ピクシブ百科事典

力道山

りきどうざん

朝鮮半島出身の日本の力士、プロレスラーで、日本プロレス等を創業した実業家。
目次[非表示]

概要

日本名:百田光浩(1924年11月14日~1963年12月15日)
朝鮮名:金信洛(キム・シルラク)
朝鮮半島出身の日本の力士プロレスラーで、日本プロレス等を創業した実業家

略歴

1924年11月14日、日本植民地時代の朝鮮咸鏡南道洪原郡(現在は北朝鮮)で誕生。
1939年、シルムの選手として活躍していたのを百田己之助大相撲の力士としてスカウトされる。
1940年、妻子を残し15歳で日本へ渡航。下関市で二所ノ関親方(元・玉の海)の父・蔭平虎松が出迎え、二所ノ関部屋へ入門。四股名は「力道山」となる。
1945年、日本が第二次世界大戦で敗れ無条件降伏。朝鮮は混乱し親族と連絡が取れなくなる。
1946年、11月場所に入幕を果たす。
1949年、5月場所で関脇に昇進するが、肺吸虫症のため負け越し一場所で陥落。
1950年、関脇に復帰したが、9月場所前に突然自らを切り廃業。民族差別や親方とのトラブルが原因としたが、実際は実力的にこれ以上の昇進は難しく、金銭トラブルや暴力で周囲に疎んじられていた。

※力士時代には3場所続けて同じ力士から不戦勝を挙げる(相手は横綱・前田山)という珍記録を持っている。

この年、百田己之助の長男として養子縁組長崎県大村市本籍となった。
廃業後はタニマチだった新田新作(元・ヤクザ)の会社に勤めていたが、日系人レスラーハロルド坂田と出会ったのを機にプロレスラー転身を決意。
ハワイアメリカ)の日系人レスラー沖識名の下でプロレス修業を積んだ後、1953年に帰国し、新田新作や永田貞雄興行師)の後見を得て「日本プロレス協会」を立ち上げる。

1954年、世界タッグチャンピオンであったシャープ兄弟との試合や、木村政彦との「巌流島の決戦」により日本全国にプロレスブームを巻き起こす。必殺の空手チョップを振るい外人レスラーを叩きのめすその姿は、敗戦に打ちひしがれていた大衆を大いに勇気づけた。

その後は「プロレスの鉄人」ルー・テーズを破りNWAインターナショナル・ヘビー級選手権を獲得。さらにボボ・ブラジルフレッド・ブラッシーザ・デストロイヤーといった当時の超一流レスラーを招聘して防衛戦を行った。

実業家としても手腕を発揮し、プロレスの常設会場として東京・渋谷に「リキ・スポーツパレス」を建て、他にも赤坂に「リキマンション」を建てている。リキマンションは現在も残っている。

また、ジャイアント馬場アントニオ猪木大木金太郎といった後進を育成し、日本のプロレスの基盤を築いた。しかし弟子達には傍若無人に振る舞い、後年、馬場は「(力道山は)人として、何もいいところのない人でした」と振り返っている。
豪放磊落で派手好き、機嫌の良い時は周りに気前よく奢ったりしていたが、一度機嫌が悪くなると素人相手でも暴れたり脅したりするなど、酒癖も含め感情の起伏が激しかったことが指摘されている。

1963年12月、東京・赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」にて暴力団員とのトラブルにより腹部を刺され、その傷が元で死去した。39歳没。

この死について、日本プロレスを支援していた田岡一雄山口組三代目組長)は、後に回顧録で「(力道山は)酒を飲まなければ……」と記しており、前述の暴力団員との諍いの末の死も、力道山自身の酒癖の悪さが元だったという。

息子の百田光雄によると、力道山は急逝し遺書の用意もなかったので、遺産の大半はハイエナのように群がった輩に持っていかれたという。遺産は不動産などが主で預金はあまりなかったので、相続税を払うため手放すことになったが、かなり買い叩かれた。

家族について


創作における力道山

日本の格闘技界、プロレス界におけるビッグネームだけあり、戦後を扱った作品には彼を題材にしたキャラクターが度々登場する。
毀誉褒貶激しい人物なため描き方は様々だが、少なくとも素人よりは強く、時代の流れを見る目があった、というキャラ付けが多い。

関連タグ

日本プロレス ジャイアント馬場 アントニオ猪木 木村政彦
剛鬼(遊戯王OCG):剛鬼ザ・パワーロード・オーガのモデル。

関連記事

親記事

プロレスラーの一覧 ぷろれすらーのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「力道山」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「力道山」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11878

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました