ピクシブ百科事典

功名が辻

こうみょうがつじ

司馬遼太郎の歴史小説。
目次[非表示]

概要


1963年(昭和38年)10月から1965年(昭和40年)1月にかけて各地の新聞に連載された、司馬遼太郎の歴史小説。題名「功名が辻」の辻は「十字路、交差点、路上」という意味で、手柄を立てて出世する人生の岐路を象徴する言葉として使われている。

初代土佐藩主山内一豊を支えた妻・千代を中心に物語は展開し、千代の助言もあって一豊は出世を重ねていく。
しかし、最後に千代は自分の手を離れて暴走した愚かな夫に失望。夫の死後は土佐から離れて京都に移り住みひっそりと生涯を終えた。


批判


一豊を妻の支えがなければ何も出来ず妻の手を離れたら暴虐の限りを尽くす愚かで無能な夫であるかの如く描写した所為で18代当主山内豊秋(一豊の弟の子孫)に厳しく批判された。

ただし、19代当主山内豊功は「小説と史実は異なるもの」と割り切り本作を評価している。

1997年にテレビ朝日で、2006年にNHK大河ドラマとしてドラマ化された。


関連タグ


司馬遼太郎
大河ドラマ
一豊の妻 永井路子の短編小説で、本作のアンチテーゼとも取れる内容。

pixivに投稿された作品 pixivで「功名が辻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311

コメント