ピクシブ百科事典

坂の上の雲

さかのうえのくも

司馬遼太郎の歴史小説、およびこれを原作としたテレビドラマ。
目次[非表示]

上って行く坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。

概要

1968年(昭和43年)4月22日から1972年(昭和47年)8月4日にかけて産経新聞で連載された、司馬遼太郎原作の長編歴史小説。

秋山好古秋山真之正岡子規の3人を主人公に、西洋列強を目指して近代化に邁進する明治日本を、基本的に史実に基づいて描いたフィクション作品である。

3人は様々な政治家や軍人、文豪、外国人などと出会いながら、日清戦争日英同盟、そして日露戦争へと時代を歩んでいく。

NHKは、全13話を2009年から2011年までという3年がかりの三部構成にてテレビドラマ化。
好古を阿部寛、真之を本木雅弘、子規を香川照之が演じ、渡辺謙がナレーションを務めた。
第38回放送文化基金賞番組部門(テレビドラマ番組)本賞を受賞。
また受賞はならなかったがエミー賞にもノミネートされた。

反響

2009年からのスペシャルドラマ(準大河ドラマ枠)まで映像化作品が一切無かったが、原作は発表当時から明治期の政治軍事文化面で直面した困難を日本がいかに乗り越えたかを、著者独自の解釈や表現を交えながらも鮮やかに描き切った作品として著名であった。
著者本人いわく、「本当の主人公は日本という国家」との事。

ただし著者は「描いたことはすべて事実であり、事実であると確認できないことは描かなかった」として事実上のノンフィクション作品であると逝去するまで主張していたが、実際には歴史学者などの検証によって史実と明らかに食い違う部分も多く確認されており現在に至るまで物議を醸し続けている。
また著者本人も「戦争賛美と誤解を受ける」といった理由から本作の映像化等の二次使用を許可しておらず、ドラマ化は遺族の意向によるものであった。

こうした経緯から『文学作品としては一級だが資料としては扱えない』といった声も強く、司馬作品のファンの間でも賛否両論となっている。

主な登場人物

秋山好古(演:阿部寛)
秋山真之(演:本木雅弘)
正岡子規(演:香川照之)
東郷平八郎(演:渡哲也)
乃木希典(演:柄本明)
児玉源太郎(演:高橋英樹)
伊藤博文(演:加藤剛)
高橋是清(演:西田敏行)
夏目漱石(演:小澤征悦)

関連項目

小説 司馬遼太郎 歴史
日露戦争 NHK ドラマ
翔ぶが如く

関連記事

親記事

司馬遼太郎 しばりょうたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「坂の上の雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510055

コメント