ピクシブ百科事典

ファルコ・ランバルディ

ふぁるこらんばるでぃ

ファルコ・ランバルディとは、『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV江川央生64版 / アサルト / スマブラDX, スマブラX,スマブラ3DS/WiiU
  高口公介(スターフォックス64 3D、スターフォックス ゼロ)

「ファルコ」という名前からファルコン、すなわちハヤブサをモチーフにされたと思われがちだが、実際はキジをモチーフにデザインされている。
その為WiiUの無線でピットが「きびだんごを持ってくればよかったかな」と口にする程。しかし、ナチュレは「そんな事言っていたら、蹴りを食らう」と呆れられていた。

SFC版当初からぶっきらぼうな性格であった。時には独断で敵兵器を潰しに行くなどの面も見せる。
64版以降でもこの辺はあまり変わっていない(というかSFC版⇒64版の世界観変更にあたり一番性格の変わっていないキャラ)。

64版以降の設定では、エース・パイロットとして非常に優秀な腕を持っており、アーウィンの操縦に関してはフォックスと1、2を争う程の腕前である。
ただしたまに致命的な整備ミスをやらかすなど、局所的な盲点も抱えている。
「ちくしょう!調子が変だ!!思い通りに操れねぇ!!」

また「こんなもんより、俺は空がいいぜ」というように、潜水艦「ブルーマリン」や戦車「ランドマスター」のように飛ばないメカや、戦闘機を使用しない戦いを非常に毛嫌いしている模様(…一応、スマブラではなんだかんだ言いつつもちゃんと戦車に搭乗しているのだが)。『アサルト』においても、フォックス、スリッピークリスタルがブラスターを手に出撃する機会があるのに対し、ファルコだけ全ミッションを通じてアーウィンのみで戦っている。『零』ではウォーカーの形態に対して「飛べない鳥も悪くないかもな」と言っている。

ぶっきらぼうな言動でクールな印象を与えているが、実際は誰よりも仲間思いな熱血漢であり、口には出さないもののチームメイトを家族と思っているようだ。
64版の頃は協調性を欠く言動が多かったが、後の作品になるにつれ素直になってきている。
また、『コマンド』でフォックスに「いつも遅れてやって来る」と称されており、実際フォックスに危機がせまりギリギリのところで現れるという展開が多い。

身体的特徴としては、他のメンバーよりも身長が高い。
『アサルト』では骨格や筋肉の付き方がしっかりしている事から、
職業軍人らしい筋骨逞しい体を持っているとされる。

シリーズを通しての服装デザインはさほどフォックスと変わらないが、
アドベンチャー』のみ一時的にスターフォックスを脱退していたためか、パンクスタイルの様な普段着(らしきもの)に着替えている。
何故か頭部を負傷しており、頭に包帯を巻いている。
『アサルト』ではデザインが新調され、赤を基調とした戦闘服に変更されている。

怒りっぽい性分が災いしてか、ゲームはあまり上手くないらしく、漫画『さらば愛しのファルコ』では対戦ゲームでフォックスに負けたりしている。『零』のプロモーションアニメでも、スリッピーの開発したバイザーをつけるまでは割と凡ミスでゲームオーバーを連発していた。
『スターフォックス ガード』のPVでは終盤にスリッピーの設定したユニットを自信満々にプレイ。メンバーに茶化されてイライラしながらも粘りのプレイを見せたが、次第に劣勢になった挙げ句、焦って倒しかけの敵を放置するというミスをやらかしてしまい、結局失敗している。

スマブラにおけるファルコ

2作目の大乱闘スマッシュブラザーズDXより登場している。
なお、これまで参戦しているすべての作品において隠しキャラとしての扱いを受けている。

DX

フォックスのモデル変えキャラとして登場。
まだこの頃はフォックスと似た動きが多かったが、「スピードはフォックスに劣るがジャンプ力で勝る(…というより、現在でもジャンプ力に関してはぶっちぎりのトップである)」「ブラスターは敵を怯ませることができる代わりに連射性が低く、撃ち方もフォックスとは異なる」といった差別化は施されていた。

X

この作品より攻撃モーションが大幅に描き直され、フォックスとは全く異なったキャラとして差別化が施された。
足技を中心に戦うフォックスに対し、ファルコは手刀で相手を切り裂いたり嘴で相手を抉ったりといった刺突攻撃も織り交ぜながら戦うようになった。必殺ワザも調整が施され、横必殺ワザのファルコビジョンにはメテオ効果が付与された他、上必殺ワザのファイアバードは飛距離が短くなり、多段ヒット型のワザとなった。下必殺ワザはリフレクターを相手に蹴り飛ばすリフレクターシュートに変更され、これにより相手をけん制しつつ飛び道具を打ち返す…といった芸当も可能となった。
接近戦も遠距離戦もこなせる万能タイプのキャラだが、決め手となりうるワザはいずれもクセの強いものが多く、決定力に若干欠けるところがある点が珠に傷である。

最後の切りふだはランドマスター。
フォックスのものと比べると主砲の威力が低く、地上での動きも緩慢だが、空中での機動力が高く、相手をそのまま場外に運び去るといった芸当が可能。
空中戦に強い戦車なんて聞いたことがない…というツッコミはご法度である。

また、本作では、通信におけるある一言がきっかけでネタキャラと化してしまっている。

3DS/WiiU

基本的なモーションはXの時と同じだが、空中後攻撃のモーションが地味に描き直されている。

前作と比べると空中でのブラスターの連射性が低下。一方で、横必殺ワザのファルコビジョンの使用後に尻もち落下に移行しなくなった上(これはフォックスのフォックスイリュージョンも同様)、ファイアバードの飛距離も大幅に上昇したため、横必殺ワザ⇒上必殺ワザのコンボでステージ外のどこに飛ばされても復帰しやすくなった。このため、全キャラ中断トツの復帰能力を手に入れることに…。やはり鳥がモチーフのキャラだからであろうか。

ピット曰く「ジャンプ力最高」。
パルテナ曰く「ブラスターやリフレクターシュートなどの遠距離攻撃に長けている」とのこと(WiiU ピットの無線より)。

主な名言

「こちらファルコ。少々ずれているが、問題ない」
俺の獲物に手を出すな! フォックス!!」
「サルの言うことを信用するのか?」
こんなもんより、俺は空がいいぜ。」
「へっ!こんな攻撃、そうめんみたいなもんだぜ!!」

関連イラスト

ファルコ
ファルコさん




関連タグ

ファルコ
スターフォックス スマブラ
そうめん
ソーミャ:ある意味そうめんのお仲間

pixivに投稿された作品 pixivで「ファルコ・ランバルディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 939914

コメント