹部や下顎は赤に、甲羅は黒になり、青緑となった肌の手足には独特の模様が生じている。

水流を放つ甲羅の砲口の数は、大小合わせて31門にも及び、状況に合わせて使い分ける。特に甲羅中央にある主砲は非常に強力で、放たれる水流が山に穴を開けたという伝説がある程。
バトル中はそれら大砲をフルに活かす為、バクガメス同様の敵に背を向けた背面立ちスタイルを取る様になる。

また、主砲を取り囲む12門の大砲は自在に向きを変えることができ、地上だけでなく、上空を含む全方位に向けての攻撃が可能。
その為戦闘時には狙いを定める必要を持たず、多数の噴射口から豪快でパワフルな一斉掃射を行い、手数で相手を圧倒する。

このカメックスが繰り出すみずタイプの技は、専用の「キョダイホウゲキ」へと変化する。
相手にダメージを与えるだけでなく、激しい水流が4ターンの間フィールドで荒れ狂い、相手のみずタイプ以外のポケモンに毎ターン終了時、最大HPの6分の1のダメージを与える。

なお設定の割に背中の砲台を使う専用モーションが本編では存在せず、半ば飾りと化していたものをこの技にて専用モーションが与えられ初めて使用する事となった。

他作品のカメックス

ポケモンレンジャーシリーズでは

最初はラストダンジョンのフィオレしんでんでゴーゴー団が操るポケモンとして登場し、クリア後はフォルシティの港地下に出現するようになる。
キャプチャ画面では口からハイドロポンプを発射してくるが17回囲む事でキャプチャ出来、みずかけ×3である為、みずかけで除去できる障害物は大抵カメックスで解決できる。
バトナージではビエンのもりに生息しており、この作品からやっとハイドロポンプをキャノン砲から発射するようになった。
キャプチャするとフィールドわざ「あまごい」を使用できるが、このフィールド技を使うのはミッション03だけである。
光の軌跡ではクリア後のシルバーフォールに出現し、新たに地面に残る水の塊の発射とじならしが攻撃手段に加わった。
ポケアシストではハイドロポンプを発動かと思いきや、あわを連射するという拍子抜けする演出になっている。フィールド技も初代と同じものに戻った。


ポケモンGOでは

初期形態のゼニガメが博士からもらえる最初のポケモンの1匹として設定され、またゼニガメの出現率もそこそこある為、入手難易度はあまり高くない。

耐久力が高く攻撃力もそこそこなので全体的にバランスの取れた性能なのだが……問題はみずタイプゆえにライバルが多いどころではなく、特にみず最強のシャワーズカイオーガに事実上完敗状態であること。
とはいえ単純スペックで見た場合の話であり、カメックスはタイプ不一致ながら「かみつく」や「れいとうビーム」「ラスターカノン」を備え、みず技が効きにくい相手でも多少何とかなる等器用万能さでは勝負できる。特にジム防衛の常連であるカイリューボーマンダの弱点を突けるのは大きい。
これらはシャワーズにはできない芸当であるが、こちらもより攻撃力の高いオーダイルトドゼルガの登場でその立場も危うくなっているという……

そんな感じで本作ではイマイチパッとしない印象のカメックスであったが、トレーナーバトル実装後はエース級の働きを見せるようになり、プレイヤーから再評価されるようになった。
元々最大CPが低く耐久の方が高いことから、CP制限枠内に自身のCPを収めやすい上に耐久も維持できる。
特にハイパーリーグではフル強化した万全の状態でもCPが上限の2500内に収まるため、思う存分大暴れできる。

加えて下記コミュニティ・デイでのみ覚えられる「ハイドロカノン」がチャージ速度・威力共に非常に優秀な回転率を誇る。
火力は同じ技を覚えるオーダイルに譲るが、カメックスは耐久力と「みずでっぽう」の出の速さが売りで、十分差別化が可能。

サブとしてオーダイル同様「れいとうビーム」を覚えさせれば対くさ・ドラゴンタイプも安心。
うまく立ち回ればハイパーリーグ屈指の強豪であるギラティナとも互角以上に渡り合えるというすさまじいポテンシャルを秘めている。

レイドボス

2017年6月23日11月4日まで他の初代御三家同様レイドボスに選ばれており、難易度は一般ポケモン最高レベルの★★★★
……なのだが、カメックス自体の需要がかなり低いこともあって専ら外れ扱いされているのが現状。
バンギラスを期待して行ってみたらカメックスでガッカリ……という事態が少なくない。
シャワーズが★★★なので難易度の面では優遇されているが、その分倒しにくい癖に戦力として微妙とあっては立つ瀬がない……

2017年11月5日以降は進化前のカメールにその役割を譲る形で、他の初代御三家共々レイドボスの地位から退いた。

コミュニティ・デイ

2018年7月8日(日本では8月4日)に開催されたコミュニティ・デイの期間中にカメックスに進化させることで、特別な技「ハイドロカノン」を覚えさせることができたが、フシギバナリザードンの時とは違い、高性能な技を持ってしてもステータスの低さを補うには不十分という有様であった(一応、発生があの「ストーンエッジ」よりも早く、硬直時間も短めなので、技の性能自体は優秀なのだが、いかんせんカメックスの攻撃力が低すぎるので…)。

さすがにこのままでは残念なイベントになってしまうことを考慮したのかか、イベント期間中にはフィールドリサーチのタスク報酬として「サングラスをかけたゼニガメ」が登場することになった(もちろん系統すべてで色違いVerもある)。
ピカチュウとその進化系列以外のポケモンに装飾品がつくのはポケモンGO史上初である。

⊂銭亀団⊃


「ゼニガメ団のサングラスと形状が違う(直前に出現していた特別仕様のピカチュウのものの使い回し)のでコレジャナイ感」「カメールはともかくサングラスをかけたカメックスがシュール」など突っ込みどころは多いが、イベントに新たな付加価値が生まれたのも事実。
実際、コレクション用にサングラス姿のゼニガメを集めようとプレイヤーが大盛り上がりを見せたことを見ると、運営側のこの試みは一定の成功をみたと言えるだろう。

スマブラ

アイテムのモンスターボールから登場し(64DX)、「ハイドロポンプ」で横一直線に攻撃する。しかし発射のたびに反動で後退していくため、攻撃の途中でガケから落ちてしまうことも多い。

また、進化前のゼニガメはファイターの一騎として参戦している。

ポッ拳への参戦

DLC「バトルポケモン追加パック」によってファイターとして参戦することが発表された。
分類はパワータイプだが、原作同様器用な立ち回りが可能で、「みずでっぽう」と「甲羅構え」はそれぞれ複数の派生攻撃を持ち、状況に応じて様々な選択を行える。

豊富な遠・中距離攻撃と高いHPを持つが鈍足で技の発生が遅い、という大砲使いらしい性能となっており、バースト時の必殺技『豪砲デストラクション』は必見である。



主な使用トレーナー

ゲーム

アニメ版

漫画版


※1:赤緑青バージョン及びリメイク版では最初に選んだゼニガメを最終進化させる。
※2:赤緑青バージョン及びリメイク版で最初にヒトカゲを選んだ場合。ポケモンマスターズではマジコスで使用する。
※3:最初に選んだゼニガメを最終進化させる。
※4:最初にアシマリを選んだ場合。USUMのチャンピオン防衛戦のみ使用。
※5:マスター道場でフシギダネを選んだ場合。キョダイマックス個体。

関連イラスト

居場所
カメックス


Blastoise
追想



関連タグ 

ポケモン一覧 みずタイプ RGBP FRLG
008.カメール009.カメックス→010.キャタピー

カメバズーカカタパルト・タートルカノントータスガノンタス……同類

カントー御三家・最終形態

くさタイプフシギバナ
ほのおタイプリザードン
みずタイプカメックス


水御三家・最終形態

ポケモン該当地方
カメックスカントー御三家
オーダイルジョウト御三家
ラグラージホウエン御三家
エンペルトシンオウ御三家
ダイケンキイッシュ御三家
ゲッコウガカロス御三家
アシレーヌアローラ御三家
インテレオンガラル御三家


カメ系ポケモン
コータス ドダイトス アバゴーラ バクガメス カジリガメ

関連記事

親記事

カメール かめーる

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カメックス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カメックス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4161504

コメント