ピクシブ百科事典

ザ・デストロイヤー

ざですとろいやー

アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身の覆面レスラー。得意技は足4の字固め。
目次[非表示]

概要

本名:リチャード・ジョン・ベイヤー(1930年7月11日~2019年3月7日)
アメリカ合衆国出身の覆面レスラー
リングネームとしては他にディック・ベイヤー(素顔)、ドクターX
短足ガニ股なのを利して足4の字固めフィニッシュ・ホールドとしたが、瞬発力に優れ空中殺法も得意としていた。
日本プロレス時代に初来日して「白覆面の魔王」と呼ばれ、創成期の日本のプロレス界を盛り上げた功労者である。
親日家として知られ、引退後も来日して現役時代に住んでいた麻布十番に立ち寄ったり、プロレスの会場に顔を出したりていた。

略歴

1930年7月11日、バッファロー市(ニューヨーク州)にドイツ移民の子として誕生。家庭は貧しくジュニア・ハイスクール修了後は就職する予定だったが、成績優秀者だったため担任教師が両親を説得し、特待生としてシニア・ハイスクールに進学。

1949年、スポーツ特待生としてシラキュース大学教育学部に進学。アメリカンフットボール水泳アマレス野球の選手として活躍。
1952年、彼がキャプテンを務めるシラキュース大学アメリカンフットボール部が全米大学選手権で優勝。
1954年、シラキュース大学大学院修士課程を修了。10月15日、デイトン市(オハイオ州)で「ディック・ベイヤー」のリングネームでプロレスラーとしてデビュー。五大湖エリアを主戦場にベビーフェイスとして活動したが、人の良さそうな顔のせいか人気は今一だった。

1962年、プロモーターの要請で渋々ながらヒールの覆面レスラー「ジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤー」となると、人気が沸騰。
1963年、初来日。日本プロレスのリングで力道山と死闘を繰り広げる。
1968年、AWAに覆面レスラー「ドクターX」として参戦。
1972年、全日本プロレスを旗揚げした盟友・ジャイアント馬場のために参戦。「馬場に負けたら助っ人として日本に残る」と宣言し、敗れたため約束を果たす。
1973年、全日本プロレスの所属選手となり、麻布十番に住む。バラエティー番組「金曜10時!うわさのチャンネル!!」(日本テレビ)に1978年までレギュラー出演。
1979年、全日本プロレスを離れ、カナダを主戦場とする。
1993年、引退試合を行う。

2017年、日本政府より旭日双光章を受章。
2019年3月7日、バッファロー市の自宅にて逝去。享年88歳。

関連タグ

足4の字固め プロレスラー プロレスラーの一覧

関連記事

親記事

プロレスラーの一覧 ぷろれすらーのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・デストロイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 859

コメント