ピクシブ百科事典

目次[非表示]

“ガビを守りたいなら オレがガビを超えるしかない”

プロフィール

誕生日2月10日
身長140cm
体重34kg
出身マーレ国レベリオ収容区
所属マーレ陸軍(戦士候補生)


概要

進撃の巨人』に登場するキャラクター。「マーレ編」は彼の描写から始まる。

大陸に残ったエルディア人の一族・グライス家の次男。内気な性格だが深い愛情、思いやりがある。敵味方問わず弱っている相手には心に寄り添い温かい言葉を投げかけるなど他者への感情移入が出来る尊い心の持ち主。

かつて楽園送りにされたエルディア復権派の幹部を叔父に持ち、潔白を示すために兄・コルト共々「マーレの戦士」に志願した。
「任期」の期限が迫るライナー・ブラウンから「鎧の巨人」を継承する権利を得るため、ガビウドゾフィアらと共に戦士候補生として日々訓練を積んでいる。

コルトが見事「獣の巨人」の継承権を獲得した一方で、同じ戦士候補生内ではガビの成績が圧倒的だったため、自らが「鎧の巨人」を継承することは半ば諦めているように見られた。
だが想いを寄せるガビが本当に巨人を継承した場合、わずか13年しか生きられないことを案じており、それを見抜いたライナーから「ガビを守りたいならお前がガビを超えるしかない」と言葉をかけられ、彼女を守るために自らが巨人を継承する決意を固める。

今まで以上に訓練に励み、ガビとの差を縮めていく傍ら、クルーガーと名乗る負傷兵との交流を深めていく。
その負傷兵は心的外傷と偽り病院に滞在していた。
収容区のポストに投函された手紙は中身を確認されてしまい仮病であることが露呈してしまう為、彼の家族宛の手紙を収容所外のポストへ投函する依頼を何度も引き受けていた。

そしてレベリオでの祭事の日、クルーガーがライナー・ブラウンと古い友人であり会わせてほしいとの彼の依頼によりステージ裏側の住居の地下での対面の仲介を行うが…

クルーガー「よう…」「4年振りだな ライナー」
ライナー「…エレン」
クルーガー「よかったな 故郷に帰れて」

ライナー「…ありえない」

ライナーの怯える様子に違和感を覚え、そして古い友人ということから彼こそがエレン・イェーガーであり手紙のやりとりの相手がパラディ島勢力の仲間であったことを知る。騙され自身が敵に加担してしまったことを悲しみ、ショックを受ける。
ヴィリー・タイバーの演説中にエレンの巨人化の爆発に巻き込まれそうになるもライナーの身を挺した鎧の力による庇護を受け事なきを得る。

しかしライナーが生きる意志を喪失したことにより気絶してしまいマガト隊長に彼の救助を求めるが、その直後に車力の巨人ことピークが戦闘不能になった為彼女を庇護しガビと共に避難する。

復讐そしてパラディ島の悪魔に成敗をと燃えるガビを諫めるも彼女は止まることなく、敵の飛行船に乗り込もうとする彼女にしがみつく形で飛行船に乗り込む。
ガビがサシャ・ブラウスを殺害しジャン・キルシュタインの報復の弾丸を向けられるが彼女を身を挺して守る。
そしてそこでジーク・イェーガーと対面し彼がマーレを裏切りパラディ島勢力に加担していた事を知る。
そのまま飛行船はパラディ島に到着しガビと共に捕虜となり牢に投獄される。
ガビが看守を殺害し共に脱獄する。辺境な田舎まで逃走するもいくあても無くガビと口論になってしまう。





関連タグ

進撃の巨人 エルディア マーレ(進撃の巨人) マーレの戦士
コルト・グライス グライス(エルディア復権派)
ライナー・ブラウン ガビ・ブラウン ウド(進撃の巨人) ゾフィア(進撃の巨人)
負傷兵エレン

関連記事

親記事

グライス兄弟 ぐらいすきょうだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファルコ・グライス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251498

コメント