ピクシブ百科事典

お蔵入り

おくらいり

使用を見送ること、発表を見送ること。アニメや漫画作品等で企画されていた次回作やイベントが様々な問題により中止する事ほか
目次[非表示]

概要

  1. そのものの使用、発表を見送ること。アニメや漫画作品等で企画されていた次回作やイベントが様々な問題により中止する事。
  2. ピクシブユーザー達が同人誌イベントのために過去に描いたものの没にしたイラストなど。
  3. 年貢は一度幕府に入るともう二度と農民の元には帰ってこないことが語源


お蔵入りされた企画一覧

  1. タイムボカンエクスプレスおよびタイムボカンウォーズサッパリマン - タイムボカンシリーズの8作目および9作目として企画されていたものの、7作目のイタダキマンが視聴率で苦戦し、シリーズ自体が終了したことに伴いお蔵入り。 → 内容はタイムボカンシリーズ記事にて表記
  2. シーファイター - 東映メタルヒーローシリーズ16作目として企画されていたが、最終的にはビーロボカブタックとなった為、お蔵入りに。因みにメンバーは、シーファイターシャーク、シーファイタードルフィン、シーファイターグランパスだったと思われる。
  3. ジェットコンドル - 『仮面ライダーストロンガー』に登場する筈だった改造魔人。実際、関連書籍で原作者・石ノ森章太郎によりスケッチが見られる。 → 後年、村枝賢一の公式二次創作「新仮面ライダーSPIRITS」に登場した!
  4. ミラーマン兄弟 - 「ミラーマン」の後番組として企画された番組企画。


日の目を見た一覧

  1. 恐怖劇場アンバランス
  2. 白獅子仮面
  3. ウルトラマンネオスドレンゲランは登場しなかったが…。
  4. ハリフグアパッチファルドンデンタザウルス…お蔵入りになったが、後のシリーズで復活したキャラの例。
  5. 生物彗星WoO - ウルトラマンの原案第一弾目。
  6. レッドマン - 続いてウルトラマン原案第二考。
  7. 電撃超人グリッドマンF - 映像化さなかった幻の企画だったのだが、後にこの企画書をベースとしてSSSS.GRIDMANがアニメ化。一部設定等でグリッドマンFに類似する箇所あり。



関連項目

封印 欠番 黒歴史 慣用句
封印作品 大人の事情 風評被害

pixivに投稿された作品 pixivで「お蔵入り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442029

コメント