ピクシブ百科事典

力道山

りきどうざん

朝鮮半島出身の日本のプロレスラー(1924年11月14日~1963年12月15日)。本名、金信洛(キム・シルラク)。日本名、百田光浩。日本プロレス界の開祖。
目次[非表示]

概要

現北朝鮮の咸鏡南道・洪原郡出身。

大相撲の二所ノ関部屋に入門し関脇まで昇進するも、民族差別や親方とのトラブルが原因で廃業。

日系人レスラー・ハロルド坂田と出会ったのを機にプロレスラーに転身。アメリカで修業を積んだ後、1953年に帰国して「日本プロレス協会」を立ち上げる。

翌1954年、世界タッグチャンピオンであったシャープ兄弟との試合や、木村政彦との「巌流島の決戦」により日本全国にプロレスブームを巻き起こす。必殺の空手チョップを振るい外人レスラーを叩きのめすその姿は、敗戦に打ちひしがれていた大衆を大いに勇気づけた。

その後は「プロレスの鉄人」ルー・テーズを破りNWAインターナショナル・ヘビー級選手権を獲得。さらにボボ・ブラジル、フレッド・ブラッシー、ザ・デストロイヤーといった当時の超一流レスラーを招聘して防衛戦を行った。

また、ジャイアント馬場アントニオ猪木、大木金太郎といった後進のレスラーたちをも育成し、日本プロレス界の基盤を築いた。

だが1963年、赤坂のナイトクラブにて暴力団員とのトラブルにより腹部を刺され、その傷が元で死去した。


家系関連について

事実のみ記載するが、

  • 力道山と芸者との間にプロレスラーの百田義浩(元プロレスリング・ノア取締役)、百田光雄(現役・元プロレスリング・ノア副社長)をもうけた。義浩の娘はプロレスリング・ノアで広報兼通訳、光雄の息子・百田力はリングネーム『力』(ちから)の名でプロレスラーとして活動。
  • 亡くなる10ヶ月前に結婚した田中敬子(元日本航空客室乗務員。死後、百田姓から抜けた)との間には娘がいて、その子供(力道山の孫)の『田村圭』は慶応高校から甲子園に出場、そのまま慶應義塾大学に進学、現在は野球から離れた。(カナロコより


関連タグ

ジャイアント馬場 アントニオ猪木 木村政彦

関連記事

親記事

プロレスラーの一覧 ぷろれすらーのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「力道山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3328

コメント