ピクシブ百科事典

魔神英雄伝ワタル

ましんえいゆうでんわたる

『魔神英雄伝ワタル』はサンライズによるRPG冒険ファンタジー風メディアミックス作品。
目次[非表示]

概要

 1988年4月15日から19893月31日まで日本テレビ系列で午後5時~5時30分に放送されたサンライズ製作のファンタジーRPGロボットアニメ。全45話。自社お得意のメカアクションものでは有るが、蓋を開ければ基本王道の物語でありつつも、その大半はギャグで占められている。
 読み仮名は『マシン』であって『まじん』ではない(本放送当時から認知してない情報番組とかではよく言われ続けていた事実)。


 キャラクターの原型は、芦田豊雄の手による「宇宙少年BOY」というオリジナルイラストを月刊OUTに於いてTVシリーズ化をTV局プロデューサーに向け懇願したのが最初とされ、数年後同雑誌に「流星皇子TOMYY」としてリメイク、CDドラマも出された。原案当初から龍が登場しており、深い繋がりを持っている。本来の放送形態は鎧伝サムライトルーパーとの1番組2作品構想で行う予定であったが、それぞれ独立した流れとなる。放送期間が4クール足りず短いのはその名残りである(新紀元社 メモリアルブック参照)。本題には主役魔神である『龍神丸』が付く筈だったが、パワーアップして名前が変更される理由からタイトルが改題される。

 ゲストキャラを含めた敵キャラのネーミングやデザインなどは実在の人物やTVメディアを含めガンダムDr.スランプビックリマンなどパロディ要素が盛り込まれているも、アイテムや、世界関連は基本的に和名と仏教用語からで、声優陣も固有名詞の呼び方に四苦八苦している(これは敵魔神についても同じ)。そのぶっ飛んだセンスはオリジナル作品ながら「ケロロ軍曹」や「銀魂」などのルーツとも言える作りである。初期は超力ロボガラット調なノリとセンスであったが、中盤戦以降は徐々に独自の作風として変化する。製作スタッフは近藤信宏、日高政光、福田満夫、谷田部勝義、川崎ヒロユキ、柳沢哲也、久行宏和、服部憲和をはじめ、後に他のアニメジャンルで高名になる人物が幾人も手掛けている。

 効果音や登場人物の声優の多くは機甲戦記ドラグナーから流用、続投している。また、サブキャラや悪役は兼任している声優が多い(昨今余り変わらないが…)。

 本編に於ける様々な設定の数々はカバヤのシール付きガムやタカラの玩具『魔神大集合』抽選でのファンクラブ会報、児童雑誌『コロコロコミック』『別冊コロコロコミック』(月刊アニメディア、月刊OUTでは設定された情報を季節企画やコミカライズ、パロディ含め小出しに提供。芦田氏以下スタジオライブのメンバーが新規イラストや漫画形式パロディを幾つも書き下ろしている)で略補完されており、ガンダムシリーズには遠く及ばないものの、後続サンライズ作品に於けるメディア展開の先駆者とも言えなくない。コミカライズも『小学一、二年生』に掲載されており、たかや健二が作画を担当。また、別冊コロコロ~でも本作を題材にしたダイジェスト的なコミカライズを放映前と途中の挿話、後日談を掲載する。

 但し、後年出版された集大成ファンブックや大人向けアニメ丸分かり本、TVシリーズ公式HPなどでは、プロフィールをはじめとしたデータや専門用語の大半が情報収集不足で、補足説明が全く足りず、誤字や未掲載も複数有り注意が必要。例え掲載されていたアニメ誌でも年月が経った分だけ細かく文章を見れば誤記が多く、拘ったファンの方が充分解ってる程度でしかないが、今でも用語の文字を間違う視聴者が多数居る。2018年10月26日から11月18日まで池袋マルイ7Fイベントスペースにて30周年記念展が開催(基本無料 11:00から20:30 最終日は19:00まで)。オリジナルポストカードが貰えるスタンプラリーや竹内氏、現イラスト担当の牧内ももこ嬢の各サイン会(物品3000円を購入で券1枚。抽選)も模様される。ホワイトボードも設置されており、色鉛筆やノートなどの筆記用具は必須(カラーペンは貸し出される)。魂ネイション2018でも新規プラモや、形が一部違う新形態龍蒼丸と、龍戦丸を含む7体の魔神達が集結したイラスト、設定画が掲載、試作品も展示された。

 2017年12月11日、スーパーロボット大戦Xでファン待望とも言えるスパロボ参戦を果たす。過去には参戦を否定するような噂もあったが、その中での形となるが、18年11月5日に於いてスーパーロボット大戦X-Ωにも登場。魂ネイションでブランドが立ち上がった影響だろう。また、2021年にてスパロボDDでユニット参戦。同年6月末日よりラングリッサーモバイルでも中国版に続き限定イベント参戦するも、シナリオが原作細部に忠実でないので注意。12月22日よりラグナロクマスターズでもコラボイベントが開催。

 上記の影響か、2020年春に新作『魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸』のYouTube放映が決定。PVが魂ネイション等で10月25日10時より閲覧解禁。この項目はすぐさまTwitterワードにも20000件以上も検索され、賛否両論に呟かれた。

ピクシブに於いて

 後継、派生作品全てをタグ付けがなされていないものが大半を占めるだけでなく本文作成で固有名詞の誤字、本作のタイトルだけ、含まれないのに表記するイラストも多く、今週の魔神のみならず、脇役や敵醜男の掲載は極めて少ない。正式名称のみの表記及び続けざまのタイトルタグが望ましい。

 キャラクターや魔神もまた同様に漢字表記が簡易中国語が多いので日本での公式表記を推奨する。

あらすじ

 桜舞散る夜、天空を一体の龍が飛び、手にする勇者の玉を真の救世主たる少年の元へ放った…

 戦部ワタルはごく普通の小学生、今日も近道の龍神池へと向うものの、奇妙な勾玉を拾うも遅刻する。
図工の時間で作った寸足らずの粘土細工ロボットに祠に置いた筈の勾玉を掛け級友たちの目に留まる。
放課後そのロボットに名を着けた直後、龍に遭遇。天を飛翔し神々の世界に連れてこられる。

 そこは灰色の虹がかかる巨大な山の麓の村。村人達からいきなり救世主さまと呼ばれとまどうが、ドアクダーの配下の魔神が全てを支配する為襲撃する。勇者の装束を纏ったワタルは果敢に戦うも手も足も出ず危機に陥る。
 しかし、自分の名を粘土細工の龍神丸が語りかけ、剣を翳すと本物の魔神と化してこれを打ち破った。

 かくしてワタルは神々の山に掛かる灰色の虹を本来の七色の虹に戻すため龍神丸と共にドアクダーを退治する冒険が始まったのである。


登場人物

※EDテロップで判明している分だけの掲載。『・』の有無も注意。▼は『ガム』での表記。

戦部ワタル(CV:田中真弓)
龍神丸(CV:玄田哲章)
忍部ヒミコ(CV:林原めぐみ)
剣部シバラク(CV:西村知道)
渡部クラマ(CV:山寺宏一)
虎王/翔龍子(CV:伊倉一恵)

聖龍妃(CV:藤井佳代子)
忍部幻龍斎(CV:緒方賢一)

戦部アキコ(CV:伊倉一恵)
戦部タケオ

ユミ(CV:半谷きみえ)
(CV:龍田直樹)


忍部オジジ(CV:沢りつお)
妖部オババ(CV:山本裕子)
アップダウンシティの親子(母CV:滝本小百合)
サヨリ(CV:鷹森淑乃)
アベ・コーベ市の女の子
アベ・コーベ市の男の子
ルマニア村の男の子
モモ(CV:水谷優子)
サクラ(CV:原えりこ)
キクオ(CV:高山みなみ)
おミツ(CV:小宮和枝)
オユウ(CV:藤井佳代子)
ホットプレート村の若夫婦(夫CV:菊池正美)
マリアンネットの乳母(CV:上村典子)
ヒャクニーン仙人(CV:峰恵研)
ユーキ(CV:原えりこ)
センニーン仙人(CV:峰恵研)
ピノ
ビビンバ(CV:藤堂貴也)
イタロウ村の老婆(CV:上村典子)
マンニーン仙人(CV:峰恵研)
タゴ作(CV:龍田直樹)
イチロー(CV:高山みなみ)
ジロー
サブロー
シロー
フランソワ
コロガッテルの里の長老(CV:稲葉実)
コノミー(CV:水谷優子)
サリー(CV:小林優子)
アリババー(CV:鈴木れい子)
サクラコ(CV:半谷きみえ)
ウルバンバ(CV:沢りつお)

タマンゴ(CV:龍田直樹)

ファイヤードラゴン(CV:稲葉実)
白龍(CV:土師孝也)


シュワル・ビネガー(CV:笹岡繁蔵)
シュワル・シスター
サンダー・ブルー(CV:江原正士)
ジョン・タンクーガー(CV:龍田直樹)
プラマ・ニア
クルージング・トム(CV:島香裕)
Dr.サッカ・サマー(CV:沢りつお)
アメダス・てる皇
木下トモヨ
ゼロ・ニモ(CV:郷里大輔)
ドン・ギララ(CV:石塚運昇)
デス・ゴッド(CV:千葉繁)
ケン・サーク(CV:小杉十郎太)
マリアンネット(CV:勝生真沙子)
ヒューマンスター
スイマーセンセー
壮快山
アブドラ・ザ・馬之助(CV:亀井三郎)
タッチー・ダウン(CV:水鳥鉄夫)
ソイヤ・ソイヤ(CV:島香裕)
ドン・キホッテ(CV:石塚運昇)
イモ川短銃郎(CV:江原正士)
ヒモジアン
サッキーカー
XYZ星人クーミ
ドクトル・コスモ(CV:緒方賢一)
へドローナ(CV:郷里大輔)
クサーヤ(CV:塩谷浩三)
バッド・マックス(CV:大塚芳忠)
ヨメ・ハーン(CV:峰あつ子)
ムコ・ハーン(CV:石塚運昇)
アック・スモッグル(CV:沢りつお)
ビビデ・オージ(CV:山下啓介)
ビビデ・シシ・カバ・ブー(CV:郷里大介)
ビビデ・セーキマ・ツー(CV:山寺宏一)
ビビデ・チビット・モレーテル(CV:塩谷浩三)
ビビデ・アラビアン(CV:安西正弘)
ビビデ・ババ・デブー(CV:片岡富枝)
麻婆(CV:峰あつ子)
ウマシカ(CV:山寺宏一)
デブル(CV:吉村よう)
ニオー・アニアン(CV:戸谷公次)
ニオー・オトート(CV:山寺宏一)
怪傑ゾロリ(CV:中村秀利)
サンチョ・パンダ(CV:塩谷浩三)
ザン・コック(CV:稲葉実)
ザン・ゴロツキー(CV:龍田直樹)
ザン・ギャック(CV:笹岡繁蔵)
ドン・ゴロ(CV:稲葉実、21話以降~戸谷公次)
ドアクダー(CV:飯塚昭三)

ブリキントン
メタルブリキントン
ブリキング▼

EXマン(CV:龍田直樹、柴田由美子吉田古奈美)

用語

神部界
 人間の力では往来出来ない神々が住まう世界で、ヒミコやシバラクなども含め劇中登場する殆どの人物は普段着を身に付けている自然や世界を守る等の役割を持った神や女神である。元々は彼らの祖先も現生界生まれであった。
 だが、闇を信奉する魔界の者との度重なる戦乱から人間が魔神に依存しつづける事を良しとせず、魔神の力で貫かれた先へ移住する。即ち現生界よりも外側に存在する世界である。

現生界
 ワタルが住む世界。神部界の者はこう呼称する。書籍によって現世界とか現実世界やら人間界などと曖昧な記述書かれているも、監督が各メディア作品毎に意図的に設定を弄っている関係で無視して構わないが、一般的にはこちらが正解。

 魔界の者が侵攻しない理由は「魔界と似た状況なので制圧は容易いと」認識している為である。

創界山
 神部界の中心に聳える巨大な山。エベレスト以上の大きさで、本来はひとつの山であったが、数万年前の大戦で七つの界層に別れ、支える柱もなく浮遊している。土や空気が特別ではなく、聖龍妃の慈愛を感じた神々の祈りの力で支えている為で、全員が止めると浮力を失い墜落崩壊する危険な場所でもある。所謂ダンジョンRPGで言う『階層』などではない。年単位は創界歴、元号は神宝、月や時間帯は十二支、距離は馬里(ばり)で表す。
 界層間の往来には虹の橋が使われるが、ドアクダーは橋を破壊して自由に往来を出来なくしただけでなく、劣悪な環境へと変貌させ侵入者を防いでいる。但し、第六界層と第七界層には虹そのものは存在せず、初めて訪れた者は試練聖域(魔幻空間)へと直行し試練を受けなければならない(一部例外もあるが)。

神部文字
 創界山と、その麓の周囲で使われている文体。既存作品の例に洩れず平仮名である。

クレジット
 創界山周辺で使用される通貨。日本円に換算すると若干高めである。1億ともなると国家予算にも相当する。

魔神
 該当項目を参照。

魔神紋章
 魔神のパーソナルエンブレム。同時に搭乗者の家紋も兼ねている。改良型等は基と成った機体の象徴も取り入れられている(例:龍神丸、龍王丸→勾玉、戦神丸、戦王丸→火焔の紋、幻神丸、幻王丸→手裏剣)。
 ヒミコやオジジ、オババだけでなく、EXマン、タマンゴ、ヒャクニーン仙人、ブリキントンにも備えられている。当然ながら未登場の人物、住民達にも与えられている。

神部七龍神
 創界山を守護する七つの龍神達の総称。その大半がドアクダーの魔界力によって姿を変えられたり、封印されたりしている。彼らは神部界で自然的に発生した存在ではなく、別世界から降臨した意思ある者達である。

暗黒龍
 魔界で崇められている守護神。初めて見た者か、力で屈服させたかで魔界の者は一人前と認められる。数万年前の大戦でたった一頭で創界山を蹂躙し七つの界層へと分断させ、複数の魔神をも物ともしない頑強さを併せ持つ。だが、より強力な神の武具には弱い。
 神部七龍神とは容姿が正反対の西洋龍であるが、根本的なルーツは同じである。

魔界
 神部界とは正反対に位置する世界。『破界山』を中心に、下へと降りながら更なる暗き深淵の世界が続いている。劇中当初は存在を仄めかす台詞は一つもなかったが、中盤から魔界ザン三兄弟、魔界王子虎王と次々にキーワードとして挙がるようになる(食玩や駄菓子景品の粗筋ではこの言葉は既に書かれていた)。
 戦国時代に相当する群雄割拠の日々が常に続いており、家族の情愛も薄く、常に陰謀や裏切りなどが付きまとい地獄すら生温いと云える。
 最終目的は自分達を追い落とした『神聖』なる者に色濃く受け継ぐ末裔への復讐と抹殺であり、創界山の支配は足かがり程度でしかない。

スタッフ

企画サンライズ
原作矢立肇
キャラクターデザイン芦田豊雄
ゲストキャラデザインまんどりるくらぶ
メカデザイン中沢数宣
企画協力レッド・カンパニー
チーフライター(※1)小山高生
音楽門倉聡兼崎順一
音楽集(※2)ビクター音産(株)
音響監督藤野貞義
音響製作千田啓子
効果依田安文
調整依田章良
録音整音スタジオ
撮影監督奥井敦
現像東京現像所
設定協力朝比奈祥和・北村晃男
編集布施由美子
タイトルマキ・プロ
総監督井内秀治
プロデューサー武井英彦・伊藤響・佐川祐子・吉井孝幸
アシスタントプロデューサー富田民幸
製作ASATSU・サンライズ


※1)いわゆるシリーズ構成、メイン脚本。
※2)いわゆるサウンドトラックの版権発売元。


主題歌

OP
 STEP

 作詞、作曲:立花瞳 編曲:志熊研三 唄:a・cti-a・cti

ED
 a・cti-a・ctiアドベンチャー

 作詞:伊藤アキラ 作曲:池毅 編曲:志熊研三 唄:a・cti-a・cti




関連作品

NG騎士ラムネ&40ライバルスポンサーの作品で、シリーズ構成は本作のチーフライターを務めた小山高生率いるぶらざぁのっぽが担当。同作の脚本に参加したあかほりさとるは同作を本作のパクリと冗談交じりに明言している。
ヤマトタケル:本作へのオマージュ作品。


シリーズ一覧

真魔神英雄伝ワタル-魔神山編-(OAV)
魔神英雄伝ワタル2(TVシリーズ)

超魔神英雄伝ワタル(TVシリーズ)
超魔神英雄伝ワタル-ANOTHERSTEP-(PS)

魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸(YouTube配信)

魔神英雄伝ワタル外伝(FC)
魔神英雄伝ワタル-ANOTHERSTEP-(ノベライズ)

魔神英雄伝ワタル3(ラジメーション)
魔神英雄伝ワタル4(ラジメーション)
魔神英雄伝ワタル外伝ピュアピュアヒミコ(ラジメーション、ノベライズ)
魔神英雄伝ワタル-伝説にならない三つの物語-(ノベライズ)
魔神英雄伝ワタル-終わりなき時の物語-(OAV)
魔神英雄伝ワタル-虎王伝説-(ノベライズ、ラジメーション)
虎ブルファンタジー-魔神英雄伝ワタル外伝-(ノベライズ)

関連タグ

魔神 神部界
RPG ファンタジー 冒険

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

株式会社サンライズ かぶしきがいしゃさんらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔神英雄伝ワタル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔神英雄伝ワタル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3662983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました