ピクシブ百科事典

沢村忠

さわむらただし

「沢村忠」は日本の元キックボクサー・空手家。また、半生を描いた漫画やアニメの『キックの鬼』の主人公。

概要
1943年1月5日生まれ、満州出身。
法政大学第一高等学校⇒日本大学芸術学部映画科を卒業。
幼少より祖父から剛柔流空手道を習い、大学時代には全日本学生選手権で優勝し、60戦無敗だったことから、野口修に誘われキックボクシングを始める。

1966年4月に日本キックボクシング協会が旗揚げされ、リングネームを“沢村忠”として参戦。
大阪府立体育館で行われたデビュー戦は“空手vs.ムエタイ”と銘打たれた試合で、ラークレイ・シーハーマンを2RKO勝利。
6月にはリキパレスで、ムエタイのルンピニーフェザー級8位のサマンソー・アディソンと対戦したが、16度のダウン(19の報道もあり)を奪われ25ヶ所以上の打撲を負い、4RKO負けを喫する。
この敗戦を元に、「真空飛び膝蹴り」や「飛び前蹴り」を武器にKOを重ね、活躍。
1973年には三冠を達成したプロ野球の王貞治読売ジャイアンツ)を抑え、日本プロスポーツ大賞を獲得した。
1976年7月2日に最終試合を行い、翌年の10月10日に引退式を行った。最終成績は、241戦232勝(228KO)5敗4分(一説には500戦以上戦歴があるともされている)。

引退後は自動車の修理販売業・パチンコ台販売会社の常務取締役の傍らで子供達に空手を教えていた。
娘は元タレントで『桜っ子クラブ』の白羽玲子。

彼を題材に、梶原一騎は漫画『キックの鬼』(作画:中城けんたろう)、『キック魂』(作画:南波健二)、『格闘王V』(作画:みね武)の原作を手掛け、『キックの鬼』はアニメ化もされた。(因みに主題歌はOP・EDとも沢村自身が歌っている。)

関連項目

キックボクシング キックボクサー
空手道 空手家
梶原一騎

関連記事

親記事

キックボクシング きっくぼくしんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沢村忠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111

コメント