ピクシブ百科事典

異世界転移

いせかいてんい

エンターテインメント作品のジャンルのひとつ。
目次[非表示]

概要

異世界転移とは、1人から数人の人間(人間とは限らないが……)が異世界へと飛ばされ、そこでの活躍を描く作品である。異世界トリップもの。
(上記のように明記したのは複数の人間やそれに準ずる種族だけではなく、国ごと転移した作品もあるため)

異世界へ転移した原因は作品により様々で、
異世界から召喚される(異世界召喚)、異世界へのゲートのような物が繋がる、神(のような超常的な存在)に異世界へ送られる、原因不明で気付いたら異世界にいる、などのパターンがある。

「異世界転移」という呼称がオタク界隈で定着するようになったのは『ゼロの使い魔』や小説家になろう発の作品等が出てきてからのことだが、「人間が異世界へ渡って何らかの活躍をする」というプロット自体は、「異世界転移」という呼称が定着する遥か以前の相当古い時代から存在し、それこそ古代の神話や英雄譚レベルにまで遡ることができる。
童話においても『不思議の国のアリス』や『ピーターパン』、『オズの魔法使い』等々、数多くの作品で用いられてきており、ありふれた物語類型である。
現在よく扱われるいわゆる「剣と魔法のファンタジー世界」が異世界として日本のアニメや漫画に登場するようになるのは、古くは1980年代の『聖戦士ダンバイン』『幻夢戦記レダ』『魔神英雄伝ワタル』等の頃からで、1990年代では『魔法騎士レイアース』『天空のエスカフローネ』『ふしぎ遊戯』等が有名どころとして挙げられる。


小説家になろうでは異世界転生と異世界転移の作品ばかりがランキングを独占した結果、ジャンルの再編成と規制が行われた程である。

逆異世界転移

上記の逆パターンとしては「異世界の人間等がこちら側の世界に召喚されてくる」というものがある。
こちらも歴史的に古いジャンルであり、「人の世ではない世界(異世界)からやってきた神や超人の活躍」というプロットは世界各地の神話や民話に数多く見られる。
日本最古の小説として知られる『竹取物語』(かぐや姫)だって、「月=この世ではない世界(異界)」と見なせば立派に逆異世界転移ものである。

このケースとしては『はたらく魔王さま!』などが該当。『聖戦士ダンバイン』では、物語後半でオーラマシンを含めた戦力が地上に一斉転移するという展開も起きている。

特殊ケースとしては「物語世界」からの転移を扱う『Re:CREATORS』のような事例もある。

主な作品

※50音順
※集団での一斉転移(数百人規模or登場主要人物の半数以上)が行われた作品は、☆マークで明記。
小説家になろう作品に関しては、ピクシブ百科事典の有無と投稿イラスト数を参考に追加する事。
異世界転生と明言されている作品は、異世界転生の方へお願いします。



要検証



pixivにおける異世界転移

態々イラストにこのタグをつける例は絶無に等しく、オリジナルジャンルの漫画作品でもこのジャンルが少ないのかタグが付く事は無い。
しかし小説カテゴリでは多数このタグの付いた作品が見受けられる。

関連タグ

パラレルワールド 剣と魔法の世界

一覧あり

異世界人
パラレルワールドが登場する作品一覧

ニコニコ大百科版

該当リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界転移」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1036930

コメント