ピクシブ百科事典

玉音放送

ぎょくおんほうそう

天皇の肉声=玉音を放送すること。とくに昭和20年(1945年)8月15日の昭和天皇によるものが有名。
目次[非表示]

概要

天皇の肉声を意味する「玉音」メディアで放送すること。
昭和20年1945年8月15日正午昭和天皇大東亜戦争太平洋戦争)の終戦を直接国民にラジオで伝えたことが有名で、日本人にとって終戦の象徴となっている。

昭和

昭和20年(1945年)8月14日正午。2回目の御前会議にて昭和天皇は連合国からの降伏要求であるポツダム宣言を受諾するという御聖断を下された。天皇は「この際私としてなすべきことがあれば何でもいとわない。国民に呼びかけることがよければ私はいつでもマイクの前にも立つ」と述べられ、終戦の決定を天皇自ら直接国民に告げる意向を示された。
予てより日本放送協会会長で情報局総裁の下村宏が天皇の肉声をラジオで放送し、国民を鼓舞激励することを提案され、この案を終戦において使うことが決められた。

かつては一般庶民が天皇のご尊顔を拝謁することは容易くは許されず、肉声をラジオで放送することも畏れ多く、天皇臨席の行事において天皇が喋る時は実況放送や録音を中断し、代わりにアナウンサーが解説することになっていた。すなわち、全国の国民に向けて天皇が直にお言葉を述べるというのは、当時としては前代未聞であった。

御聖断を受けて鈴木貫太郎首相内閣は終戦を閣議決定。10日から作成が始まっていた「終戦の詔書」に閣僚は署名し、御聖断の際のお言葉が入れられ、漢学者の参加や度重なる閣議での修正作業で20時半に詔書は完成し、23時に副書を作成して発布された。21時からはラジオで何度も8月15日正午に「重大放送」があると報道され、国民に広く周知させようとした。
15時にNHKスタッフが録音機材とともに御所の宮内省に呼ばれ、23時50分に天皇が詔書を朗読してそれを録音。2回録音がされて、2枚のレコード盤「玉音盤」が作られた。

その深夜に終戦に反対する将校達によるクーデター「宮城事件」が起こり、彼らは放送を阻止しようと玉音盤を探したが、見つける前に正規軍に鎮圧された。

そして正午。ついに録音された天皇の肉声によって終戦の事実が国民に伝えられ、国民や軍人は一気に戦意喪失し、終戦を受け入れた。
この放送を聴いた国民たちの顔に終戦による安堵の表情は無く、声をあげて泣き伏す者、深くお辞儀をして祈る者、ただひたすらに呆然と立ち尽くす者などの姿が多数、写真などで記録されている。

国民のほとんどが天皇の肉声を聴くのは初めてで、詔書が難解で誤解したものや聞き間違えた者も多く、疑って信じない者も多かった。この放送は最前線にいる兵士や捕虜となった者も耳にした。
いずれにせよ、放送による日本人の精神的衝撃は計り知れなく、戦後日本においての終戦記念日は、玉音放送が為された8月15日だという認識が日本人に定着した。
ちなみに、欧米諸国においては、日本が降伏文書に正式に調印した9月2日を終戦の日とすることが多い。

全文

詔書は当時の文章であるため難しい部分は多々あるが、全文を載せる。

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク

朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ

現代語訳

私は世界情勢と日本の現状を深く鑑み、特別な手段によって事態を収拾することを望み、ここに忠実にして善良なるあなた方国民に伝える。

私は日本政府に米英中ソ四ヶ国(連合国)に対し、ポツダム共同宣言を受諾する考えを通告させた。

そもそも、日本国民の安寧を図り、世界平和の喜びを分かち合うことを望むのは歴代天皇から伝わる教えであり、私が常に心中で忘れずにいることである。先に米英二ヵ国に対して宣戦した理由も、日本の自存自衛とアジアの安定を望み願うことであり、他国の主権を廃し領土を侵略するようなことは、もちろん私の考えではない。しかし、交戦もすでに4年も経つが我が陸海将兵の勇敢な戦い、我が様々な役人達の懸命な働き、我が一億国民の無私の努力、各々最善を尽くしたが戦局は決して好転せず、世界情勢も私達に有利にはならなかった。そればかりか、敵は新たに残虐な爆弾(原爆)を使い、罪なき国民を無闇に殺傷し、計り知れない惨害を及ぼした。それでもこれ以上の交戦を続ければ我が日本民族の滅亡を招くばかりか、ひいて人類文明をも破滅させてしまう。そうなってしまっては私はどうして我が子同然の国民を守り、歴代天皇の神霊に謝ることができようか。これが私が日本政府にポツダム宣言に応じさせた理由である。

私は日本と共に終始アジア解放に協力してくれた同盟諸国に対して遺憾の意を表せざるを得ない。日本国民においても戦場で亡くなったり、職場で殉職したり、戦災で亡くなった者、そしてその遺族のことを思えば、身が引き裂かれるようである。戦傷を負い、戦禍をこうむり、家や仕事を失った者の今後についても私は深く心を痛めるものである。考えるに今後日本の受ける苦難はもとより尋常ではない。あなた方国民の本心もまた私はよくわかっている。しかし私はこれからの運命についても、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、それによって平和な時代の未来を開くことを望む。私は国体を護持ができ、あなた方国民の真心を信頼し、いつもあなた方国民を共にいる。

もしも、激情に駆られ、みだりに事件を起こし、あるいは同胞同士で排斥し合って争えば、時局を乱し、それによって道を誤り、世界から信用を失うようなことは私が最も戒める。どうか全国民が一致団結し、子孫に受け継ぎ、日本の不滅を信じ、責任は重く道のりは遠いことを覚悟し、総力を将来の建設のために傾け、人の進む道を大切にし、変わらぬ志を堅く持ち、誓って日本の優れた真価を発揮し、世界の進歩に遅れぬように覚悟しなければならない。我が国民よ、どうか私の考えを理解して行動してほしい。

平成

戦後は天皇の声や映像が普通にラジオやテレビで放送され、国民は声も顔も普通に周知できるようになった。天皇の発言は「お言葉」と呼ばれるようになり、平成今上天皇においても同様となった。

しかし、平成23年(2011年)3月11日東北地方太平洋沖地震による東日本大震災が発生し、多数の国民が被災し、全国に混乱が広まった。その最中の3月16日。天皇が国民に向けてご自身のこの震災に関するお気持ちを述べられるビデオ映像が放送され、国民の多くは励まされた。不特定多数の国民に天皇がメディアを通してメッセージを伝えられるのは終戦時以来で、「平成の玉音放送」とも呼ばれている。

平成26年(2014年)には経年劣化した玉音盤から音声のデジタルリマスターが行われた。

戦後70年目となる平成27年(2015年)には、オリジナルの玉音盤と復元音声が宮内庁より公開され、玉音盤と上記の宮城事件を題材にした映画日本のいちばん長い日】が公開された。

関連動画



関連タグ

昭和天皇 大東亜戦争 ラジオ レコード

関連リンク

玉音放送 - wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「玉音放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37553

コメント