ピクシブ百科事典

諫山創

いさやまはじめ

諫山創(いさやまはじめ)とは日本の漫画家である。代表作は『進撃の巨人』。
目次[非表示]

経歴

1986年8月29日大分県生まれの日本漫画家。現在別冊少年マガジンにて活動している。

  • 2006年にマガジングランプリ(MGP)で進撃の巨人を佳作で受賞。当時20歳。
  • 2008年に第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞。『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。同作品を『マガジンSPECIAL』にてデビュー。
  • 2009年別冊少年マガジンにて『進撃の巨人』の初の月刊連載を開始する。
  • 2011年第35回講談社漫画賞少年部門を『進撃の巨人』で受賞。
  • 2013年『進撃の巨人』テレビアニメ化や実写化も決定。アニメ公開。
  • 2015年『進撃の巨人』実写化が公開。

身体が痩せて弱かった幼少期の諫山氏は弱い自分でも強くなりたいという思いを持ち、その思いを漫画の中で描き、19歳の時に『進撃の巨人』の原案を誕生させた。
当初は週刊少年ジャンプに持ち込んだが、編集者から作風をジャンプに合わせて変えるよう言われ、自分が描きたい作品を望んだため、ジャンプからマガジンに変えたという。
連載が決まり漫画を描き進めたが、そのうち読者に合わせて描いているのではという思いが芽生え、子供の頃に憧れた特撮変身ヒーローを思い出し、その憧れを作品に物語の大きな転換として盛り込む決断を下した。

周囲の反対を押し切って描いたが、読者からは批判的な反応が多かった。これに諫山氏は「読者に合わせて描くべきか?」とネット上で問いかけたところ、「読者に合わせた漫画は読まない」という返事に接し、自信を持って連載を続け、現在に至る人気を獲得した。

なお、日本ではあまり話題にならないが、海外では諌山の歴史観と発言(ピクシスのモデルが秋山好古だったり、ミカサの名前の由来、ホロコースト関連の発言、南京事件の否定、韓国統治を肯定化)等の疑惑が問題になっていて、実際に海外ではアニメの放送を止めさせようという人々もいる(参照)。

この問題と無関係でないが、町山智浩と親交を深めたのは歴史政治問題からであり(最初は勝谷誠彦を批判する町山に対して反感を持っていたとされるが、町山への反論を探すためにリスナーになったが後にファンになったとされる)、後に町山に実写版の脚本を依頼し、ジーク・イェーガートム・クサヴァーハンジ・ゾエなどのキャラクターには町山のイメージが使われているとされる。

作品

読み切り作品

orz

連載作品

進撃の巨人

その他

公式ガイド本『進撃の巨人 INSIDE 抗』、『進撃の巨人 OUTSIDE 攻』
漫画『進撃!巨人中学校』画:中川沙樹。現在単行本1~5巻。
漫画『the Killing Pawn』画:皆川亮二
小説『進撃の巨人 Before the fall』涼風 涼・THORES柴本。1~3巻。

外部リンク


余談

大のサウナ好きであり、進撃の巨人完結後はサウナ専門店を開くのが夢だと語っている。

ライナー・ブラウンの諸々の境遇や扱いから、読者からは『ゲイのサディスト』と思われている。

関連タグ

漫画家 別冊少年マガジン 進撃の巨人

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「諫山創」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「諫山創」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188875

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました