ピクシブ百科事典

ジョン・タンクーガー

じょんたんくーがー

ジョン・タンクーガーはメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル』登場人物のひとり。

CV:龍田直樹

概要

 ドアクダー七人衆のひとりクルージング・トムの部下でガラガラ村の支配者。自分の城にある人工降雨装置で年中雷を落とし、村人の住居を防空壕へ追いやり、城に招き入れて途方もない量の食事を与え完食しなければ重火器を乱射する何時もキレてるアブナイ男。蝿一匹殺すのに弾丸5000発、Gに関しては弾道ミサイルを使うほど気が短く潔癖症である。
 短絡的にキレ易くなった理由は幼少時は太っていて周囲にバカにされ深い恨みを抱いていた事に起因する(悪役の過去が語られる初めてのケースで『超』の原点と言えなくもない)。村から去って再び現れた時はガリガリに痩せ細り強引に村を制圧し現在に至る。

 タンクーガーであって決してダンクーガではない。

関連タグ

魔神英雄伝ワタル

コメント