ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

赤城加賀鳳翔を中核に編成され、後に龍驤が竣工に伴い編入されている。鳳翔は昭和13年編成で第一航空戦隊から外れ、のちに第三航空戦隊へ配備された。また、龍驤も編成替えで太平洋戦争開戦時は第四航空戦隊に所属している。

太平洋戦争開戦時は赤城・加賀ととんぼ釣りの第7駆逐隊()でもって編成されていた。


日中戦争にも参加していた為、実戦経験が豊富で乗員の練度も非常に高かったが、そのプライドと驕りから練度の劣る第五航空戦隊の実力を見下すような事さえあったという。

セイロン沖海戦で赤城が(トラブルで投下不能となった一機を除いて)爆弾を16発全弾目標に命中させる(当時、爆撃の命中率は25%程度というのが世界水準であった)といった神業を見せていた事から当然のように思えるのだが、同海戦では五航戦も翔鶴が二航戦の飛龍と同率で7割、瑞鶴が赤城に次ぐ9割超の命中率を叩き出している。ちなみに同海戦に加賀は参加していないため記録はない。


しかし、その一方で「五航戦を見下していたのは司令部であり、むしろ現場のパイロット達の仲は良好だった」とする資料もある。どちらが真実であったのかは一概には言えないであろうし、「見下していた者もいれば、仲良くしていた者もいた」と考えるのが現実的であろう。

近代以降の軍隊の実戦を担う新部隊が新人だけで編成されるということは余程の事情が無い限りまずあり得ず、例によって五航戦編成に際して一航戦から転出した搭乗員もそれなりにいたため、仲の良い悪い以前にそもそも全くの知らぬ者同士ではない点にも注意が必要である。

関連タグ

大日本帝国海軍 太平洋戦争 空母 赤城(空母) 加賀(空母)

二航戦 三航戦 四航戦 五航戦

南雲機動部隊

関連記事

親記事

連合艦隊 れんごうかんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11999909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました