ピクシブ百科事典

昭和20年

しょうわにじゅうねん

日本では戦争が終わった年として知られる。西暦1945年。
目次[非表示]

概要

日中戦争から、米英との太平洋戦争までの一連の戦争(アジア・太平洋戦争)が終結した年であり、日本が初めて外国に占領された年である。アジア・太平洋各地の旧日本植民地および占領地が(日本本土の一部とともに)連合国軍に占領もしくは現地政府に回収されることにより、多民族帝国だった大日本帝国は事実上解体され、ほぼ日本人だけで構成された国家に戻ることとなった

この年に入ると、戦況は絶望的な状況となり、遂に日本本土が戦場となる事態を招いてしまう。「本土決戦」が叫ばれる中、沖縄県などでは住民を巻き込んだ地上戦となり、東京を始めとする日本各地の多くの都市が米軍空襲で焼け野原となった。広島長崎においては核兵器が使用されている。

8月に日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏し、アメリカ軍を中心とした連合国軍の占領を受けることになった。

終戦記念日とされるのはポツダム宣言を受諾した8月15日であるが、日本の敗戦に乗じて領土拡大を目論んだソ連軍が日本本土への侵略を行ったため、樺太や千島ではそれ以降も戦闘が行われた。8月17日には日本領空に侵入してきた米軍機との空中戦もあった。

なお、3月以降、アメリカ軍による飢餓作戦により外地との航路および内航海運が遮断され、これに秋の凶作が追い打ちをかけ、深刻な食糧難となった。太平洋戦争といえば食糧難に苦しんだイメージがあるが、日本本土で配給遅配が常態化するなど飢餓が深刻化したのはむしろ敗戦後である。

なお、敗戦当初の日本当局は、国内に受け入れ余地はないとして軍関係者以外の在外邦人は現地で自活することを求める....要は海外に取り残された日本人は見捨てるつもりだったのだが、連合国軍はこれを認めず、9月以降旧植民地や占領地等からの引揚げが行われ、翌年末までの1年強の間に500万人の日本人が本土に流入することで、飢餓を深刻化させることになった。GHQ及び日本政府もアメリカの備蓄小麦を放出するなどの対策を講じたが敗戦直後のインフラが崩壊した状態では限界があり、日本本土の飢餓状態は翌年秋の豊作で情勢が落ち着くまで続いた。

さらに、大戦末期から敗戦直後の物資不足によりハイパーインフレが発生、この対策として行われた預金封鎖も世情の混乱に追い打ちをかけた。

昭和20年の主な出来事


関連タグ

昭和 近代 大東亜戦争 太平洋戦争 1945年

pixivに投稿された作品 pixivで「昭和20年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11389

コメント