ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

日中戦争

にっちゅうせんそう

昭和12年7月7日に勃発した戦争(当初は事変)。日本側では「支那事変」「日支事変」「日華事変」と呼ばれる。一方、中国側では「抗日戦争」「中日戦争」などと呼ばれている。
目次 [非表示]

概要

昭和12年7月の盧溝橋事件を発端として、中国国民党軍(国民革命軍)と大日本帝国陸軍大日本帝国海軍との間で行われた戦闘。中国国民党をソビエト連邦及びアメリカ合衆国が支援した。昭和16年12月8日に太平洋戦争が勃発するまで、日中ともに正式な宣戦布告を行わなかったため、当時の日本では支那事変と呼称した。


これにより昭和15年に開催予定だった1940東京オリンピックは中止になった。日本は国際連盟を脱退し世界から孤立、ついにアジア・太平洋戦争に発展してしまう。


昭和20年8月15日、日本の敗戦で終結。国民党軍も疲弊し、昭和24年には中国共産党に中国本土を制圧されることとなる(中華人民共和国建国)。


日中戦争の賠償問題は、昭和47年の日中共同宣言を経て、昭和53年の日中平和友好条約で、最終的に解決した。


戦争の背景

日本側

日本は1927年の金融恐慌、さらに1929年の世界恐慌の影響で経済不況が深刻になる一方、財閥の形成が進み、政党政治も行き詰まるなか、

1931年9月の満州事変で中国への侵略を開始しており、事実上の中国との戦争は始まっていた。さらに日本軍は1932年1月28日に第一次上海事変も起こし、その侵略行為に対する国際的非難が強まった。

国内経済の行き詰まりの打破を海外市場拡大に求める動きに押されて、軍部は満州の権益を内蒙古や中国北部に拡大しようとしたが、中国側の抵抗も強くなっていった。


満州事変を主導した関東軍は満州を日本の直轄領としようとした当初の構想を転換、清朝の最後の皇帝溥儀を迎えて執政とする満州国を1932年3月1日に建国した。独立国とは言え、実質的な日本の傀儡国家であり、大陸進出の足場となっていく。国内では満州国建設に消極的であった犬養毅首相が海軍軍人に殺害されるという五・一五事件が起こり、日本の政党政治が終わりを告げた。


日本は、国際連盟が派遣したリットン調査団によって満州国樹立が否定されたことを理由に、1933年3月に国際連盟を脱退。

国際的孤立を深めながら満洲の権益を守るために隣接する満蒙や北支に勢力圏を伸ばそうとして、熱河作戦を展開していたが、蔣介石は中国共産党との内戦を優先して日本に対する抵抗をほとんど行わず、5月には日本との停戦協定が成立した。


1935年に日本は華北分離工作を進め、冀東防共自治政府を成立させるなど、中国本土の割譲を強く迫った。それに抵抗する中国に対して、日本国内の世論は満蒙問題の解決のため「中国政府をこらしめろ」といった論調が強まっていった。


そのような中で、1936年二・二六事件が起こった。

反乱軍は首相官邸などを襲撃、岡田内閣は倒れれたが、昭和天皇は反乱軍を非難、陸軍統制派は体制維持のために動き、反乱は鎮圧された。それを契機に統制派陸軍幹部が政権中枢を支配する軍部ファシズム体制が出来上がり、政党政治は完全に終わりを告げ、軍部内閣が日本を導くこととなる。


1937年7月7日夜、盧溝橋事件が発生。日中戦争の幕開けとなる。


中国側

中華民国では、1928年の張作霖爆殺事件によって旧軍閥張学良は国民政府蒋介石政権への協力を表明していた。

1931年の満州事変に対して、全面的な抵抗はできず、1933年に塘沽停戦協定を結んで妥協した。その後も蔣介石政権は中国共産党との内戦を優先して日本に対する抗戦らしい抗戦を行わず(「安内攘外」と言われた)、満州国建国とその後の冀東防共自治政府の成立などを許していた。


それに対しては中国共産党はコミンテルン第7回大会の決議に従って1935年7月八・一宣言を出し抗日統一戦線の結成を呼びかけていた。同年12月には北京で日本に対する大規模な抗議運動である十二・九学生運動が起こった。運動に立ち上がった学生は、当時満州から追い出される形で西安に移り、共産党軍と戦っていた張学良の東北軍兵士に、盛んに内戦の停止、一致した抗日の戦いを働きかけた。


1936年12月、張学良は、西安に督励に来た蔣介石を軟禁。共産党との内戦の停止、国共合作を強く求めた。蔣介石はやむなく国共内戦を停止した。この西安事件は中国の情勢を大きく変化させることになった。蔣介石は内戦の停止には応じたが、ただちに国共合作の復活を認めたわけではなかった。しかしこれをきっかけに中国国民党と中国共産党の非公式の交渉がさかんに行われるようになった。


経過

日中両軍の軍事的緊張が高まる中、1937年7月7日に北京郊外で両軍が衝突、盧溝橋事件が起きた。準備を整えていた日本軍は本格的な軍事行動に入ったが、当初は日本政府は不拡大方針を表明した。しかし、1937年8月13日に第2次上海事変に飛び火。当初は北支事変と言っていたものを支那事変と名付けた。上海での両軍は多数が犠牲となる本格的な戦争であり、日中戦争の開始となった。


日中戦争勃発を受けて中国国民党と中国共産党は、1937年9月に第2次国共合作で合意し、国民党軍と共産党軍は抗日民族統一戦線を結成。一致して日本軍の侵略に対して戦うこととなった。共産党指揮下の紅軍は国民党軍に編入されて八路軍(バーローぐん)と称し、抗日戦の主力となった。


また蔣介石は、1937年8月にソ連スターリンとの間で中ソ不可侵条約を締結、協力して日本の軍事進出に対抗する態勢を作った。ソ連からの提案を蔣介石は警戒心を払拭できないでいたが、軍事援助の緊急性、日ソ開戦の可能性もあることから受け入れ、それ以後ソ連からの多額の借款、パイロット派遣を含む軍事支援を受けることとなった。一方アメリカハル国務長官名で日中双方に停戦を呼びかける声明を発表したが、調停への具体的動きは見せなかった。


1937年12月、日本軍が南京を占領。そのとき日本軍による市民を含む殺戮行為があり(南京虐殺事件)、国際的な非難を浴びた。


翌1938年1月16日、近衛文麿内閣は「国民政府を相手にせず(第1次声明)」と表明し、蔣介石政権との講和交渉を打ち切った。国内では同じく38年に国家総動員法の制定など、国民生活を犠牲にした戦時体制がとられることとなった。

戦線の拡大 戦争は長期化し、戦線拡大を強いられた日本軍は、1938年3月には徐州作戦を開始、それに対して国民党軍は退路戦術をとり、黄河を決壊させて洪水を起こして日本軍の進撃を阻止しようとした。洪水によって多数の農民が命と土地を失った。さらに戦線を華南に転じ、同年10月には広州を占領し、さらに長江中流の武漢三鎮を攻略した。この武漢攻略戦で、日本軍は毒ガスを使用した。


のち1939年、ノモンハン事件が勃発し、日中戦争は長い停滞期へ入った。

日本軍は次第に侵略のモチベーションを失いつつあった。


毛沢東は持久戦を主張し、日本軍を疲弊させた。

毛沢東いわく「日本は点(都市)と線(鉄道)の支配に過ぎない。中国は広大であり、広さを利用して長期戦に持ち込めば必ず勝てる」。


1945年8月、日本は降伏しポツダム宣言を受諾。

この後に中華民国と中国共産党の戦いがあり、勝利した中国共産党は1949年中華人民共和国を設立する。


関連人物


関連作品

映画


漫画


ドキュメンタリー


関連タグ

満州 太平洋戦争

  • 済南事件⋯1928北伐中の蒋介石と、山東省へ出兵した日本軍が軍事衝突した事件。日中戦争の前哨戦とも。

参考

  • 世界史の窓

関連記事

親記事

大東亜戦争 だいとうあせんそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92201

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました