ピクシブ百科事典

スターフォックス2

すたーふぉっくすつー

スターフォックス2は任天堂のスーパーファミコンソフト「スターフォックス」の幻の続編となったソフトである。
目次[非表示]

概要

スーパーファミコン晩期にスターフォックス続編として発表され完成までしていたのだが、時既に次世代機に移行している時代であった為に「今更SFCで3Dは」「製造コストがかかる」という理由で、一度はお蔵入りした作品であった。
スーパーFX2チップを搭載して前作よりも3D空間を実現するものだったが、ソフト自体は生産までいかずにマスターデータでしか存在していないようである。

この「2」を再構築してプロジェクト変更したのがスターフォックス64である。

開発から約20年後に登場

2017年6月27日、任天堂が「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録される複数タイトルの中にこの幻となったスターフォックス2を収録する事を発表
まさかのお蔵入り作品が約20年の時を経て日の目を見る時が来たのである。しかもこのためにパッケージイラストが当時の開発スタッフによって描き下ろされた。

ある意味、21世紀にリリースされるスーパーファミコンの新作といえよう。

なお、最初から遊べるわけではなく同じく収録されているスターフォックスの1面(第IV惑星コーネリア)をクリアするとアンロックされる仕様。

内容

前作とやや異なり、星系マップ移動はリアルタイムストラテジーに近い。
マップ上で敵と遭遇したり、惑星に突入すると、戦闘パートへ移る。常に時間が経過しており、マップ中はもちろん、戦闘パートでもマップ画面の1/10のペースで時間が経過する。
その間、常に敵軍からミサイルや戦闘機などが出撃してくるのだが、ここで本作のコンセプトが重要になる。

それは、惑星コーネリアの防衛

本作ではコーネリアを守ることが、単なるストーリーの枠を超え、ゲーム内での主要テーマになっており、敵軍から攻撃を受けると惑星の耐久力がどんどん減っていく。そしてダメージが100%に達してしまうと、コンティニュー不能という問答無用のゲームオーバーになってしまうのだ。

そのため、戦闘パートではいつでもマップへ戻る機能があり、時には目の前の攻略対象を一旦放棄してコーネリアの防衛を優先させる必要に迫られることもある。コーネリアを守りきりながら、敵戦力を少しずつ減らし、敵の拠点を叩くことで攻撃手段を絶ち、最終的に敵戦力を全滅させることで、敵の本拠地たる最終ステージへ進むことができる。

敵軍がどの惑星を占領するかはランダムで決定されるので、決まった攻略順が存在せず、状況対応力が問われる。難易度はNORMAL・HARD・EXPARTがあるものの、最難のEXPARTについてはHARDを特定の条件でクリアしなければ選択自体できない。難易度が高いと敵の布陣が厚くなり、追加部隊が登場したり、惑星の攻略手順そのものが難しくなったり、敵空母の内部も大きく複雑になる。攻略途中に中ボスが現れることも多く、思わぬタイミングで長期戦を余儀なくされることも…(ただし逆にNORMALでしか中ボスが出てこない局面もある)。

ただ、もちろん敵であるアンドルフ軍もこちらを無視しているわけもなく、直接狙ってくるボスや、特に執拗に付けねらってくるスターウルフの妨害が、いわばピリ辛のスパイスになっている。ちなみに開発順ではスターウルフの初登場は本作である。

多彩なアーウィンの原型

本作では使用キャラクター2名を選択する方式で、それ以外は目立った登場はしない。このキャラクターによってアーウィンの性能が異なる。得意な形式を2名用意してもいいし、異なる形式を1名ずつ用意して使い分けてもいい。

また、スマートボム以外の特殊兵器(スペシャルウェポン)が登場した作品である。補充アイテムを取るたびに切り替わるため、時には取りたくない補充アイテムがあった場合に補充を見送るのも一つの作戦である。初期で所持しているものはアーウィンによって異なるため、攻防どちらを重視するか、またアーウィンとの相性も気をつけておくこと。

本作品からの要素

オールレンジモードが既にSFCで可能となっていたり、ウォーカーモードも存在。その後前者は「64」で、後者は「零」で公式に採用された。
また、リアルタイムストラテジー要素はスターフォックスコマンドにも採用されている。

お蔵入り中においてのソフトの流出

幻となった続編であったが複数のバージョン違いとされるスターフォックス2が流出しており、実際に開発されていた形跡がアングラな形で確認されていた。FXチップに関してはワイルドトラックスのものを使うと動いた模様。

バージョンによっては開発途中バージョンのものや完成版に近いバージョンもあったようである。そのほとんどがベータ版のバージョン違いである。完成版として世に出たスターフォックス2とベータ版とではタイトル画面が異なり、開発中のものはタイトルロゴの『2』が赤で、しかもデザインが違う。クレジットもミニスーパーファミコン収録版は1996年になっているが、ベータ版は1995年になっていたり、メニューで選択できる項目がベータ版の方が多い。また画面下のスターフォックスのメンバーの配置デザインもベータ版とでは異なっている。敵からのコーネリアダメージが一切設定されていなかったり、回復アイテムの回復量が少なかったり、一部地域の地形が違っていたりする。ただし、完成版自体はこれまでに流出した形跡が無い。

では、このベータ版は何故流出したのか?それには幾つかの可能性が考えられる。

  • 雑誌掲載用のサンプルROM
一番可能性が高い流出の原因と思われるもの。基本的にはゲーム雑誌では新作情報用としてメーカーからサンプルROMが配布される事があるため。完成版にほぼ近いものは恐らく攻略記事用だったものと推測される。このサンプルROMが何者かによって吸い出されたデータがネットに流れた・・・事も十分に考えられ、完成版の流出が無いのはここにあると思われる。

  • 開発側からの流出
次に考えられるケース。ただし開発中の場合は極秘扱いである為、外に持ち出す事は情報漏洩として任天堂内では大問題になっているはずである。勿論社内セキュリティに問題がある事になる。

  • 海外経由の流出
流出版にはセリフから何から英語表示であるものがあり、、海外でのメディア用だったサンプルが流出していた事も考えられるが、海外で英語表記パッチが当てられていたともいわれている。過去にはMOTHERの海外版ROMが複数本流出していた形跡があった。(関連タグ参照)

余談

実はスーパーFXチップを搭載したソフトでお蔵入りになったソフトはもう一つ存在し、どこまで開発されていたのかまではわかっていないが、セガのバーチャファイターに見た目が非常にそっくりな格闘ゲーム「ファイティングポリゴン」というものがあった。

ミュウ・リンクスフェイ・スパニエルの二名はスターフォックス2のお蔵入り後に出た作品には一切登場しなかった為、人物像も設定も全く不明の幻の登場人物のままであった。
ただし、ようやく公式にスターフォックス2が世に出る事となったので今後何らかの形で登場してさらに設定が膨らまされる可能性もあるかもしれない。ただ、SFC版の設定は64版以降の設定とは全く異なるものである為、出たとしても設定が根本から変えられる可能性は高い。

関連タグ

任天堂 スターフォックス お蔵入り

スターフォックス64 - プロジェクトの変更でこちらが続編として正式リリースされた。
MOTHER - 同じくお蔵入りしていた海外版(Earth Bound Beginning)が原因不明の形でアングラに流出し、後年海外のWiiUバーチャルコンソールで世に出た。ただし、日本国内ではGBAのMOTHER1+2収録のMOTHERはFC版ではなく海外版に限りなく近いものである。
テトリス(MD版) - 既に生産されるも権利関係によりお蔵入りされた。後に流出して海賊版が登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「スターフォックス2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7331

コメント