2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生没年:弘化4年(1848年)1月27日〜昭和9年(1934年)5月30日

薩摩藩士・東郷実友の四男として誕生。
薩英戦争で藩士として初陣を果たし、戊辰戦争にも従軍。明治維新後は海軍士官としてイギリスに留学し、国際法などを学んだ。

日清戦争で艦長となり、黄海海戦などで活躍。日露戦争では連合艦隊旗艦である三笠に乗艦、当時最強とされていたロシア帝国バルチック艦隊日本海海戦で完膚なきまでに打ちのめし、日本の勝利に貢献した。

日露戦争後はその功績から元帥に列せられ、裕仁皇太子(後の昭和天皇)の教育のために設立された御学問所の総裁も務めている。

昭和9年5月30日、病により86歳で死去。

余談

  • 死後、東京都渋谷区福岡県宗像郡津屋崎町(現福津市)に「東郷神社」が建立され、神として祭られた。同じく日露戦争で活躍した陸軍の乃木希典を祭る「乃木神社」に対抗したものでもあったが、国民の尊敬対象であったことも建立を後押ししたといえる。ただし東郷本人は、将来自身を祭る神社の設立計画を聞かされていたが「やめてほしい」と強く反対していたという。
  • イギリス留学時には東洋人を蔑視するイギリス人の同級生から揶揄われ苦労し、一説には昔はおしゃべりだった東郷が寡黙になったのはこれが原因という説もある。だが、東郷が従軍して戦闘も経験している事が知られるや揶揄われる事は無くなったという。
  • 日清戦争での豊島沖海戦で防護巡洋艦浪速艦長を務めた東郷は清国にチャーターされ、清国兵を載せたイギリス船籍の高陞号を撃沈してイギリス国民の怒りを買い、その事態に青くなった政府では東郷解任論も起こったが、イギリスの国際法学者が東郷の行動に問題は無い事を主張して事態は沈静し、東郷の国際法の熟知ぶりが評価された。
  • 現役時代の活躍が華々しい一方で晩年は、皇族で軍人であった伏見宮博恭王とともに「宮様と神様」として祭り上げられ、その権威を笠に着る大艦巨砲主義の若手将校に担がれ軍縮に反対する、戦艦河内の主砲配置などに口出しをするなど、悪い意味で海軍内に影響を及ぼす一面もあった。
  • イギリス留学の経験からか機関科に対して偏見があり「釜炊風情が」と発言したとも言われる。
  • 日露戦争での活躍ぶりから「陸の大山、海の東郷」・「東洋のネルソン」などと呼ばれ、国内外で英雄として尊敬された。ジョン・ポール・ジョーンズホレーショ・ネルソンと並び、東郷は世界三大提督の一人となった。


関連動画



関連タグ

5月27日…海軍記念日。日本海海戦の戦勝を記念した日。
日本海軍

関連記事

親記事

連合艦隊 れんごうかんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました