ピクシブ百科事典

泣くな、はらちゃん

なくなはらちゃん

日本テレビで2013年1月19日から3月23日まで毎週土曜夜9時より放送されていた日本のテレビドラマ。主演はTOKIOの長瀬智也。
目次[非表示]

拙い言葉に色が付き始めてた だから僕は空を見上げた
明日も君に会えると願う 人はそれを愛と呼ぶのかな・・・

概要

2013年1月19日から3月23日まで日本テレビの土曜ドラマ枠で放送されていた日本のテレビドラマ、もしくは劇中に登場する架空の漫画。
漫画の主人公「はらちゃん」が実体化して(ドラマ上の)現実の世界に現れ、漫画の作者・いわば創造主であるヒロインに恋をするファンタジー。

劇中に登場する漫画『泣くな、はらちゃん』の作画は漫画家ビブオが担当しており、番組公式サイト内では放送に登場する漫画とオリジナル漫画が公開されている。
主題歌はTOKIO『リリック』

あらすじ

とある港町のかまぼこ工場に勤務するヒロイン・越前さんは大人しい性格から損してばかりの生活を送っており、自分の心の叫びを自作の漫画『泣くな、はらちゃん』の中に描くことで鬱憤を紛らわすのが数少ない娯楽という地味で薄幸な女性。
ところが漫画の主人公はらちゃんを始めとする漫画の世界の住人達は越前さんの描いた通りにいつも暗い話をさせられることにうんざりしており、漫画の世界が次第に荒んでいくことを危惧していた。
そんなある日、漫画の描かれているノートに衝撃が加わったことではらちゃんは実体化して現実の世界に飛び出してしまう。
自分たちを生み出した神様(作者)である越前さんが幸せになれば自分たちの世界も明るくなると考えたはらちゃんは、漫画の世界と現実の世界を行き来しながら越前さんのために奮闘していくうちに、彼女に対して恋心を抱いていくのだった。

登場人物

本編の主人公。赤のスタジャンとジーパンスニーカー姿でギターを背負う男性。
大らかで優しい性格だが、暑苦しいほどに感情の起伏が激しく涙もろい感激屋。少々アホの子。漫画の世界ではいつも越前さんの愚痴を代弁している。
見聞きするもの何もかもが初めてである現実の世界で冒険を繰り広げながら、越前さんを好きになり恋を体験していく。

漫画の世界の住人であるが故に越前さんが漫画に描いていない事象は経験することができなかったため、ギターを持ってはいるが現実世界に来るまでは歌うことも奏でることも知らず、生死の概念や人間が睡眠を摂ることさえも知らなかった。

本編のヒロイン。カマボコ工場の生産ラインに勤める地味でおとなしい女性。
几帳面で勤務態度は真面目だが、自己主張もできず職場でいつも理不尽な仕打ちを受けている。
感情を表に出さず作り笑顔を浮かべているが、帰宅するとノートに自作の漫画『泣くな、はらちゃん』を描いて不平不満を吐き出してストレスを発散している。
『泣くな、はらちゃん』の画風は大好きだった漫画家・矢東薫子のタッチを物真似したものだが、似顔絵に応用するなどかなりの習熟度の高さを伺わせる。

越前さんが勤めるカマボコ工場の若手営業社員。
パートのおばちゃん達に可愛がられているが、本人は越前さんに密かな想いを寄せている。
はらちゃんとは比較的仲が良く、彼に現実世界の物事を色々と教えてあげている。

カマボコ工場に勤める無愛想でぶっきらぼうな女性社員。田中くんに「悪魔」と言われていたため、はらちゃんからは「悪魔さん」と呼ばれている。
歌うのが好きで仕事が終わるとこっそり路上ライブを行なっているが、恥ずかしがり屋なために顔を隠している。田中くんを好きだったが不器用ゆえに想いは全く伝わらず、彼が片想いしている越前さんに辛くあたっていた。

漫画『泣くな、はらちゃん』の世界の住人の一人。
漫画の世界でははらちゃんの言う愚痴に同意する役目を担っているが、本人は自分の意見を言いたいと思っている。
漫画と現実の世界を行き来するはらちゃんを見ているうちに、現実の世界に強く憧れるようになっていく。
後に念願叶って現実世界に飛び出すが、そこで偶然出会った清美に一目惚れしてしまう。

カマボコ工場の生産ラインのパートリーダー。
面倒見が良く社員からの信頼は厚いが、理不尽な目に遭う越前さんには、当初は言い分を聞かずに説教していた。
しかしはらちゃんの出現以降は、彼に対して悩む越前さんの相談を親身になって聞くようになり、恋心に悩むはらちゃんにとっても良き相談相手になっている。

関連タグ

泣くなはらちゃん-※表記ゆれ

外部リンク

番組公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「泣くな、はらちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309785

コメント