ピクシブ百科事典

竜馬がゆく

りょうまがゆく

竜馬がゆくとは、司馬遼太郎による長編歴史小説。 幕末ものと呼ばれるジャンルの中で、司馬の書いた『燃えよ剣』と並ぶ傑作として名高い。
目次[非表示]

概要

歴史小説家司馬遼太郎の著作した歴史小説。
坂本龍馬を主役に、彼の人生が描かれている。
司馬の書いた歴史小説の中でも高い人気を誇り、『燃えよ剣』と並んで、司馬の書いた幕末ものの最高傑作と称されることも多い。
本作では、一貫して歴史的に正しい名前である「龍馬」ではなく、「竜馬」の表記を用いているが、これは本作があくまでもフィクションとしての歴史小説であることを強調したい司馬の意向による。

特徴

最大の特徴は何といっても、『坂本龍馬を主役にしたこと』
坂本龍馬という人物は、同時代の歴史的人物と比べても裏方的な仕事が多く、当時の日本人にとっては知る人ぞ知る、隠れた英雄という扱いだった。
そんな中、脱藩浪士として地位も身分も捨てながら、日本初の株式会社である海援隊を組織し、薩長同盟の立役者となり、大政奉還さえも考案した人物として自由奔放に幕末という時代を駆け抜け、若くして暗殺に斃れた悲劇の英雄という斬新なヒーローとして描かれた彼の姿は、多くの日本人に衝撃を与えた。

これ以降、歴史的人物としての坂本龍馬の人気は爆発し、彼を再評価する声が多くなった。
今では、幕末はおろか日本史全体の中でも一、二を争うほどに人気の高い彼であるが、その彼の人気を高めたのは、この小説によるものである。

関連タグ

幕末 坂本龍馬

関連記事

親記事

司馬遼太郎 しばりょうたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竜馬がゆく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント