ピクシブ百科事典

日本テレビ

にほんてれび

日本テレビ放送網株式会社(にっぽんてれびほうそうもうかぶしきがいしゃ)は東京港区汐留に本社に本社を有し、関東広域圏を放送対象地域とするテレビ局。コールサインJOAX-DTV。
目次[非表示]

概要

社名日本テレビ放送網株式会社(Nippon Television Network Corporation)
設立1952年10月28日
開局1953年8月28日
地上波テレビ 放送対象地域関東広域圏
地上波テレビ 系列NNN/NNS(日本テレビ系列)
地上波テレビ 親局東京
地上デジタル リモコンID4
地上デジタル 親局物理チャンネル25ch
地上デジタル コールサインJOAX-DTV
周波数/出力545.142857MHz/10kW
地上アナログ 親局チャンネル4ch
地上アナログ コールサインJOAX-TV
映像周波数/出力171.25MHz/50kW
音声周波数/出力175.25MHz/12.5kW
地上アナログ 音声多重放送JOAX-TAM


1953年8月28日開局。本社はフジテレビ同様ゆりかもめの沿線に位置する汐留
登記上の社名は「にほん」では無く「にっぽん」と読むのが正しい。ただし、視聴者どころか局アナですら「にほんテレビ」と読むことが多く「鳩の休日」を始めとする局名告知においては全て「にほんテレビ」で統一されている。

日本で最初のテレビ単独局で開局時からプライドが強く、社名の「日本テレビ放送網株式会社」は、正力松太郎の当初の目論見である東京に中央局とメインマスターを置き、大阪・名古屋・札幌・福岡など全国主要都市に開設した支局をマイクロ回線で繋ぎ、テレビ放送で使用しない帯域は通信目的として貸し出す、またはファクシミリ新聞などに使用する狙いがあった。しかし「正力構想」と呼ばれるこの構想を当時の郵政省が一蹴し、正力の目論見は泡と崩れた。日テレは関東ローカルのテレビ局として開局した。もし正力構想が実現していたら現在の民放テレビのしくみは異なるものであるだろう。

他局が東京タワー(333m)から送信をする中、正力の「全部自前でやることに意義がある」という方針から千代田区二番町(麹町)の自社鉄塔からの送信を続けていた。しかし周辺に高層建築物が目立つようになると難視聴地域が増えてきたため、正力は新宿区東大久保一丁目(現:新宿六丁目)に用地を確保、東京タワーより高い550mを誇る自社鉄塔、通称「正力タワー」を1968年に構想。
ところが1969年3月5日、当時内幸町にあったNHKが、渋谷に計画していた現在のNHK放送センター敷地内に「正力タワー」より高い600m級の「NHKタワー」の建設計画(「渋谷案」)を発表し、さらに7月には代々木公園の敷地内に「渋谷案」や「正力タワー」よりも低いものの、当時相当な高さの電波塔計画だった高さ488m、最大直径40mの電波塔建設を計画(「代々木案」)も打ち出した。NHKの打ち出した計画はどちらも頓挫した。
正力は「NHKタワー」計画に「同じようなものは2本も要りません」と言い放ち、「建設申請書も出していない「NHKタワー」を(「正力タワー」と)一緒にされるのは筋違いでは?」とNHKを批判した。NHKも「「正力タワー」は観光塔ではないですか?」と正力を批判し、「NHKが民間放送に対して施設を借りた例はない」と反論した。
正力の死後、「正力タワー」計画は頓挫。結局1970年11月10日に東京タワーへ移転し、麹町の本社鉄塔は予備送信所へ格下げされた。「正力タワー」予定地は1972年4月に日本テレビゴルフガーデンとしてオープンし、その後新宿イーストサイドスクエアとして再開発された。
なお2013年に東京スカイツリーからの送信へと移行している。

本社の株はほとんど読売テレビが買い取っているためか、読売テレビ制作の番組も多い。

かつてはプロレス中継と読売ジャイアンツの試合中継がお家芸であった。特にジャイアンツの試合中継に関しては試合時間が延びた結果放送時間も延びて他の番組を潰すこともしばしばあった。しかしプロレス中継は2009年3月を持って事実上撤退(後述のCS局では続行)、ジャイアンツの試合中継はプロ野球人気そのものの衰退もあって、日曜のデーゲームが中心となっている上、基本的には中継延長は行なっていない。

なお法人自体は現在の「日本テレビホールディングス株式会社」であり、2012年10月1日に認定放送持株会社制移行のために「(旧)日本テレビ放送網株式会社(現・日本テレビホールディングス株式会社)」から新設分割され現業を移管・放送免許を承継された「(新)日本テレビ放送網株式会社(旧称・日本テレビ分割準備株式会社)」が現業を行なっている。
本項では、2012年9月30日までの旧会社と10月1日以降の現行会社について述べる。

関連テレビ局に、読売新聞系のBS局のBS日テレ、ここのCS部門である日テレプラス、読売新聞系のCSニュースチャンネルの日テレNEWS24、自動車レースのNASCARやオートバイレースのMOTO GPやアメリカンフットボールのNFLやプロレス(プロレスリング・ノア)中継などを扱う、報知新聞系のCS局の日テレG+がある。

沖縄県佐賀県を除く全ての都道府県に系列局がある(宮崎大分福井は他系列との相乗り。佐賀県ではFBSが全域で視聴されている)。沖縄県での日本テレビのニュース取材活動は日本テレビが自ら那覇支局を設置して対応している。那覇支局は特別回線で東京と結ばれており、日本テレビをリアルタイムに視聴できる。

長年日曜日の22時30分からの1時間をローカルセールス枠としていた。これはTBS系列のない地域でパナソニック1社提供だったTBSのドラマ枠「パナソニックドラマシアター」を遅れネットするためのものだった。しかしパナソニックの1社提供ではなくなり日本テレビ系列でわざわざネットする意味もなくなったことから2015年4月より全国ネット枠へと変更される。
なおTBS系列局が既に存在する地域ではこの日曜22時半枠を使ってPS純金ゴールド中京テレビ)、ナイトシャッフル福岡放送)、大阪ほんわかテレビ読売テレビ)などの長寿ローカル番組が多数放送されていたが、その多くは金曜19時からの1時間枠に移動となる。

開局40周年を機に宮崎駿デザイン・スタジオジブリ制作によるマスコットキャラクター「なんだろう」が誕生し、現在でも使用されている。ジブリとは関係が深く、同社の作品を独占的にテレビ放送する権利を持っている。また新年恒例のスポーツイベントである箱根駅伝の独占中継局としても有名。

2011年12月から親会社・読売新聞が所有している取材用ビジネスジェット機・セスナサイテーション「みらい号」に、テレビカメラマンを便乗させてもらったうえで、ヘリコプターではフォロー出来ない場合の取材を行っている。そのため、「みらい号」の主翼には、読売新聞の社旗のほか、ここのロゴも入っている。

正力一族が読売グループの経営の一線かから退くと、新聞は務臺光雄から渡辺恒雄、日テレは氏家齊一郎が叩き上げからトップに就任する。しばし務臺や渡辺は正力に匹敵する「独裁者」と見られるが、氏家もまた日テレを通じて読売グループに強い影響力を残した。

2010年代には凋落したフジテレビ系列に代わって視聴率三冠王となるなど事実上トップのテレビグループとして君臨することとなった。しかし2017年頃からは笑点の司会・メンバー交代などによる視聴率低迷、ザ!鉄腕!DASH!!の出演メンバーや世界の果てまでイッテQ!の企画に対する不祥事と、日テレの高視聴率を支えてきた日曜ゴールデン帯の番組が相次いでダメージを負い、加えて朝の情報番組の低迷を受けテレビ朝日グループの猛追を受けている状態にある。

初めて行ったこといろいろ

日本テレビは日本のテレビ業界において新しい放送媒体・放送形式を積極的に取り入れ、その媒体を定着させてきたことで有名である。放送免許取得、民間資本による開局・本放送開始はもちろんのこと、コマーシャルの放送、カラー放送、音声多重放送(世界初)、ワイドクリアビジョン放送、洋画の日本語吹き替え放送、L字型画面、データ放送、ワンセグ放送独自番組放送、3D立体映像での生放送、完全3D映像による野球中継、ネット動画配信サービス、放送中のドラマ全話無料配信も日本の民放では日テレが初めて。また、選挙特番の出口調査を全国規模で導入したのも日テレ報道局が最初である。

そしてpixivで割と重要視されるだろうアニメのステレオ放送も日本テレビが初だった(ルパン三世・第2シリーズ後期。それまでは、テレビアニメは制作費の抑制と「子供が見るものであり、凝った作り込みは不要」という固定観念から、どこの制作局もステレオ放送に積極的ではなかった)。

ビデオ・オン・デマンド事業にもいち早く参入。日本初のテレビ局主導のインターネット動画配信サービス「第2日本テレビ」を運営していた(2012年10月に「日テレオンデマンド ゼロ」に改称)。完全無料化もあって2009年1月には単月黒字化に成功した。2010年12月からは有料の動画配信サービス「日テレオンデマンド」の運営も開始。2014年、放送から1週間パソコンやスマートフォンで無料で見られる「日テレいつでもどこでもキャンペーン」を開始した。Huluから日本市場向けの事業を引き継ぎ、定額制動画配信サービスも参入した。

本社・支社・支局

  • 本社:東京都港区東新橋一丁目6-1(日本テレビタワー) - 通称「汐留」
  • 麹町分室(旧本社)・番町スタジオ:東京都千代田区二番町14 - 通称「麹町」
  • 生田スタジオ:神奈川県川崎市多摩区菅仙谷三丁目20-1
  • 八王子支局:東京都八王子市本町24-8 読売八王子ビル
  • 横浜支局:神奈川県横浜市中区長者町五丁目85 三共横浜ビル4階
  • 前橋支局:群馬県前橋市大手町三丁目7-1 読売新聞前橋支局
  • 関西支社:大阪府大阪市北区堂島二丁目2-2 近鉄堂島ビル14階
  • 名古屋支局:愛知県名古屋市中区栄三丁目14-7 RICCO栄6階
  • 那覇支局:沖縄県那覇市久茂地一丁目3-1 久茂地セントラルビル5階


スタジオ

汐留・日本テレビタワー

高さ196m。延べ床面積約13万㎡。
2003年4月完成。同年8月に本社を移転。スタジオ機能は2004年2月29日に稼働。
下層はスタジオなど番組制作機能が集中し、床を取り払っても問題はない。スタジオ増築やオフィスへの転用もできる。上層はオフィスとなっているが、最上階にもスタジオがある。
19階から24階まではオフィスフロア。株式会社日テレ・テクニカル・リソーシズ(NiTRo)をはじめとする日テレグループの企業が入居するほか、20階には読売テレビと南海放送の東京支社が入居する。

  • S1スタジオ(13階、211坪) - 入り口のドアの色は赤。
  • S2スタジオ(13階、138坪) - 入り口のドアの色は黄。
    • 上記2スタジオはバラエティ・報道・情報番組向けの生放送・収録対応スタジオ。
    • 『しゃべくり007』『世界一受けたい授業』『有吉反省会』『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『シューイチ』などで使用。
  • S3スタジオ(9階、148坪) - 入り口のドアの色は青。
  • S4スタジオ(9階、148坪) - 入り口のドアの色は緑。
    • 上記2スタジオは報道・情報番組向けの生放送対応スタジオ。
    • 『ZIP!』『スッキリ!』『ヒルナンデス!』『NEWS ZERO』『Going!Sports&News』などで使用。
  • NEWSスタジオ(5階、130坪)
    • 報道局と隣接。『Oha!4 NEWS LIVE』『news every.』などで使用。報道フロアからもニュースを伝えられる。
  • 報道局フロア(5階、約455坪)
    • 地上波用のニュースサブ1、日テレNEWS24用のニュースサブ2、素材送り用のニュースサブ3がある。ニュースサブ1と2は相互補完機能を持たせており、どちらか一方が使えない場合はすぐに切り替えられる。ニュースサブ3は通常系列局など外部からの素材を受け取ったり、日テレから系列局へ素材を裏送りを行ったりしている。ニュースサブ1のスペースには地上波用の顔出しブースがあり、『NNNストレイトニュース』(週末版)、『スッキリ!』『ヒルナンデス!』『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)のニュースコーナー、『NNNニュース』などで使用。ニュースサブ2のスペースには日テレNEWS24専用ブースがあり、『NNNストレイトニュース』(平日版)でも使用。
  • SVスタジオ(13階、71坪)
    • バーチャルスタジオ
  • SKY1スタジオ(15階、31坪)
  • SKY2スタジオ(15階、31坪)
  • タワートップスタジオ(32階)
    • 上記3スタジオは都心の眺望が特徴。タワートップスタジオは各メディアへの記者会見の場に使われることもある。
  • マイスタジオ(2階、92坪)
  • ゼロスタジオ(1階、33坪)
    • 上記2スタジオはオープンスタジオ。ゼロスタジオはサテライトスタジオでもある。マイスタジオの上には宮崎駿デザインの日テレ大時計がある。
  • スタジオ以外
    • 7階:メディアセンター-日テレの中枢となるマスターコントロールルーム。関東一円、全国の系列局、BS日テレ、CS日本へ毎日の番組を送り出している。
    • 2階:日テレホール
    • 地下1階・地下2階:日テレ屋汐留店

麹町分室

1953年の開局時から2003年夏までの本社で、2004年2月28日までの放送センター。汐留に放送機能移転後も麹町分室として運用している。麹町ビルともいう。汐留の日テレタワーとはスタッフ専用のバスで結ばれている。この建物の前にある日本テレビ通りの下を東京メトロ有楽町線が通る。
旧本社は1968年竣工の西本館、1978年竣工の南本館、1982年竣工の北本館、カラー放送開始に合わせて建てられたカラーセンターの4棟から成り立っていた。カラーセンターはカラーバーの色彩を模した外観が特徴的だったが、スタジオ老朽化が激しく、汐留移転とともにスタジオが廃止され、アーカイブス館となった。周辺には日テレHDの事業子会社バップなどが入居する別館群がある。
開局時から1980年代までここに建っていたスーパーターンスタイルアンテナが南本館入口にモニュメントとして飾られている。

北本館に3つのスタジオ、南本館にNiTRo運営の貸しスタジオがある。また南本館1階には初代マイスタジオがあった。

2019年に「番町スタジオ」が稼働開始。同時期に1953年8月28日の開局から増改築しながら65年間使われた麹町分室のスタジオが運用を終了し、ビルも閉鎖される。番町スタジオの全体竣工後、麹町分室のビル群が順次解体される。解体は南本館から順番に行う。

稼働中のスタジオ

  • Kスタジオ(北本館5階・180坪)
    • バラエティ・音楽番組の収録向けスタジオ。入り口のドアの色は青。『有吉ゼミ』『嵐にしやがれ』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『キユーピー3分クッキング』などで使用。
  • Gスタジオ(北本館5階・250坪)
    • 収録・生放送兼用スタジオ。入り口のドアの色は赤。『行列の出来る法律相談所』『世界まる見え!テレビ特捜部』『笑点』(一部の放送回。通常は後楽園ホールで収録)などで使用されている。日テレの1990年代を支えたスタジオであり、特番では『スーパークイズスペシャル』『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』、レギュラー番組でも『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『どちら様も!!笑ってヨロシク』『マジカル頭脳パワー!!』などが制作された。『ザ・トップテン』『歌のトップテン』の生放送もこのスタジオで行われた。両番組は渋谷公会堂から生中継できなかった場合の補完ホールとして使われ、後者の番組が1988年に渋谷公会堂からの公開生中継を行わなくなってから最終回までここからの生放送だった。逸見政孝が二度目のがん再発の記者会見を行ったスタジオでもある。
  • V(バーチャル)スタジオ(北本館5階・31坪)
    • Kスタジオ美術倉庫の一部を改装して作られた。機能は汐留に移転している。インタビューの収録が行われることがある。
  • STUDIO NiTRo CUBE(南本館4階・65坪)
    • 旧本社時代に報道専用のスタジオとして使われたEスタジオを、日本テレビビデオ(現・日テレアックスオン)が再整備し、2007年に技術部門を引き継いだNiTRoが運営・保有する貸しスタジオとなっている。ほか『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の一部企画や『ポシュレ』など通販・バラエティ向けの番組に使われる。

稼働していたスタジオ

  • 第1スタジオ→Eスタジオ(本館・60坪)
  • 第2スタジオ→Fスタジオ(本館・30坪)
    • 上記2スタジオは1953年8月28日に日テレが産声を上げた時のスタジオ。1970年8月にEスタジオ、Fスタジオに改称し翌年10月にはカラーニュース専用スタジオに改修。Eスタジオは南本館のEスタジオ運用開始時に廃止。Fスタジオは昭和50年代(1975年)までに廃止。
  • 第3スタジオ(本館・10坪)
    • こちらも1953年8月28日に日テレが産声を上げた時のスタジオ。
  • 第4スタジオ→Gスタジオ(本館裏に増築・120坪)
    • 1956年7月に完成。1970年8月にGスタジオに改称。1978年の『24時間テレビ』第1回放送ではこのスタジオもメインにしていた。北本館Gスタジオ建設に伴い昭和50年代に廃止。
  • 第9スタジオ→Hスタジオ(カラーセンター1階・10坪)
    • 1959年6月にカラーセンター内に設置。1970年8月にHスタジオに改称。入り口のドアの色は緑。主に朝や深夜のワイドショー番組に使われた。『ズームイン!!SUPER』開始に伴い5時台にこのスタジオを使用したため、平日朝はHスタジオとJスタジオの入れ換えが行われた。汐留移転に合わせて廃止。
  • 第10スタジオ→Jスタジオ(カラーセンター3階・120坪)
    • 1959年7月にカラーセンター内に設置。1968年11月22日には日本プロレスの興行が行われた。これは大学紛争の影響で後楽園ホールで興業ができなくなったため、急遽日テレ本社スタジオにリングを設置し、一般観客も入れた。1970年8月にJスタジオに改称。入り口のドアの色は黄。平日昼のワイド番組『お昼のワイドショー』『ザ・ワイド』で使用された。『ズームイン!!SUPER』開始に伴い5時台にHスタジオを使用したため、平日朝はHスタジオとJスタジオの入れ換えが行われた。汐留移転に合わせて廃止。


番町スタジオ

延べ面積:33,600㎡
麹町分室に代わる新たなスタジオ棟。地上11階、地下5階、高さ59.9m(鉄塔を含めれば99.9m)。3つのスタジオがあり、9階にはNiTRoの制作技術センターが入居する。
2013年に麹町地区の再開発を発表。スタジオと商業ビルからなる新スタジオ棟を建設する計画である。2016年2月に建設を開始。2018年8月には新スタジオ棟のスタジオ部分が竣工、スタジオの名称を「日本テレビ 番町スタジオ」とした。スタジオには「ソフトファーストストーリー構造」という地震対策を施している。2020年12月に全体が竣工する。
2019年1月29日に稼働開始。こけら落としは『嵐にしやがれ』の収録。

  • C1スタジオ(265坪)
  • C2スタジオ(265坪)
    • 上記2スタジオは日テレのスタジオでフロア面積が最大。収録・生放送・4K放送対応。
  • C3スタジオ

生田スタジオ

主に日テレのドラマの収録に使われ、近くによみうりランドがある。
最寄りはJR東日本南武線稲田堤駅と京王相模原線京王稲田堤駅。京王稲田堤駅と小田急小田原線読売ランド前駅からは関係者用の送迎バスが出ている。
スタジオ技術はNiTRoが請け負い、災害時の送出機能も備える。
1964年7月に4階建ての鉄筋コンクリートビルとして完成した。当時は「NTVスタジオ」の名称で、250坪あったカラー用の第1スタジオと200坪あったモノクロ用の第2スタジオ(1972年にカラー用に更新)の2つのスタジオがあった。第1スタジオは1000人収容の公開スタジオで、日本で初めてカラーアイドホール投射を採用した。それ以外にも映画撮影用の第3・第4スタジオが建設された。
1986年4月に老朽化に伴う改築が始まった。第1期工事として260坪の第1スタジオと200坪の第2スタジオが建設され、1989年に生田スタジオが竣工、第2期工事として200坪あるバラエティ番組収録用の第3スタジオが建設され、現在の形となった。
1990年代までは『マジカル頭脳パワー!!』『知ってるつもり?!』がここで収録された。
汐留本社、麹町分室ともにドラマ以外のパッケージ番組収録に対応できるスタジオが少なく、それぞれのスタジオの床面積が狭いため、このスタジオの必要性・重要度は高い。

  • 第1スタジオ(260坪)・第2スタジオ(200坪)
    • 主に『水曜ドラマ』『土曜ドラマ』などのドラマ制作用。
  • 第3スタジオ(200坪)
    • レギュラー番組『月曜から夜ふかし』の収録のほか、『謎解きバトルTORE!』『はじめてのおつかい』など特番の収録に使用。ドラマ収録もある。

主な放送番組(一部読売テレビ制作含む)

バラエティ

特命リサーチ200X 笑点 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 中井正広のブラックバラエティ ザ!鉄腕!DASH!! ザ!世界仰天ニュース しゃべくり007 ヒルナンデス! 笑ってコラえて 世界の果てまでイッテQ! スタードラフト会議 謎解きバトルTORE! エンタの神様 月曜から夜ふかし 天才志村どうぶつ園 午後は○○おもいッきりテレビ 嵐にしやがれ 今夜くらべてみました。 ナカイの窓 マジカル頭脳パワー!! クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! ウッチャンナンチャンのウリナリ! 電波少年シリーズ 行列のできる法律相談所 お笑いスター誕生!! マネーの虎

報道番組

ZIP!(MOCO'Sキッチン) 真相報道バンキシャ! NNNきょうの出来事NEWS ZERO ニュースプラス1→NEWSリアルタイム→news every. ズームイン!!朝!→ズームイン!!SUPER ズームインサタデー NNNストレイトニュース スッキリ!! 

音楽番組

FAN FUN AX_MUSIC-FACTORY 紅白歌のベストテン→ザ・トップテン→歌のトップテン ハッピーMusic→ミュージックドラゴン→バズリズムシリーズ

ドラマ

快獣ブースカ 超人バロム・1 サンダーマスク ファイヤーマン 円盤戦争バンキッド 流星人間ゾーン 太陽にほえろ! 大都会シリーズ 探偵物語 理想の息子 14才の母 金田一少年の事件簿 よい子の味方 ハケンの品格 妖怪人間ベム 家政婦のミタ 三毛猫ホームズの推理 悪夢ちゃん 泣くな、はらちゃん シェアハウスの恋人 マイ☆ボスマイ☆ヒーロー 35歳の高校生 斉藤さん 女王の教室 キイナ~不可能犯罪捜査官~ 私立バカレア高校 スプラウト Piece 心療中 ST BAD BOYS J 仮面ティーチャー 49 裁判長っ!おなか空きました! ダンダリン 明日、ママがいない ごくせん 弱くても勝てます 花咲舞が黙ってない マジすか学園4(テレビ東京から移籍)学校のカイダン Dr.倫太郎 ドS刑事 ド根性ガエル 怪盗山猫 ヒガンバナ 家売るオンナ HiGH&LOW お迎えデス。 ラストコップ レンタル救世主 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 スーパーサラリーマン左江内氏 東京タラレバ娘 母になる ボク、運命の人です。
日曜ドラマデスノートエンジェル・ハート視覚探偵日暮旅人臨床犯罪学者 火村英生の推理ゼロ一獲千金ゲーム今日から俺は!!3年A組

アニメ

宇宙戦艦ヤマト 魔境伝説アクロバンチ ルパン三世 キン肉マン 闘将!!拉麺男 それいけ!アンパンマン 名探偵コナン 六神合体ゴッドマーズ 太陽の使者鉄人28号 新世紀エヴァンゲリオン(テレビ東京から移籍) 機甲界ガリアン おまもりひまり(BS) 桜蘭高校ホスト部 ユルアニ? 日テレ版ドラえもん ルパンVSコナン 夢色パティシエール ちはやふる CLAYMORE 君に届け GJ部 シティーハンター 金田一少年の事件簿べるぜバブ エグザムライ戦国 ブラック・ジャック NANA HUNTER×HUNTER(フジテレビから移籍) はじめの一歩 ヤッターマン(フジテレビから移籍) ジブリアニメ(「金曜ロードSHOW!」を介してのTV放送) それでも世界は美しい ガッチャマンクラウズ 寄生獣 曇天に笑う 俺物語!!  逆転裁判 タイムボカン24 僕のヒーローアカデミア(TBS(MBS)から移籍) ナナマルサンバツ
AnichU

スペシャル番組

はじめてのおつかい 24時間テレビ 欽ちゃんの仮装大賞 アメリカ横断ウルトラクイズ 高校生クイズ リアルロボットバトル

映画

金曜ロードSHOW!(元「金曜ロードショー」)

関連タグ

なんだろう ダベア・・・マスコットキャラクター
テレビ局(日本テレビ テレビ朝日 TBS テレビ東京 フジテレビ)
福岡放送 四国放送 読売テレビ 中京テレビ 北日本放送 テレビ金沢 福島中央テレビ 西日本放送 日本海テレビ 南海放送 山口放送 広島テレビ 札幌テレビ ミヤギテレビ テレビ新潟 くまもと県民テレビ
熱湯コマーシャル

外部リンク

日本テレビ公式サイト
日テレNEWS24
日本テレビ放送網 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「日本テレビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54279

コメント