ピクシブ百科事典

戦後

せんご

戦争が終わった後の時代、またはその概念。
目次[非表示]

概要

戦争が終わった後の時代や時期を指す言葉や概念で、その戦争を境にその前後で体制や価値観が変わるととくに用いられる単語である。
日本にとっては第二次世界大戦太平洋戦争/大東亜戦争)終結後の時代を指し、1945年(昭和20年8月15日玉音放送によって日本人は日本の終戦を知らされ、これが戦後の始点になったと一般的に見なされている。
終戦した日本はアメリカを中心とする連合軍GHQの占領統治を受け、様々な改革が実行され、これにより日本人の生活様式や価値観が大きく変化し、その後は高度経済成長によって世界の経済大国に発展。
1956年に出された『経済白書』で「もはや戦後ではない」という言葉が使われた。
1982年に中曽根康弘「戦後政治の総決算」を掲げて第72代内閣総理大臣に就任。
2006年に安倍晋三「戦後レジームからの脱却」を掲げて第90代内閣総理大臣に就任。
昭和天皇の崩御によって昭和平成に変わり、21世紀になっても戦後は未だ続いているとも、上記の発言や言葉が出た時期に戦後は終わったとも定義は定まっていない。

他の戦後

大戦期の戦災や被害が少ない地域では、大戦以前の大規模戦闘以後を戦後と見なす地域もある。
京都では室町時代応仁の乱幕末禁中の変蛤御門の変)以後を戦後する場合があり、福島県会津では幕末の戊辰戦争以後を戦後とする声がある。

スイスでは1815年のナポレオン戦争後、ウィーン会議で「永世武装中立」を認められ、両大戦でも今日でも武装中立を維持し続け、スイスにとっては1815年から戦後が続いている。

アメリカでは戦争を繰り返しており、戦後の概念は無い。ある意見では初めて敗北したベトナム戦争以後や最後の内戦である南北戦争以後が戦後ではないかとする見方もある。

関連タグ

歴史 日本史 昭和 平成 現代 戦前 戦中

pixivに投稿された作品 pixivで「戦後」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538661

コメント